Provided by: manpages-ja-dev_0.5.0.0.20060115-1_all bug

GNU意
       通常 gccalloca()  の呼び出しをインラインコードに変換する。  -ansi
       オプションまたは        -fno-builtin       オプションを指定した場合は、
       この操作は行われない。 だだし、デフォルトでは glibc 版の <stdlib.h><alloca.h>
       をインクルードしており、これには以下の行が含まれているので注意すること。
              # define alloca(size)   __builtin_alloca (size)
       独自の __builtin_alloca (size) 関数があると厄介な結果になる。

       このコードはインライン化されているので、
       この関数のアドレスを取得したり、
       他のライブラリをリンクして動作を変更することはでい覆ぁ

       通常このインラインコードはスタックポインタを移動する     1     つの命令
       (instruction)                                      から構成されており、
       スタックオーバーフローをチェックしない。           よって          NULL
       エラーが返されることはない。

グ
       alloca()                           関数は、機種とコンパイラに依存する。
       多くのシステムでは実装にバグがあるので、 この関数の使用は推奨されない。

       多くのシステムにおいて、関数コールの引た瑤離螢好汎發任        alloca()
       が使えない。   これは、   alloca()   によって予約されるスタック領域が、
       関数引た瑤忙箸錣譴襯好織奪領域の中に現れてしまうためである。

目
       brk(2), pagesize(2), calloc(3), malloc(3), realloc(3)