Provided by: lxc-utils_3.0.0-0ubuntu2_amd64 bug

NAME

       lxc-top - コンテナの統計情報の表示

SYNOPSIS

       lxc-top [--help] [--delay delay] [--sort sortby] [--reverse]

説明

       lxc-top   はコンテナの統計情報を表示します。出力は   delay   秒ごとに更新されます。   そし
       て、sortby の指定に従ってソートされます。lxc-top  は使用しているターミナルに収まるようにで
       きるだけ多くの数のコンテナを表示します。'q' を入力すると終了します。ソートのキーとなる文字
       を入力するとその統計値でソートします。ソートのキーとなる文字を 2  度入力するとソート順が逆
       になります。

オプション

       -d, --delay delay
              表示を更新する間隔を秒で指定します。デフォルトは 3 秒です。

       -s, --sort sortby
              名前、CPU   使用量、メモリ使用量でコンテナをソートします。sortby   で指定する引数は
              n,c,b,m,k のどれかでなければなりません。  これはそれぞれ名前、CPU  使用量、ブロック
              I/O、メモリ使用量、カーネルメモリ使用量を表します。デフォルトは 'n' です。

       -r, --reverse
              デフォルトのソート順を逆転させます。デフォルトでは、名前のソートはアルファベットの
              昇順、値のソートは量の降順 (最も大きい数が最初) です。

       lxc-top --delay 1 --sort m
              コンテナを 1 秒ごとに更新し、メモリ使用量でソートして表示します。

注意

       パフォーマンスへの影響を考慮して、カーネルメモリの使用量は、カーネルメモリの制限値が設定さ
       れない限りはカウントされません。  もし、制限が設定されていない場合、lxc-top はカーネルメモ
       リの使用量を 0 と表示します。 もし、カウントされているコンテナが存在しない場合、KMem  カラ
       ムは表示されません。制限は

             lxc.cgroup.memory.kmem.limit_in_bytes = number

       のように、コンテナの設定ファイルで指定することができます。詳しくは、  lxc.conf(5) を参照し
       てください。

SEE ALSO

       lxc(7),  lxc-create(1),  lxc-copy(1),  lxc-destroy(1),  lxc-start(1),  lxc-stop(1),   lxc-
       execute(1),  lxc-console(1),  lxc-monitor(1),  lxc-wait(1), lxc-cgroup(1), lxc-ls(1), lxc-
       info(1), lxc-freeze(1), lxc-unfreeze(1), lxc-attach(1), lxc.conf(5)

作者

       Dwight Engen <dwight.engen@oracle.com>

                                            2018-04-02                                 lxc-top(1)