Provided by: manpages-ja_0.5.0.0.20060115-1_all bug

POSIXン
       -R     ディレクトリやそこに含まれるもののアクセス権を再帰的に変更する。

GNUン
       -c, --changes
              実際にアクセス権の変更があった                              file
              それぞれについての動作を詳細に表示する。

       -f, --silent, --quiet
              アクセス権を変更で-
              なかったファイルについてのエラーメッセージを出力しない。

       -v, --verbose
              全ての                                                      file
              について変更した、もしくはしなかったという動作を詳細に表示する。

       -R, --recursive
              ディレクトリやそこに含まれるもののアクセス権を再帰的に変更する。

       --reference=file
              明示的に    mode    を指示する代わりに、参照用に指定した    file
              のグループを使う。

GNUン
       --help 標準出力に使用方法のメッセージを出力して正常終了する。

       --version
              標準出力にバージョン情報を出力して正常終了する。

       --     オプションリストを終了する。

ド
       ファイルのアクセス権は内部的に    16     ビットの整数で保持されている。
       シンボルでアクセス権を指定する代わりに、
       これから変更するアクセス権の内部表現に対応した   8   進数   (基数    8)
       を使って指定することがでい襦  この数値は常に  8  進数として扱われる; C
       言語のように数値の先頭に  0   を付加する必要はない。   mode   に   0055
       と指定するのと               55              と指定するのは同じである。
       数値モードによる指定は、シンボルモードで指定するより大抵の場合短くすむが、
       アクセス権を絶対値で指定する。                                     mode
       の各数字により、以下で示すようなアクセス権のグループを選択する。
       左側の省略された数値は                0                として扱われる。
       アクセス権を組み合わせるには、               各数字の                OR
       をとるか各数字を合計すればよい。

       特別なアクセス権
              1000 プログラムコードをスワップに維持
              2000 実行時にグループ ID を設定
              4000 実行時にユーザー ID を設定

       同じ UID のユーザー (u+)
              100 実行
              200 書すみ
              400 読み込み

       同じグループ (g+)
              10 実行
              20 書すみ
              40 読み込み

       その他のユーザー (o+)
              1 実行
              2 書すみ
              4 読み込み

数
       変数 LANG, LC_ALL, LC_CTYPE, LC_MESSAGES が通常の意味を持つ。

拠
       POSIX                  1003.2                  では                  -R
       オプションのみが必須である。その他のオプションを使用すると       互換-
       がないかもしれない。この標準では                                    't'
       の許可ビットについて説明していない。 この標準では chmod が suid や sgid
       ビットのクリアもしくは設定の拒絶での                一貫世魄飮するべ-
       かどうかについてをとり決めていない。たとえば、すべての実行ビットが
       クリアされる場合に               chmod              が              `s'
       ビットをどうするかまったくとり決めていない。

ド
       ここまでのところでディレクトリに対する  `t'  ビットの使い方を説明した。
       いろいろなシステムでは、他の意味のないモードビットの組合せに特別な意味を与えている。
       特に、Linux は System  V  系  (System  V  Interface  Definition  (SVID)
       Version  3 を 参照) に倣って、グループ実行許可を持たないファイルの sgid
       ビットに、      そのファイルが強制ロック      (mandatory       locking)
       の対象であることを示させている。                         詳細については
       /usr/src/linux/Documentation/mandatory.txt ファイルを参照。

意
       このページでは        fileutils-4.1        パッケージでの         chmod
       コマンドについて説明している。
       その他のバージョンでは少し違いがあるかもしれない。         修正や追加は
       aeb@cwi.nl,       aw@mail1.bet1.puv.fi,       ragnar@ragnar-hojland.com
       宛てにメールで連絡してほしい。     プログラムのバグについては      bug-
       fileutils@gnu.org へ報告してほしい。