Provided by: sl_3.03-17build2_amd64 bug

名称

       sl-h - SLがスクリーンを走るのが好きな人たちを、より楽ませるアニメーションを表示します。

形式

       sl-h [ -alFe ]

解説

       sl-h  SLがスクリーンを走るのが好きな人たちを、より楽ませるアニメーションを表示します。  sl
       コマンドから少し変更しており、大変長く表示されます。

       次のようなオプションがあります。

       -a     なにかアクシデントがあったようですね。助けを求める人々が悲痛です。

       -l     小さくなります。

       -F     飛びます。("銀河鉄道999"という日本のアニメーションを知ってますか?)

       -e     Ctrl+C
              で途中で止めることを許します。(とても重くて猛烈である時に、デフォルトとしてください)

関連事項

       ls(1)

バグ

       カレントディレクトリの内容はけっして表示されません。

著者

       sl(6)       は豊田       正史<toyoda@isea.is.titech.ac.jp>により書かれました。        sl-h
       のコードは泉 智紀<izumi@izumix.org.uk>により書かれ、http://www.izumix.org.uk/sl/
       より提供されたパッチを使っています。            このマニュアルはBrian            Ristuccia
       <brianr@debian.org>および武藤 健志<kmuto@debian.org>により、Debian
       GNU/Linuxシステムのために書かれたもので、 sl(6) のライセンスに従います。