Provided by: manpages-ja_0.5.0.0.20161015+dfsg-1_all bug

名称

       grolbp - Canon CAPSL プリンタ (LBP-4 と LBP-8 シリーズレーザプリンタ) 用 groff ドライバ

書式

       grolpb [ -l ] [ --landscape ] [ -v ] [ --version ] [ -cn ] [ --copies=numcopies ]
              [ -ppaper_size ] [ --papersize=paper_size ] [ -oorientation ]
              [ --orientation=orientation ] [ -Fdir ] [ --fontdir=dir ] [ -h ] [ --help ]
              [ files... ]

解説

       grolbpgroff のドライバであり、Canon LBP-4 と LBP-8 プリンタに適した CPSL と VDM 形式の
       出力を生成します。

       grolj4 との互換性のために troff のものに加え、描画コマンドとして次のものが利用可能です:

       \D'R dh dv'
              現在の位置と、現在の位置  +(dh,dv)  とを対角とする罫線 (つまり黒く塗りつぶした矩形)
              を描きます。

オプション

       1 文字オプションとその引数との間には空白があってもなくても構いませんが、  長いオプション名
       とその引数との間には空白と、または等号記号 (`=') が 必要なことに注意してください。

       -cnumcopies
       --copies=numcopies
              各ページを numcopies 回印刷します。

       -l
       --landscape
              landscape にて文書を印刷します。

       -ppaper_size
       --papersize=paper_size
              用紙サイズを  paper_size にします。 paper_size用紙サイズ 節で示された有効なサイ
              ズ種別である必要があります。

       -oorientation
       --orientation=orientation
              文書を orientation 方向に印刷します。 orientation は `portrait' または  `landscape'
              である必要があります。

       -v
       --version
              バージョン番号を表示します。

       -Fdir
       --fontdir=dir
              フォントとデバイス記述ファイルの検索パスの前に、ディレクトリ  dir/devlbp を追加しま
              す。

       -h
       --help 簡単なへルプを表示します。

書体

       ドライバは Dutch, Swiss, Swiss-Narrow  スケーラブル書体それぞれに対して、  Regular,  Bold,
       Italic,  Bold-Italic スタイルをサポートしています。 さらに Courier 書体の 8, 12 ポイント、
       等幅 Elite 書体の 8, 10 ポイントそれぞれに対して Regular, Bold, Italic  スタイルがサポート
       されています。

       これらのフォントを使用するためのフォント名を以下の表にまとめます:

                    ┌────────────────┬───────────┬────────┬──────────┬──────────────┐
                    │     書体       │  Regular  │  Bold  │  Italic  │  Bold-Italic │
                    ├────────────────┼───────────┼────────┼──────────┼──────────────┤
                    │ Dutch          │    TR     │   TB   │    TI    │      TBI     │
                    ├────────────────┼───────────┼────────┼──────────┼──────────────┤
                    │ Swiss          │    HR     │   HB   │    HI    │      HBI     │
                    ├────────────────┼───────────┼────────┼──────────┼──────────────┤
                    │ Swiss Narrow   │    HNR    │  HNB   │   HNI    │     HNBI     │
                    ├────────────────┼───────────┼────────┼──────────┼──────────────┤
                    │ Courier        │    CR     │   CB   │    CI    │              │
                    ├────────────────┼───────────┼────────┼──────────┼──────────────┤
                    │ Elite          │    ER     │   EB   │    EI    │              │
                    └────────────────┴───────────┴────────┴──────────┴──────────────┘

用紙サイズ

       用紙サイズは  DESC ファイルまたは grolbp に対するコマンド行オプションで指定できます。 用紙
       サイズが両方で指定された場合は、コマンド行オプションが DESC ファイルの内容よりも優先されま
       す (この原則はページの向きにも 適用されます)。

       DESC  ファイルで用紙サイズを設定するには、  papersize  desired_papersize, を含んだ行をその
       ファイルに記入します。 desired_papersize は次のうちのいずれかです:

