Provided by: dpkg-dev_1.19.0.5ubuntu2_all bug

名前

       dpkg-name - Debian パッケージを完全パッケージ名にリネーム

書式

       dpkg-name [option...] [--] file...

説明

       このマニュアルページでは、dpkg-name  シェルスクリプトについて説明する。これは、Debian パッ
       ケージを完全パッケージ名に、簡単に変更する方法を提供する。完全パッケージ名とは、パッケージ
       の  control  ファイルで指定された package_version_architecture.package-type という形式であ
       る。ファイル名の version  部分は、アップストリームのバージョン情報に続き、オプションでハイ
       フンおよびリビジョン情報が続いたものである。package-type 部分は、Package-Type フィールドが
       設定されていればその内容が用いられる。デフォルトは deb である。

オプション

       -a, --no-architecture
              リネーム後のファイル名にアーキテクチャ情報を含めない。

       -k, --symlink
              ファイル名のリネーム処理として、ファイルを移動する代わりにシンボリックリンクを作成
              する。

       -o, --overwrite
              リネーム後のファイル名と同名のファイルがあれば、上書きする。

       -s, --subdir [dir]
              Files  will be moved into a subdirectory. If the directory given as argument exists
              the files will be moved into that  directory  otherwise  the  name  of  the  target
              directory  is  extracted from the section field in the control part of the package.
              The  target  directory  will  be  «unstable/binary-architecture/section».   If  the
              section  is not found in the control, then no-section is assumed, and in this case,
              as  well  as  for  sections  non-free  and  contrib   the   target   directory   is
              «section/binary-architecture».   The  section  field  is  not  required so a lot of
              packages will find their way to the no-section area.  Use this  option  with  care,
              it's messy.

       -c, --create-dir
              This option can used together with the -s option. If a target directory isn't found
              it will be created automatically.  Use this option with care.

       -?, --help
              利用方法を表示して終了する。

       -v, --version
              バージョン情報を表示して終了する。

バグ

       Some packages don't follow the name structure package_version_architecture.deb.   Packages
       renamed by dpkg-name will follow this structure. Generally this will have no impact on how
       packages are installed by dselect(1)/dpkg(1), but other installation tools might depend on
       this naming structure.

       dpkg-name bar-foo.deb
              The file bar-foo.deb will be renamed to bar-foo_1.0-2_i386.deb or something similar
              (depending on whatever information is in the control part of bar-foo.deb).

       find /root/debian/ -name '*.deb' | xargs -n 1 dpkg-name -a
              All  files  with  the  extension  deb  in  the  directory  /root/debian   and   its
              subdirectory's  will  be  renamed  by  dpkg-name  if  required  into  names with no
              architecture information.

       find -name '*.deb' | xargs -n 1 dpkg-name -a -o -s -c
              やってはいけない!  多くのパッケージはセクション情報をもっていないので、アーカイブが
              ぐちゃぐちゃになってしまうだろう。やってはいけない!

       dpkg-deb --build debian-tmp && dpkg-name -o -s .. debian-tmp.deb
              これは新しいパッケージを作る時に使うことができる。

関連項目

       deb(5), deb-control(5), dpkg(1), dpkg-deb(1), find(1), xargs(1).

翻訳者

       高橋  基信  <monyo@monyo.com>.  喜瀬 浩 <kise@fuyuneko.jp>.  関戸 幸一 <sekido@mbox.kyoto-
       inet.or.jp>.  鍋谷 栄展 <nabe@debian.or.jp>.  倉澤 望  <nabetaro@debian.or.jp>.   石川  睦
       <ishikawa@linux.or.jp>.       鵜飼      文敏      <ukai@debian.or.jp>.       中野     武雄
       <nakano@apm.seikei.ac.jp>.

翻訳校正

       Debian JP Documentation ML <debian-doc@debian.or.jp>.