Provided by: manpages-ja_0.5.0.0.20161015+dfsg-1_all bug

名前

     timedc — timed の制御プログラム

書式

     timedc [command  [argument ...]]

説明

     timedc は、 timed(8) プログラムの操作を制御するために使われる。 このプログラムは、以下の目的
     で使われる:

     ·   複数マシン間の時刻差の計測

     ·   マスタタイムサーバが実行されているホストの検索

     ·   timed が受信したメッセージのトレースの有効・無効の切り替え

     ·   いろいろなデバッグ動作

     引き数を指定しない場合、 timedc は標準入力を読み込むプロンプトを出す。 引き数を指定した場
     合、 timedc は最初の引き数をコマンドとして、 残りの引き数をコマンドのパラメータとして解釈す
     る。 標準入力は、 timedc がファイルからコマンドを読むように、リダイレクトしてもよい。 コマン
     ドは短縮可能である。 使用可能なコマンドは以下の通りである:

     ? [command ...]

     help [command ...]
             引き数リストで指定された各コマンドについて、簡単な説明を表示する。 引き数が指定され
             ない場合、使用可能なコマンドの一覧を表示する。

     clockdiff host ...
             ホストマシンの時刻と、引き数で指定したマシンの時刻の差を計算する。

     msite [host ...]
             host で指定したホストのマスタタイムサーバを表示する。

     trace { on | off }
             timed へのメッセージを /var/log/timed.log にトレース (記録) するか否かを指定する。

     election host
             対象ホスト host のデーモンに対し、 “election” タイマをリセットし、マスタタイムサーバ
             が既に選択されていることを 確実にするように要求する。

     quit    timedc を終了する。

     上記以外のコマンドも、 timed のテストやデバッグのために実装されている。 詳細については、help
     コマンドやプログラムのソースを当たること。

ファイル

     /var/log/timed.log        timed 用のトレースファイル
     /var/log/timed.masterlog  マスタ timed 用のログファイル

関連項目

     date(1), adjtime(2), icmp(4), timed(8) R. Gusella and S. Zatti, TSP: The Time
     Synchronization Protocol for UNIX 4.3BSD.

返り値

     ?Ambiguous command
             短縮された入力に対して、複数のコマンドがマッチする
     ?Invalid command
             該当するコマンドが見つからない
     ?Privileged command
             このコマンドは、root のみが実行できる

履歴

     timedc コマンドは 4.3BSD で登場した。

翻訳者謝辞

     この man ページの翻訳にあたり、 FreeBSD jpman project <http://www.jp.freebsd.org/man-jp/> に
     よる翻訳を参考にさせていただいた。