Provided by: gfsd_2.6.15+dfsg-1build1_amd64 bug

NAME

       config-gfsd - Gfarmのファイルスプールノードのセットアップ

SYNOPSIS

       config-gfsd [オプション]

DESCRIPTION

       config-gfsdは、 Gfarmファイルシステムのファイルスプールノードを セットアップするためのユー
       ティリティです。 なお、このファイルスプールノードに対するサーバプログラムは、 gfsdと名づけ
       られています。 Gfarmの開発、評価、またはテストといった 私的な用途でファイルシステムを使用
       する場合を除き、 config-gfsdを実行するためには、 ルート権限が必要です。

       config-gfsdは、設定ファイル %%SYSCONFDIR%%/gfarm2.conf (プライベートモードの場合は、
       %%SYSCONFDIR%%/gfsd.conf) がホスト上に存在することを前提としています。 存在しない場合
       は、メタデータサーバから設定ファイルをコピーしてください。

       config-gfsdは下記に示した順に実行します。

        1. スプールディレクトリを作成します。

        2. Gfarmの設定ファイル %%SYSCONFDIR%%/gfarm2.confや %%SYSCONFDIR%%/gfsd.confを更新しま
           す。

        3. gfsdを起動/停止するためのスクリプト (または、設定ファイル)を作成します。

           大抵のOSにおいて、 config-gfsdは、 起動/停止スクリプトgfsd(プライベートモードの場合
           は、 gfsd-ADDRESS)を /etc/init.dまたは /etc/rc.d/init.dに置きます。 (どちらに置くか
           はOSに依存します。)

           Red Hat Enterprise Linux 7 またはそれ以降のsystemdで動作するLinuxにおいて、
           config-gfsdは、 ユニット設定ファイルであるgfsd.service (プライベートモードの場合は、
           gfsd-ADDRESS.service)を /etc/systemd/systemディレクトリに 置きます。 その後、systemctl
           enable gfsd.service (または systemctl enable gfsd-ADDRESS.service) を実行します。

        4. プライベートモードの場合、config-gfsdは、 gfhost -cを実行することにより、 メタデータ
           サーバにファイルスプールノードであるホストを登録します。 プライベートモードではない場
           合、 config-gfsdは、 メタデータサーバにファイルスプールノードであるホストの登録方法を
           以下に示す例のように表示します。

               Please ask admin_user to register your host by the following command:

               /usr/bin/gfhost -c -a x86_64-centos7.0-linux -p 600 -n 2 ext540

        5. プライベートモードの場合、config-gfsdgfsdを起動します。 プライベートモードではない
           場合、 config-gfsdgfsdの起動方法を以下のように表示します。

               After that, start gfsd by the following command as a root:

               systemctl start gfsd.service

        6. unconfig-gfsd.sh というスクリプトを %%SYSCONFDIR%% 上に作成します。 このスクリプト
           は、gfsd のセットアップの 取り消しを行います。 gfsd を停止し、 config-gfsd によって作
           成されたファイル (unconfig-gfsd.sh スクリプト自身を含む) をすべて消去します。

       config-gfsdを使用して ファイルスプールノードをセットアップする前に、 config-gfsd -tを実行
       することを推奨します。 -tオプションを付けて実行することにより、 セットアップする代わりに全
       ての設定パラメータを表示します。

           $ config-gfsd -t

           prefix                 [--prefix]:
           hostname                     [-h]: host1.example.org
           listen address               [-l]: (all local IP addresses)
           architecture                 [-a]: x86_64-centos6.5-linux
           port                         [-p]: 600
           ncpu                         [-n]: 8
           spool directory                  : /var/gfarm-spool
           rc script                        : /etc/init.d/gfsd
           gfarm client conf file           : /etc/gfarm2.conf
           gfsd pid file                    : /var/run/gfsd.pid

       []で囲まれたオプション名は、 オプションとして指定できることを意味しています。

OPTIONS

       --prefix パス
           このオプションを付与した場合、 以下に挙げたgfsdに関連する複数のパスが 設定されます。
           具体的には、以下の通りです。

           ·   gfsdのスプールディレクトリ: PREFIX/var/gfarm-spool

           ·   gfsdのPIDファイルを置くためのディレクトリ: PREFIX/var/run

           ·   設定ファイルが置かれたディレクトリ: PREFIX/etc

           ·   gfsdの起動/停止スクリプトが置かれた ディレクトリ: PREFIX/etc/init.d か、
               PREFIX/rc.d/init.d/etc これはOSに依存します。

