Provided by: lxc-utils_3.0.0-0ubuntu2_amd64 bug

NAME

       lxc-device - 実行中のコンテナのデバイスの管理

SYNOPSIS

       lxc-device [-h] [-n name] [add] [DEVICE] [NAME]

説明

       lxc-device は実行中のコンテナのデバイスを管理します。

オプション

       -h     コマンドのヘルプを表示します。

       -n, --name=NAME
              対象のコンテナの名前

       action 実行するアクション。現時点では 'add' のみ指定できます。

       DEVICE コンテナに追加するデバイス。  /dev 以下のデバイスのパスかネットワークインターフェー
              ス名を指定できます。

       [NAME] コンテナ内でのデバイスの名前

       lxc-device -n p1 add /dev/video0
              コンテナ p1 内に、ホスト上でマッチするデバイスに基づいて /dev/video0 デバイスを作製
              します。

       lxc-device -n p1 add eth0 eth1
              eth0 をホストから p1 内の eth1 に移動します。

SEE ALSO

       lxc(7),   lxc-create(1),  lxc-copy(1),  lxc-destroy(1),  lxc-start(1),  lxc-stop(1),  lxc-
       execute(1), lxc-console(1), lxc-monitor(1), lxc-wait(1),  lxc-cgroup(1),  lxc-ls(1),  lxc-
       info(1), lxc-freeze(1), lxc-unfreeze(1), lxc-attach(1), lxc.conf(5)

作者

       Stéphane Graber <stgraber@ubuntu.com>

                                            2018-04-02                              lxc-device(1)