       ·   認識される用紙サイズのうち 1 つ: `a4', `letter', `legal',  `executive'

       ·   カスタム用紙サイズ 小節で説明するカスタム定義された用紙サイズ

       ·   希望の用紙サイズが上記形式のいずれかで   1   行目に書かれている   ファイル名   (例えば
           /etc/papersize)

       有効な  papersize 行が複数 DESC ファイルに書かれている場合には、最初の有効なもののみが使用
       されます。

       コマンド行で用紙サイズを設定するには、

         -p desired_papersize

       または

         --papersize=desired_papersize

       を他の grolbp オプションに加えます。 desired_papersizeDESC ファイルと同じ形式です。

       用紙サイズには大文字小文字の区別はありません (すなわち `A4' は `a4' と同じです)。

       DESC ファイルやコマンド行で用紙サイズが指定されなかった場合には、 デフォルトサイズの A4 が
       使用されます。

       カスタム用紙サイズ
              カスタム定義された用紙サイズは  custlengthxwidth 形式で指定します。ここで lengthwidth には使用したい用紙寸法のプリンタ単位 (1/300 インチ) が入ります。 例えば、2 イ
              ンチ× 4 インチの葉書サイズ用紙に印刷するには、 DESC ファイルの先頭に

                papersize cust600x1200

              という行を書きます。

ページ向き

       ページサイズと同様、印刷ページの向き  (portrait または landscape) は DESC ファイルまたはコ
       マンド行オプションで指定できます。 ここでも大文字小文字の区別はありません。

       DESC ファイルで向きを設定するには、以下の行を書きます:

         orientation [portrait|landscape]

       用紙サイズと同じように、 DESC ファイル中の最初の有効な orientation  コマンドのみが使用され
       ます。

       コマンド行オプションでページ向きを設定するには  DESC ファイルと同じパラメータ (portrait ま
       たは landscape) を -o または --orientation オプションで指定します。 また -l オプションによ
       る強制的な landscape でのページ印刷も可能です。

フォントファイル形式

       groff_font(5) に記述されている通常コマンドに加えて、 grolbp は要求された時にプリンタに送る
       フォント名を指定するコマンド lbpname  を用意しています。  このコマンドの文法は次のとおりで
       す:

         lbpname printer_font_name

       ·      ビットマップフォントでは printer_font_name は次の形式です。

                N⟨base_fontname⟩⟨font_stylebase_fontname  はプリンタのフォントリストに現れる名前から最初の 1 文字を除いた フォ
              ントサイズまで (フォントサイズは含まない) のフォント名です。 font_styleR, I,  B
              のうちの 1 文字で、それぞれ Roman, Italic, Bold のフォントスタイルを 示しています。

              例えば、プリンタの  font  listing  A  がフォント  `Nelite12I.ISO_USA'  を表示した場
              合、フォント設定ファイルの 対応する項目は次のものになります。

                lbpname NeliteI

              ただし (前述した) 利用可能なビットマップフォントのフォント名と フォントサイズはプロ
              グラム中にハードコードされているため、 新しいビットマップフォントを追加でサポートす
              るには grolbp を書き換える必要があることに注意してください。

       ·      スケーラブルフォントでは、 printer_font_name はプリンタの font listing A に表示され
              るフォント名と同じです。

              例えば、プリンタの  font  listing A に `Swiss-Bold' と表示される、bold 体の `Swiss'
              を選択するのに必要な lbpname コマンド行は次のようになります。

                lbpname Swiss-Bold

       lbpname の引数は大文字小文字が区別されます。

       /usr/share/tmac/lbp.tmac
              grolbp で使用するマクロ。

関連ファイル

       /usr/share/groff_font/devlbp/DESC
              デバイス記述ファイルです。

       /usr/share/groff_font/devlbp/F
              F というフォントに対する記述ファイルです。

関連項目

       groff(1), troff(1), groff_out(5), groff_font(5), groff_char(7)