           ·   ホスト上でsystemdが起動している場合に、特殊な例外が存在します。 そのホスト上
               で--prefixオプションとして空文字を指定する際、 config-gfsdはsystemdに ユニット設定
               ファイルを置きません。 その代わりに、PREFIX/etc/init.dに 旧形式の起動/停止スクリプ
               トを置きます。

           ·   セットアップを取り消すスクリプト unconfig-gfsd.sh: PREFIX/etc/unconfig-gfsd.sh

           デフォルトでは""(空文字列)です。

       -a アーキテクチャ
           ホストのアーキテクチャを指定します。 config-gfsdは、 指定されたアーキテクチャをgfhost
           -c コマンドに-aオプションの引数 として渡します。デフォルトで、 config-gfsdはアーキテク
           チャを推測しそれを使用します。

       -p ポート番号
           gfsdが待ち受けるTCPポート番号を指定します。 デフォルトではプライベートモードの場合
           に10600、 それ以外では600が指定されます。

       -h ホスト名
           ホスト名を指定することができます。 config-gfsdは、 指定されたホスト名をgfhost -c コマ
           ンドに非オプションの引数として渡します。 デフォルトでは、DNS上におけるそのホストの完全
           修飾ドメイン名(FQDN)となります。

       -l IPアドレス
           gfsdの待ち受けるアドレスを指定すること ができます。 デフォルトでは、全てのローカルIPア
           ドレスで待ち受けます。 オプションが指定された場合、以下に挙げた変更が生じます。

           ·   config-gfsdが起動/停止スクリプトを 作成する際、そのスクリプト名は、gfsd か
               らgfsd-ADDRESSに変更されます。

           ·   config-gfsdがsystemdの設定ファイルを 作成する際、そのファイル名は、 gfsd.serviceか
               ら gfsd-ADDRESS.serviceに変更されます。

           ·   スプールディレクトリは、 PREFIX/var/gfarm-spoolから PREFIX/var/gfarm-spool-ADDRESS
               に変更されます。 ただし、PREFIXは--prefixで指定された接頭辞です。

       -n cpu数
           ホストのCPU数を指定することができます。 config-gfsdは、 指定されたCPU数をgfhost -c コ
           マンドに-nオプションの引数 として渡します。 デフォルトでは、 config-gfsdはCPU数を推測
           しその値を与えます。

       --help
           このコマンドの使用法を表示して、終了します。

       -S
           このオプションを付与した場合、 プライベートモードを有効にします。 config-gfsdは、 ルー
           ト権限なしで実行可能なGfarmファイルシステムをセットアップします。 具体的には、以下の通
           りに設定手順を変更します。

           ·   gfsdにおけるデフォルトの待ち受け ポート番号(-pに対応)が、600から10600に変更されま
               す。

           ·   %%SYSCONFDIR%%/gfarm2.confの代わりに、 %%SYSCONFDIR%%/gfsd.conf設定ファイル を更新
               します。

           ·   gfhost -cコマンドを実行することにより、 ファイルスプールノードを登録します。

           ·   -Nオプションが付与されているかに関わらず、 gfsdを起動します。

           -Sオプションは、起動/停止スクリプトや 設定ファイルの位置を決して変更しません。 これら
           のファイルのデフォルト位置は 通常では特権ユーザの場合のみ書き込み可能であるため、
           config-gfsdはこれらのファイルの生成に 失敗してしまいます。この問題を回避するためには、
           --prefixオプションを合わせて指定してください。

       -N
           このオプションを付与した場合、 gfsdを起動しません。

       -f
           このオプションを付与した場合、 強制的に存在しているセットアップを上書きします。

       -t
           このオプションを付与した場合、 人間が読みやすい形式で全ての設定パラメータの値を表示し
           た後、 すぐに終了します。

       -T
           -tオプションと似ていますが、 設定値をKEY=VALUE形式で表示します。

FILES

       %%SYSCONFDIR%%/gfarm2.conf
           クライアント側のGfarmが参照する設定ファイル

       %%SYSCONFDIR%%/gfsd.conf
           gfsdが参照する設定ファイル (プライベートモードの場合のみ使用されます)

       /etc/init.d/gfsd
           gfsdが参照する起動/停止スクリプト ファイル

       /etc/systemd/system/gfsd.service
           systemdにより読み込まれる、 gfsdのユニット設定ファイル

SEE ALSO

       gfarm2.conf(5), config-gfarm(8), gfsd(8)