Provided by: debhelper_11.1.6ubuntu1_all bug

名前

       dh_auto_clean - ビルド後、自動的にビルドディレクトリを消去する

書式

       dh_auto_clean [build system オプション] [debhelper オプション] [-- パラメータ]

説明

       dh_auto_clean はパッケージビルド完了後に自動的にディレクトリを消去しようとする debhelpr プ
       ログラムです。このプログラムはパッケージのビルドに必要なビルドシステムを割り出し、それに適
       したコマンドを実行する事で消去を行います。例えば、Makefile が存在し、かつ、そのファイルの
       中に distclean, realclean, clean ターゲットが存在する場合、make を実行することにより消去を
       行います (あるいは、MAKE 環境変数が設定されている時も同様です)。もし setup.pyBuild.PL
       が存在するのであれば、これらを実行してパッケージビルドディレクトリを消去します。

       このコマンドは約 90 %のパッケージにて動作するように作られています。もし、うまく動作しない
       ようなパッケージに遭遇した場合、間違った clean ターゲットを使おうとしてしまうような場
       合、dh_auto_clean をまったく使わずに、手動で makeclean を実行するのをお勧めします。

オプション

       "ビルドシステム用オプション" in debhelper(7) には、よく使われるビルドシステムと、制御オプ
       ションが列挙されています。

       -- params
           params を実行するプログラムに渡すには、dh_auto_clean に通常指定するパラメータの後
           に、params を指定してください。

参照

       debhelper(7)

       このプログラムは debhelper の一部です。

作者

       Joey Hess <joeyh@debian.org>