Provided by: debhelper_11.1.6ubuntu1_all bug

名前

       dh_gconf - GConf デフォルトファイルをインストールし、スキーマに登録する

書式

       dh_gconf [debhelper options] [--priority=priority]

説明

       dh_gconf は GConf 用デフォルトファイルをインストールし、GConf スキーマに登録する役割を担う
       debhelper プログラムです。

       gconf2 に関する適切な依存関係が ${misc:Depends} に生成されます。

ファイル

       debian/package.gconf-defaults
           パッケージビルドディレクトリにある usr/share/gconf/defaults/10_package へインストール
           が行われます。なお、package はパッケージ名で置き換えられます。

       debian/package.gconf-mandatory
           パッケージビルドディレクトリにある usr/share/gconf/mandatory/10_package にインストール
           されます。なお、package はパッケージ名で置き換えられます。

オプション

       --priority priority
           priority (これは2桁の数字である必要があります) をデフォルトの優先順位である 10 の代わ
           りに利用します。用途によっては 10 より大きな値を利用することができます。例えば、派生
           ディストリビューションの場合 (20)、CDD ディストリビューション (50)、あるいはサイト独自
           のパッケージ (90) となります。

参照

       debhelper(7)

       このプログラムは debhelper の一部です。

作者

       Ross Burton <ross@burtonini.com> Josselin Mouette <joss@debian.org>