Provided by: debhelper_11.1.6ubuntu1_all bug

名前

       dh_installemacsen - Emacsのアドオンパッケージを登録する

書式

       dh_installemacsen [debhelper options] [-n] [--priority=n] [--flavor=foo]

説明

       dh_installemacsen は、Debian emacsen-common パッケージに利用されるファイルをパッケージビル
       ドディレクトリへインストールする役目の debhelper プログラムです。

       パッケージを Emacs アドオンパッケージとして登録するのに必要な postinst, prerm, prerm を自
       動的に生成します。dh_installdeb によって、コマンドがメンテナスクリプトに追加されます。どの
       ように動作するかについては、dh_installdeb(1) を参照ください。

ファイル

       debian/package.emacsen-compat
           パッケージビルドディレクトリ内の usr/lib/emacsen-common/packages/compat/package へイン
           ストールされます。

       debian/package.emacsen-install
           パッケージビルドディレクトリ内の usr/lib/emacsen-common/packages/install/package へイ
           ンストールされます。

       debian/package.emacsen-remove
           パッケージビルドディレクトリ内の usr/lib/emacsen-common/packages/remove/package へイン
           ストールされます。

       debian/package.emacsen-startup
           パッケージビルドディレクトリの etc/emacs/site-start.d/50package.el へインストールしま
           す。優先順位を 50 以外を指定するには --priority を使います。

オプション

       -n, --no-scripts
           postinst/prerm を変更しません。

       --priority=n
           site-start.d ファイルに関して優先順位を指定します。デフォルトは 50 です。

       --flavor=foo
           インストール予定の site-start.d ファイルの形式を設定します。デフォルトは emacs で、他
           に xemacsemacs20 形式が存在します。

付記

       このコマンドは複数回実行しても安全なコマンドではありません。このコマンドを複数回呼び出す際
       には必ず間に dh_prep(1) を挿入してください。さもないと、メンテナスクリプト中に同じ内容の
       コードを繰り返し挿入してしまいます。

参照

       debhelper(7) "usr/share/doc/emacsen-common/debian-emacs-policy.gz"

       このプログラムは debhelper の一部です。

作者

       Joey Hess <joeyh@debian.org>