Provided by: lxc-utils_3.0.0-0ubuntu2_amd64 bug

NAME

       lxc-autostart - 自動起動の設定がされたコンテナの開始/停止/kill

SYNOPSIS

       lxc-autostart [-k] [-L] [-r] [-s] [-a] [-A] [-g groups] [-t timeout]

説明

       lxc-autostart  は lxc.start.auto が設定されたコンテナの処理を行います。 ユーザがコンテナの
       開始、シャットダウン、kill、再起動を、設定した時間間隔で、設定した順番で行えるようにしま
       す。  lxc.group でのフィルタリングによって、もしくは定義された全てのコンテナを実行します。
       何の動作も行わず、対象のコンテナ (とコンテナに設定された起動待機時間) のリストを表示するリ
       ストモードを外部ツールから使用することも可能です。

       [-r],  [-s], [-k] オプションは実行する動作を指定します。何も指定しない場合は、コンテナを起
       動します。 [-a],  [-g]  は、どのコンテナを対象にするかを指定するのに使います。デフォルトで
       は、lxc.group が指定されていないコンテナにだけが対象となります。 [-t TIMEOUT] はコンテナが
       完全にシャットダウンもしくはリブートを待つ最大時間を指定します。

オプション

       -r,--reboot
              コンテナのリブートを要求します。

       -s,--shutdown
              クリーンなシャットダウンを要求します。もし、[-t timeout] が 0  より大きい場合で、コ
              ンテナがこの時間内にシャットダウンしない場合は、コンテナは [-k kill] オプションを指
              定した時のように kill されます。

       -k,--kill
              コンテナのクリーンなシャットダウンを要求するのではなく、明確にコンテナの全てのタス
              クを kill します。

       -L,--list
              実際の動作は行わず、コンテナ名と次のコンテナを開始するまでの間隔の表示だけを行いま
              す。

       -t,--timeout TIMEOUT
              コンテナの強制停止まで TIMEOUT 秒待ちます。

       -g,--group GROUP
              対象にするコンテナのグループのカンマ区切りのリスト (デフォルトでは lxc.group 指定の
              ないコンテナ、つまり  NULL グループが対象になります)。 このオプションは複数回指定す
              ることができ、オプションは連結されます。NULL もしくは空のグループは、NULL  グループ
              を処理すべき場所に指定された先頭のカンマ、末尾のカンマ、途中に現れる 2 つ続きのカン
              マ、空のオプション引数で指定することができます。 グループはコマンドラインで指定され
              た順番に処理されます。-g オプションの複数回の呼び出しはカンマ区切りのリストと自由に
              混ぜることができ、指定した順番に連結されます。

       -a,--all
              lxc.group の指定を無視して、自動起動が設定されているコンテナを全て選択します。

       -A,--ignore-auto
              lxc.start.auto で設定されているフラグを無視します。-a  と組み合わせることにより、シ
              ステム上の全てのコンテナを選択します。

自動起動とシステムブート

       lxc-autostart コマンドは、LXC システムサービスがホストシステムのブートおよびシャットダウン
       時に実行するように有効化されているとき、LXC システムサービスの一部として使用されます。  こ
       のコマンドはホストシステムのブート時に、どのコンテナをどういう順番で、それぞれのコンテナの
       起動間隔をどれくらい開けるかを選択するのに使います。

       コンテナはいくつでもグループに属することができ、全く属さないことも可能です。特別なグループ
       が  2  つ存在します。1  つは  NULL  グループです。これはどのグループにも属さないコンテナで
       す。もう 1 つは "onboot" グループです。

       LXC サービスが有効になった状態でシステムがブートすると、最初に "onboot" グループのメンバー
       である     lxc.start.auto     ==     1    が設定されたコンテナを起動しようとします。起動は
       lxc.start.order の順に起動します。 lxc.start.delay  が指定されている場合、現在対象となって
       いるコンテナに初期化の時間を与え、ホストシステムの負荷を低減するために、次のコンテナを開始
       させるまでに遅延時間を与えます。 "onboot"  グループのメンバーが開始した後、LXC  システムは
       lxc.start.auto  == 1 が設定された、どのグループのメンバーでもない (NULL グループの) コンテ
       ナのブートを onboot グループのコンテナと同様に開始します。

スタートアップグループの例

       -g "onboot,"
              まず最初に "onboot"  グループの処理を開始し、その後  NULL  グループの処理を開始しま
              す。

              これは以下と等価です: -g onboot -g ""

       -g "dns,web,,onboot"
              まず最初に  "dns"  グループの処理を開始し、2  番目に "web" グループ、その後 NULL グ
              ループ、"onboot" グループの順に処理を開始します。

              これは以下と等価です: -g dns,web -g ,onboot もしくは -g dns -g web -g "" -g onboot

SEE ALSO

       lxc(7),  lxc-create(1),  lxc-copy(1),  lxc-destroy(1),  lxc-start(1),  lxc-stop(1),   lxc-
       execute(1),  lxc-console(1),  lxc-monitor(1),  lxc-wait(1), lxc-cgroup(1), lxc-ls(1), lxc-
       info(1), lxc-freeze(1), lxc-unfreeze(1), lxc-attach(1), lxc.conf(5)

作者

       Stéphane Graber <stgraber@ubuntu.com>

                                            2018-04-02                           lxc-autostart(1)