Provided by: j2sdk1.4_1.4.2.02-1ubuntu3_i386 bug

appletviewerグ
       appletviewer  は、ブラウザを使用せずに  Java  アプレットを実行でい泙后
       appletviewer           はアプレットの起動に直接関係ない            HTML
       を無視します。ただし、アプレットの
       起動に関するさまざまな構文は認識します。 appletviewer  が認識する  HTML
       コードは、次のとおりです。これ以外の HTML コードは無視されます。

       object         object  タグは、アプレットやマルチメディアオブジェクトを
                      HTML     ページに埋め込むため      の      HTML      4.0
                      タグです。また、このタグにより   HTML  3.2  が拡張され、
                      Internet Explorer  4.x  で、Sun  の最新の  Java  Plug-in
                      を使用して Java アプ レットを実行でい襪茲Δ砲覆蠅泙后

                       <object
                         width="pixelWidth"
                         height="pixelHeight"
                       >
                         <param name="code" value="yourClass.class">
                         <param name="object" value="serializedObjectOrJavaBean">
                         <param name="codebase" value="classFileDirectory">
                         ...
                         alternate-text
                      </object>

                      次のことに注意してください。

                      o appletviewer は、「classID」属世次の値で Java Plug-in
                        を指していると仮定し、この属世 無視します。

                        classid="clsid:8AD9C840-044E-11D1-B3E9-00805F499D93"

                      o appletviewer             は、通常は             object
                        タグの一部である「codebase」属世次の値でネットワーク
                        cab         ファイル内の         Java          Plug-in
                        を指していると仮定し、この属世睫技襪靴泙后

                        codebase="http://java.sun.com/products/plugin/1.1/\
                                  jinstall-11.cab#Version=1,1,0,0"

                      o オプションの         codebase         の         param
                        タグには、アプレットクラスの場所を指す相対         URL
                        を指定します。

                      o codeobject
                        はどちらか一方だけを指定します。両方同時には指定で-
                        ません。

                      o type       の      param      タグは      appletviewer
                        では使用しませんが、ブラウザが適切にプラグインをロードで-
                        るようにする
                        目的では使用します。アプレットの場合、この値は次のようになります。

                          <param name="type"
                          value="application/x-java-applet;version=1.1">

                        または

                          <param name="type" value="application/x-java-applet">

                        直列化されたオブジェクトまたは  JavaBean  の場合、type
                        の param 値は次のようになります。

                          <param name="type"
                           value="application/x-java-bean;version=1.1">

                        または

                          <param name="type" value="application/x-java-bean">

                      o 他の param タグはアプレットに渡される引数値です。

                      o IE  4.x  が認識する  object  タグと   Netscapetm   4.x
                        が認識する    embed    タグは組み合わせて使用でい泙后
                        つまり、アプレットをダウンロードするブラウザにかかわりなく、アプレットは
                        Sun の 最新の Java Plug-in を使用でい泙后

                      o appletviewerjava_codejava_codebasejava_object       または        java_type        param
                        タグを認識しません。これらのタグが必要なのは、アプレットがそれぞれ
                        codecodebaseobject    、または    type
                        という名前のパラメータを定義すると-
                        だけです。この場合プラグインは、
                        アプレットが使用するバージョンよりも、            java
                        バージョンを優先して認識し、使用します。このような   4
                        つの名前のどれか    のパラメータを要求するアプレットは
                        appletviewer では実行でい泙擦鵝

       embed          embed   タグは、アプレットやマルチメディアオブジェクトを
                      HTML    ページに埋め込む、    Netscape   の   HTML   3.2
                      拡張タグです。これによって、HTML  3.2  をサポート   する
                      Netscape   4.x  ブラウザが  Sun  の最新の  Java  Plug-in
                      を使用して Java アプレットを実行でい泙后

                        <embed
                          code="yourClass.class"
                          object="serializedObjectOrJavaBean"
                          codebase="classFileDirectory"
                          width="pixelWidth"
                          height="pixelHeight"
                        >
                        ...
                        </embed>

