Provided by: manpages-ja-dev_0.5.0.0.20060115-1_all bug

SMP意
       CLOCK_PROCESS_CPUTIME_IDCLOCK_THREAD_CPUTIME_ID  クロックは、CPU
       からのタイマ     (i386     上の     TSC、Itanium      上の      AR.ITC)
       を用いて実現されている。 これらのレジスタは CPU 間で異なる可能世あり、
       プロセスが他の                CPU                に移動させられた場合、
       結果としてこれらのクロック           (bogus          results)
       を返すかもしれない。

       SMP       システムの各        CPU        が別々のクロック源を持つ場合、
       タイマレジスタ間の相互関係を管理する方法はない。      これは各      CPU
       が微妙に異なる周波数で動作するためである。 これが真実の場合  (訳註:  各
       CPU  が別々のクロック源を持つ場合)、  clock_getcpuclockid(0)ENOENT
       を返して、その状況を表す。   2   つのクロックは、プロセスが特定の   CPU
       上に留まっていることが 保証でい訃豺腓砲里瀝効である。

       SMP      システムの各プロセッサは全く同じ時刻に起動する訳ではないので、
       各タイマレジスタは通常はあるオフセットで動作している。
       オフセットをブート時に制限するコードが含まれるアーゥ謄チャもある。
       しかし、このコードがオフセットを正確に調整することは保証でい覆ぁ glibc
       は                      (Linux                      カーネルとは異なり)
       オフセットを扱うためのコードを提供しない。
       通常はこれらのオフセットが小さいので、多くの場合でその影響は無視でい襦


       これらの関数が利用可能な         POSIX         システムでは、<unistd.h>
       においてシンボル   _POSIX_TIMERS   が  0  より大いっ佑膨蟲舛気譴討い襦
       シンボル _POSIX_MONOTONIC_CLOCK, _POSIX_CPUTIME,  _POSIX_THREAD_CPUTIMECLOCK_MONOTONIC,  CLOCK_PROCESS_CPUTIME_ID, CLOCK_THREAD_CPUTIME_ID
       が利用可能なことを示す。 (sysconf(3) も参照すること。)

拠
       SUSv2, POSIX 1003.1-2001.

目
       date(1),  adjtimex(2),   gettimeofday(2),   settimeofday(2),   time(2),
       ctime(3), ftime(3), sysconf(3)

                                  2003-08-24                   CLOCK_GETRES(3)