Provided by: dpkg-dev_1.19.0.5ubuntu2_all bug

名前

       dpkg-vendor - 配布ベンダに関する情報をクエリする

書式

       dpkg-vendor [option...] command

説明

       dpkg-vendor  is  a  tool  to  query information about vendors listed in /etc/dpkg/origins.
       /etc/dpkg/origins/default contains information about the current vendor.

コマンド

       --is vendor
              Exits with 0 if the current vendor is vendor. Otherwise exits with 1.

       --derives-from vendor
              Exits with 0 if  the  current  vendor  distribution  is  a  derivative  of  vendor,
              otherwise  exits  with  1.  It uses the Parent field to browse all ancestors of the
              current vendor.

       --query field
              標準出力に、現在のベンダのベンダ固有の field の値を出力する。

       --help 利用方法を表示して終了する。

       --version
              バージョン情報を表示して終了する。

オプション

       --vendor vendor
              現在のベンダが、DEB_VENDOR 環境変数や /etc/dpkg/origins/default  から確認された値で
              はなく、vendor であると見なす。

環境変数

       DEB_VENDOR
              現在のベンダを定義する設定。設定されていなかった場合、現在のベンダは
              /etc/dpkg/origins/default から設定される。

関連項目

       deb-origin(5).

翻訳者

       高橋 基信 <monyo@monyo.com>.  喜瀬 浩 <kise@fuyuneko.jp>.  関戸  幸一  <sekido@mbox.kyoto-
       inet.or.jp>.   鍋谷  栄展  <nabe@debian.or.jp>.  倉澤 望 <nabetaro@debian.or.jp>.  石川 睦
       <ishikawa@linux.or.jp>.      鵜飼      文敏      <ukai@debian.or.jp>.       中野      武雄
       <nakano@apm.seikei.ac.jp>.

翻訳校正

       Debian JP Documentation ML <debian-doc@debian.or.jp>.