Provided by: debhelper_11.1.6ubuntu1_all bug

名前

       dh_link - パッケージビルドディレクトリ内でシンボリックリンクを作成する

書式

       dh_link [debhelper options] [-A] [-Xitem] [source destination ...]

説明

       dh_link はパッケージビルドディレクトリ内でシンボリックリンクを作成する debhelper プログラ
       ムです。

       dh_link accepts a list of pairs of source and destination files. The source files are the
       already existing files that will be symlinked from (called target by ln(1)). The
       destination files are the symlinks that will be created (called link name by ln(1)). There
       must be an equal number of source and destination files specified.

       Be sure you do specify the absolute path to both the source and destination files (unlike
       you would do if you were using something like ln(1)).  Please note that the leading slash
       is optional.

       dh_link will generate symlinks that comply with Debian policy - absolute when policy says
       they should be absolute, and relative links with as short a path as possible. It will also
       create any subdirectories it needs to put the symlinks in.

       もしシンボリックリンクを作成しようとしている場所に同名のファイルが存在した場合は、シンボ
       リックリンクに置き換えられます。

       dh_link は、また、パッケージビルドツリー以下で、Debian ポリシーマニュアル違反であるような
       すでに存在するシンボリックリンクを探し回り、そしてこれらを正しくなるように修正します (互換
       性レベル v4 以上)。

ファイル

       debian/package.links
           これらファイルにはお互いシンボリックリンクされるような元ファイル名と先ファイル名のリス
           トを列挙します。それぞれのペアは1つの行に記載されなければならず、さらに元ファイル名と
           先ファイル名は空白で区切られていなければなりません。

           In each pair the source file (called target by ln(1)) comes first and is followed by
           the destination file (called link name by ln(1)). Thus the pairs of source and
           destination files in each line are give in the same order as they would be given to
           ln(1).

           In contrast to ln(1), source and destination paths must be absolute (the leading slash
           is optional).

オプション

       -A, --all
           コマンドラインパラメータとして指定されているリンクを、単に最初に処理するパッケージのみ
           ではなく、作業する予定の全パッケージ対して作成します。

       -Xitem, --exclude=item
           ファイル名の一部に item を含むシンボリックリンクを、Debian ポリシー準拠の為のリンク修
           正の対象から除外します。

       source destination ...
           source という名前へのリンクファイルとして destination という名前のファイルを作成しま
           す。最初にビルドされるパッケージビルドディレクトリ以下にてこの操作を行います (あるい
           は、-A が指定されている場合は全パッケージに対して作業を行います)。

使用例

        dh_link usr/share/man/man1/foo.1 usr/share/man/man1/bar.1

       foo.1 へのシンボリックリンクとして bar.1 を作成します。

        dh_link var/lib/foo usr/lib/foo \
          usr/share/man/man1/foo.1 usr/share/man/man1/bar.1

       /var/lib/foo/ へのシンボリックリンクとして /usr/lib/foo/ を作成します。また、foo.1 へのシ
       ンボリックリンクとして、bar.1 を作成します。

        var/lib/foo usr/lib/foo
        usr/share/man/man1/foo.1 usr/share/man/man1/bar.1

       Same as above but as content for a debian/package.links file.

参照

       debhelper(7)

       このプログラムは debhelper の一部です。

作者

       Joey Hess <joeyh@debian.org>