                      次のことに注意してください。

                      o object   タグと    embed    タグは組み合わせて使用で-
                        るため、アプレットをダウンロードするブラウザにかか
                        わりなく、アプレットは  Sun  の最新の   Java   Plug-in
                        を使用でい泙后詳細は、     「Java     Plug-in    HTML
                        の仕様」を参照してください。

                      o object             タグとは異なり、              embed
                        タグで指定される値はすべて属世任
                        (つまり、タグの一部)。 param タグで指定される (  start
                        タグと end タグの間にある) パラメータではありません。

                      o アプレットのパラメータに引数値を指定するには、 <embed>
                        タグに別の属世鯆媛辰靴泙后

                      o appletviewer            は、通常は             <embed>
                        タグの一部である「src」属世鯡技襪靴泙后

                      o codeobject
                        はどちらか一方だけを指定します。両方同時には指定で-
                        ません。

                      o オプションの               codebase               属-
                        には、アプレットクラスの場所を指す相対             URL
                        を指定します。

                      o type                 属世                appletviewer
                        では使用しませんが、ブラウザが適切にプラグインをロードで-
                        るようにする
                        目的では使用します。アプレットの場合、この値は次のようになります。

                        <type="application/x-java-applet;version=1.1">...

                        または

                        <type="application/x-java-applet">...

                        直列化されたオブジェクトまたは  JavaBean  の場合、type
                        の param の 値は次のようになります。

                        <type="application/x-java-bean;version=1.1">...

                        または

                        <type="application/x-java-bean">...

                      o pluginspage             属世             appletviewer
                        では使用しませんが、ブラウザが適切にプラグインをロードで-
                        るようにする目的 では使用します。この属世魯優奪肇錙璽
                        cab       ファイル内の       Java      Plug-in      を
                        指し、次のような値になります。

                      pluginspage="http://java.sun.com/products/plugin/1.1/\
                                   jinstall-11.cab #Version=1,1,0,0"

       applet         applet             タグは、アプレットを             HTML
                      ページに埋め込むための、HTML  3.2 で使用でい タグです。
                      applet
                      タグでロードされたアプレットはブラウザによって実行されます。このと-
                      、ブラウザ            が最新バージョンの            Java
                      プラットフォームを使用していない可能世あります。
                      アプレットが最新バージョンで実行されることを保証するには、
                      object           タグで           Java           Plug-in
                      をブラウザにロードします。これにより、このプラグインが
                      アプレットを実行します。

                        <applet
                          code="yourClass.class"
                          object="serializedObjectOrJavaBean"
                          codebase="classFileDirectory"
                          width="pixelWidth"
                          height="pixelHeight"
                        >
                          <param name="..." value="...">
                          ...
                          alternate-text
                        </applet>

                      次のことに注意してください。

                      o codeobject
                        はどちらか一方だけを指定します。両方同時には指定で-
                        ません。

                      o オプションの               codebase               属-
                        には、アプレットクラスの場所を指す相対             URL
                        を指定します。

                      o param
                        タグには、アプレットのパラメータのための引数値を指定します。

       app            app           タグは短期間だけ使用された          applet
                      の省略形で、現在はサポートされていません。  appletviewerapp
                      タグを変換して、現在サポートされている対応タグを出力します。

                        <app
                          class="classFileName" (without a .class suffix)
                          src="classFileDirectory"
                          width="pixelWidth"
                          height="pixelHeight"
                        >
                          <param name="..." value="...">
                          ...
                        </app>

ン
       以下のオプションが使用でい泙后

       -debug         Java        デバッガ中のアプレットビューアを起動します。
                      これによりド-
                      ュメント中のアプレットのデバッグが始まります     (詳細は
                      jdb(1) を参照)。

       -encoding encoding_name
                      入力 HTML ファイルのエンコーディング名を指定します。

       -J javaoption  文字列 javaoption を、コンパイラを実行する java(1) に  1
                      つの引数として渡します。
                      引数中には空白文字を含めることはでい泙擦鵝
                      複数の引数を指定する場合には、それぞれの先頭に        -J
                      を必ず付加してください。この文字は               java(1)
                      に渡す内容からは取り除かれます。
                      この引数指定を用いて、実行環兇筌灰鵐僖ぅ蕕
                      メモリ使用量を邑に調整することがでい泙后

目
       詳細については、
                 java.sun.com を参照または検索してください。

       Java Plug-in HTML の仕様 @
                 http://java.sun.com/j2se/1.4/docs/guide/plugin/developer_guide/

                              2001 年 11 月 30 日              appletviewer(1)