Provided by: manpages-ja-dev_0.5.0.0.20161015+dfsg-1_all bug

名前

       iconv_open - 文字セット変換のためのディスクリプターを割り当てる

書式

       #include <iconv.h>

       iconv_t iconv_open(const char *tocode, const char *fromcode);

説明

       iconv_open()   関数は、文字エンコーディング fromcode から 文字エンコーディング tocode への
       バイト文字列変換に適した 変換ディスクリプターを割り当てる。

       fromcodetocode  に使うことのできる値と、  サポートされる組み合わせは、システムに依存す
       る。 GNU C ライブラリでは、使うことのできる値は iconv --list コマンドでリストされ、 リスト
       されたすべての値の組み合わせがサポートされる。 さらに、 GNU C ライブラリと GNU libiconv ラ
       イブラリでは、 以下の接尾辞がサポートされている。

       //TRANSLIT
              tocode の後ろに文字列 "//TRANSLIT" が付いている場合、 翻訳 (transliteration) が有効
              になる。この場合、 変換先の文字セットで表現できない文字を、その文字と同じように見え
              る 文字 (複数文字の場合もある) で表現することができる。

       //IGNORE
              tocode  の後ろに文字列 "//IGNORE" が付いている場合、 変換先の文字セットで表現できな
              い文字は黙って無視される。

       この関数を読んで得られた変換ディスクリプターは、 iconv(3)   で  何度でも使うことができる。
       これは iconv_close(3) を使って解放されるまで有効である。

       変換ディスクリプターは変換状態を持つ。  iconv_open()  を用いて生成された後、変換状態は初期
       状態である。 iconv(3) を使うことにより、ディスクリプターの変換状態が変更される。 (変換ディ
       スクリプターはマルチスレッドで  同時に使うことができないことを意味している。) 変換状態を初
       期状態に戻すには、 inbuf 引き数を NULL として iconv(3)  を用いること。

返り値

       iconv_open()  関数は、新たに割り当てられた変換ディスクリプターを返す。  エラーの場合、この
       関数は errno を設定し、 (iconv_t) -1 を返す。

エラー

       他のいろいろなエラーのうち、以下のエラーが起こりうる。

       EINVAL fromcode から tocode への変換は、この実装ではサポートされていない。

バージョン

       この関数はバージョン 2.1 以降の glibc で利用可能である。

準拠

       UNIX98, POSIX.1-2001.

関連項目

       iconv(1), iconv(3), iconv_close(3)

この文書について

       この  man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクト
       の説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。