Provided by: apt_0.6.43.3ubuntu2_i386 bug

NAME

       apt.conf - APT 設定ファイル

明
       apt.conf        は、       APT       ツール集のメイン設定ファイルです。
       この設定ファイルと共通のコマンドラインパーサを使って、
       すべてのツールを統一環兇濃藩僂任ます。                              APT
       ツールの起動時には、APT_CONFIG   環曲竸瑤忙慊蠅靴神瀋蠅   (存在すれば)
       読み込みます。  次に  Dir::Etc::Parts  のファイルを読み込みます。  次に
       Dir::Etc::main                     で指定した主設定ファイルを読み込み、
       最後にコマンドラインオプションで、   設定ファイルより取得した値を上書-
       します。

       設定ファイルは、
       機能グループごとに系統立てられたオプションを木構造で表します。
       オプションの内容は、2          つのコロンで区切ります。          例えば
       APT::Get::Assume-Yes        は、        APT       ツールグループの、Get
       ツール用オプションです。 オプションは、親グループから継承しません。

       設定言語の文法は、      bind      や      dhcp       のような       ISC
       ツールをモデルにしています。   //  で始まる行はコメントとして扱われます
       (無視)。 いずれの行も、

       APT::Get::Assume-Yes "true";
        の                                                    ような形式です。
       行末のセミコロンは必要ですが、ダブルクォートは使わなくてもかまいません。
       以下のように中カッコを使うと、新しいスコープを開くことがでい泙后

              APT {
                Get {
                  Assume-Yes "true";
                  Fix-Broken "true";
                };
              };

       また適宜改行することで、より読みやすくなります。
       リストは、開いたスコープ、クォートで囲まれた単語、
       そしてセミコロンと続けることで作成でい泙后
       セミコロンで区切ることで、複数のエントリを表すことがでい泙后

              DPkg::Pre-Install-Pkgs {"/usr/sbin/dpkg-preconfigure --apt";};

       /usr/share/doc/apt/examples/apt.conf
       /usr/share/doc/apt/examples/configure-index.gz
       は一般的な設定ファイルのサンプルです。
       どのように設定するか参考になるでしょう。

       #include   と   #clear   の   2   つの特別な桔,あります。    #include
       は指定したファイルを取り込みます。
       ファイル名がスラッシュで終わった場合には、
       そのディレクトリをすべて取り込みます。                           #clear
       は名前のリストを削除するのに便利です。

       すべての    APT    ツールで、    コマンドラインで任意の設定を行う    -o
       オプションが使用でい泙后        文法は、完全なオプション名        (例:
       APT::Get::Assume-Yes)、    等号、続いてオプションの新しい値となります。
       リスト名に続::を加えることで、リストを追加することがでい泙后

APTプ
       このオプショングループは、ツール全体に影響のある、     一般的な     APT
       の振る舞いを制御します。

       Architecture
              システムアーゥ謄チャ          -          ファイルを取得したり、
              パッケージリストを解析するとい忙藩僂垢襯◆璽-
              テクチャをセットします。       内部でのデフォルトは、        apt
              をコンパイルしたアーゥ謄チャです。

       Ignore-Hold
              保留パッケージの無視        -       このグローバルオプションは、
              問題解決器に保留と指定したパッケージを無視します。

       Clean-Installed
              デフォルトで邑です。autoclean 機能が on の時、 ダウンロードで-
              なくなったパッケージをゥ礇奪轡紊ら削除します。              off
              の場合、ローカルにインストールされているパッケージは、
              削除対象から外します。         しかし、         APT         は-
              ャッシュから削除したパッケージの再インストール方法を、
              直接提供するわけではないことに注意してください。

       Immediate-Configure
              即時設定無効        -        この危険なオプションは、        APT
              の要求コードを無効にして                                    dpkg
              の呼び出しをほとんどしないようにします。
              これは、非常に遅いシングルユーザシステムでは必要かもしれませんが、
              非常に危険で、パッケージのインストールスクリプトが失敗したり、
              もしくはもっと阿い海箸おい襪もしれません。
              自己責任で使用してください。

