Provided by: debhelper_11.1.6ubuntu1_all bug

名前

       dh_fixperms - パッケージビルドディレクトリ内のファイル権限を修正する

書式

       dh_fixperms [debhelper options] [-Xitem]

説明

       dh_fixperms はパッケージビルドディレクトリ配下でファイルとディレクトリの権限を設定する役割
       の debhelper プログラムです。また、設定される権限は正しいもの、つまり Debian ポリシーに
       従って設定されます。

       dh_fixperms makes all files in usr/share/doc in the package build directory (excluding
       files in the examples/ directory) be mode 644. It also changes the permissions of all man
       pages to mode 644. It removes group and other write permission from all files. It removes
       execute permissions from any libraries, headers, Perl modules, or desktop files that have
       it set. It makes all files in the standard bin and sbin directories, usr/games/ and
       etc/init.d executable (since v4). Finally, it removes the setuid and setgid bits from all
       files in the package.

       When the Rules-Requires-Root field has the (effective) value of binary-targets,
       dh_fixperms will also reset the ownership of all paths to "root:root".

オプション

       -Xitem, --exclude item
           パーミッションの変更対象のファイルから、item をファイル名の一部に持つものを除外しま
           す。除外対象を列挙したい場合は、このオプションを複数回指定します。

参照

       debhelper(7)

       このプログラムは debhelper の一部です。

作者

       Joey Hess <joeyh@debian.org>