       Force-LoopBreak
              何をしようとしているのか「本当に」判っているのでなければ、
              絶対にこのオプションを邑にしないでください。 不可欠 (essential)
              パッケージ同士で、    競合    (Conflicts)   /競合や競合/事前依存
              (Pre-Depend)                         のループに落ち込んだとい法
              不可欠パッケージを一時的に削除してループを抜けられるようにします。
              __
              このオプションは、tar,      gzip,      libc,      dpkg,     bash
              とそれらが依存している
              パッケージ以外の不可欠パッケージで動作します。

       Cache-Limit
              APT                         は「利用可能」情報を格納するために、
              固定サイズのメモリマップゥ礇奪轡絅侫.ぅ襪鮖藩僂靴泙后
              このオプションは、そのゥ礇奪轡絅汽ぅ困鮖慊蠅靴泙后

       Build-Essential
              構築依存関係で不可欠なパッケージを定義します。

       Get    サブセクション    Get    は    apt-get(8)   ツールを制御します。
              このオプションの詳細は apt-get(8) の文書を参照してください。

       Cache  サブセクション  Cache   は   apt-cache(8)   ツールを制御します。
              このオプションの詳細は apt-cache(8) の文書を参照してください。

       CDROM  サブセクション   CDROM   は   apt-cdrom(8)  ツールを制御します。
              このオプションの詳細は apt-cdrom(8) の文書を参照してください。

ACQUIREプ
       Acquire    オプショングループは、    パッケージのダウンロードや     URI
       ハンドラの制御を行います。

       Queue-Mode
              ゥ紂璽癲璽 - Queue-Mode は、 APT がどのように並列接続を行うか、
              host か access で指定でい泙后 host は、ターゲットホストごとに 1
              接続を開い泙后 access は、 URI タイプごとに 1 接続を開い泙后

       Retries
              リトライの回数を設定します。          0          でない場合、APT
              は失敗したファイルに対して、
              与えられた回数だけリトライを行います。

       Source-Symlinks
              ソースアーカイブのシンボリックリンクを使用します。          true
              がセットされていると-
              、可能ならコピーの代わりにシンボリックリンクが  張られます。true
              がデフォルトです。

       http   HTTP URI - http::Proxy  は、  デフォルトで使用する  http  プロ-
              シです。                     http://[[user][:pass]@]host[:port]/
              という標準形で表します。ホストごとのプロゥ靴両豺腓蓮
              http::Proxy::<host>              という形と、             プロ-
              シを使用しないという意味の特殊ァ璽錙璽                   DIRECT
              を使用して指定することもでい泙后すべての設定は、        環曲竸
              http_proxy で上書い気譴泙后

              HTTP/1.1        準拠のプロゥ轡ャッシュの制御について、         3
              種類の設定があります。No-Cache               はプロゥ靴紡个靴董
              いかなる時もゥ礇奪轡紊鮖藩僂靴覆い氾舛┐泙后            Max-Age
              は、インデックスファイル用のとい世荏信し、
              得られた時間よりも古かった場合に、
              オブジェクトをリフレッシュするようゥ礇奪轡紊忙惻┐靴泙后
              デフォルトでは       1        日となっているため、        Debian
              は日毎にそのインデックスファイルを更新します。  No-Store  は、-
              ャッシュがこのリクエストを格納せず、
              アーカイブファイルのみ設定するよう指定します。
              これは、非常に大い           .deb           ファイルでプロゥ轡-
              ャッシュが汚れるのを、  防ぐのに便利かもしれません。  注)  Squid
              2.0.2 では、これらのオプションをサポートしていません。

              timeout                                           オプションは、
              この方法でのタイムアウトまでの時間を設定します。
              これには、接続のタイムアウトとデータのタイムアウトが含まれています。

              リモートサーバが  RFC  準拠でなかったり、 (Squid 2.0.2 のように)
              バグがあったりしたとい里燭瓩法
              パイプラインの深さの制御を設定します。
              Acquire::http::Pipeline-Depth    により、     APT     が送信で-
              るリクエストの回数を     0     から     5    の値で設定でい泙后
              リモートサーバが適切でなく、TCP 接続に時間がかかるとい蓮 _ftp_proxy      で上書い気譴泙后     ftp     プロ-
              シを使用するには、設定ファイルに                 ftp::ProxyLogin
              スクリプトを設定する必要があります。                      プロ-
              シサーバに送信する接続コマンドを、このエントリに設定します。
              どのようにするのかは
              /usr/share/doc/apt/examples/configure-index.gz
              の例を参照してください。               その他にも、$(PROXY_USER)
              $(PROXY_PASS)  $(SITE_USER)  $(SITE_PASS)  $(SITE)  $(SITE_PORT)
              が利用可能です。 いずれも、それぞれ URI を構成するトークンです。

              timeout                                           オプションは、
              この方法でのタイムアウトまでの時間を設定します。
              これには、接続のタイムアウトとデータのタイムアウトが含まれています。

              設定のいくつかは、パッシブモードを制御するものです。
              一般的に、パッシブモードのままにしておく方が安全で、
              ほぼどんな環兇任眛虻遒靴泙后
              しかしある状況下では、パッシブモードが無効のため、
              代わりにポートモード        ftp       を使用する必要があります。
              この設定は、プロゥ靴鯆未訐楝海籠団蠅離曠好箸悗寮楝柿竿未僕-
              効です。 (設定例はサンプル設定ファイルを参照してください)

              環曲竸  ftp_proxy  の  http  url  により FTP over HTTP のプロ-
              シが利用可能になります。             文法は上の             http
              についての説明を参照してください。
              設定ファイルの中でこれをセットすることはでい泙擦鵝
              また、効率が阿い燭 FTP over HTTP を使用するのは推奨しません。

              ForceExtended   の設定は   RFC2428   の   EPSV  コマンドと  EPRT
              コマンドの使用を制御します。デフォルトでは     false      です。
              これは、コントロールコネクションが       IPv6       の時にのみ、
              このコマンドを使用するということです。        これを        true
              にセットすると、IPv4                  コネクションでも強制的に、
              このコマンドを使用します。 注) ほとんどの FTP  サーバは  RFC2428
              をサポートしていません。

       cdrom  CDROM  URI  -  マウントポイントの設定のみを行います。 /etc/fstab
              で設定されているように、   CDROM    ドライブのマウントポイントを
              cdrom::Mount  に設定しなければなりません。  (SMB  マウントや古い
              mount   パッケージなど)   マウントポイントが   fstab   に欺劼任-
              ない場合、かわりにマウント・アンマウントコマンドも使用でい泙后
              文法は、cdrom ブロックを

              "/cdrom/"::Mount "foo";
               の形で欺劼靴泙后          スラッシュを後につけるのは重要です。
              アンマウントコマンドは UMount で指定することがでい泙后

       gpgv   GPGV    URI    -    GPGV   URI   用の唯一のオプションは、   gpgv
              に渡す追加パラメータのオプションです。    gpgv::Options     gpgv
              に渡す追加オプション。

リ
       Dir::State                                               セクションは、
       ローカル状態情報に関するディレクトリを保持します。      lists      は、
       ダウンロードしたパッケージ一覧を格納するディレクトリで、 status は dpkg
       の状態ファイルの名前を表します。     preferences     は     APT      の
       設定ファイルの名前です。   Dir::State   には、  /./  で始まらない
       全サブアイテムに付加する、デフォルトディレクトリを含んでいます。

       Dir::Cache                       は、                        ローカル-
       ャッシュ情報に関する場所を格納しています。これは、
       ダウンロード済アーカイブの場所を示す               Dir::Cache::archives
       と同様に、srcpkgcache         と         pkgcache        のパッケージ-
       ャッシュの場所となります。           それぞれを空にセットすることで、-
       ャッシュの生成を無効にでい泙后  おそらく、srcpkgcache  よりも pkgcache
       を無効にすることが多いと思います。    Dir::State     と同様、Dir::Cache
       はデフォルトディレクトリを含んでいます。

       Dir::Etc        は設定ファイルの場所を格納しています。       sourcelist
       はソースリストの場所を示し、   main    はデフォルトの設定ファイルです。
       (APT_CONFIG                        で設定ファイルを指定された場合のみ、
       この設定の効果があります)

       Dir::Parts                         設定は、指定されたディレクトリから、
       字句単位の全ての設定断片を読みこみます。
       これを設定した後に、メイン設定ファイルをロードします。

       バイナリプログラムは    Dir::Bin    で指定します。    Dir::Bin::Methods
       はメソッドハンドラの場所を指定し、  gzip,  dpkg,  apt-get, dpkg-source,
       dpkg-buildpackage, apt-cache はそれぞれプログラムの場所を指定します。

DSELECT APT
        dselect(8)        上で        APT        を使用する際、        DSelect
       セクション以下の設定項目で、 デフォルトの動作を制御します。

       Clean  ゥ礇奪轡絅リーンモード   -   この値は   always,  prompt,  auto,
              pre-auto,  never  のうちひとつを取ります。  always   と   prompt
              は更新後、全パッケージをゥ礇奪轡紊ら削除します。 (デフォルトの)
              prompt              では条件付い悩鐔します。               auto
              はダウンロード不能パッケージ           (例えば新バージョンで置-
              換えられたもの)      を削除します。pre-auto       はこの動作を、
              新パッケージをダウンロードする直前に行います。

       options
              この変数の内容は、  install 時のコマンドラインオプションと同様に
              apt-get(8) に渡されます。

       Updateoptions
              この変数の内容は、  update  時のコマンドラインオプションと同様に
              apt-get(8) に渡されます。

       PromptAfterUpdate
              true        の場合、        dselect(8)        の        [U]pdate
              実行時に、続行のためのプロンプトを毎回表示します。
              デフォルトはエラーが発生した場合のみです。

APT DPKG法
       数種の設定項目で  APT  がどのように dpkg(8) を呼び出すかを制御でい泙后
       DPkg セクションにあります。

       options
              dpkg    に渡すオプションのリストです。    オプションは、リスト-
              法を使用して指定しなければなりません。
              また、各リストは単一の引数として dpkg(8) に渡されます。

       Pre-Invoke, Post-Invoke
              dpkg(8)     を呼び出す前後で実行するシェルコマンドのリストです。
              options のようにリスト桔,濃慊蠅靴覆韻譴个覆蠅泙擦鵝 コマンドは
              /bin/sh       を使用して呼び出され、       何か問題があれば、APT
              は異常終了します。

       Pre-Install-Pkgs
              dpkg(8)       を呼び出す前に実行するシェルコマンドのリストです。
              options のようにリスト桔,濃慊蠅靴覆韻譴个覆蠅泙擦鵝 コマンドは
              /bin/sh        を通して呼び出され、        何か問題があれば、APT
              は異常終了します。   APT    はインストールしようとする全    .deb
              ファイルのファイル名を、
              ひとつずつコマンドの標準入力に送ります。

              このプロトコルのバージョン 2 では、(プロトコルのバージョンや APT
              設定スペース、パッケージを含む)             詳細情報やファイル、
              変更されているバージョンを出力します。
              DPkg::Tools::options::cmd::Version     に    2    を設定すると、
              バージョン   2   を邑にでい泙后   cmd   は    Pre-Install-Pkgs
              で与えられるコマンドです。

       Run-Directory
              APT    は    dpkg   を呼び出す前にこのディレクトリに移動します。
              デフォルトは / です。

       Build-options
              これらのオプションは、                パッケージのコンパイル時に
              dpkg-buildpackage(1)                              に渡されます。
              デフォルトでは、署名を無効にし、全バイナリを生成します。

ン
       debug                                            の多くのオプションは、
       普通のユーザにとって興味を引くものではありません。               しかし
       Debug::pkgProblemResolver               で、               dist-upgrade
       の判断についての興味深い出力が得られます。   Debug::NoLockingは、   APT
       が非      root      で操作でい襪茲Δ縫侫.ぅ襪離蹈奪を無効にしますし、
       Debug::pkgDPkgPMは、     dpkg    を呼ぶ際のコマンドラインを出力します。
       Debug::IdentCdrom  は、  CDROM  ID   の状態データの包含を無効にします。
       Debug::Acquire::gpgv gpgv 法のデバッグです。

例
       /usr/share/doc/apt/examples/configure-index.gz
       に、全利用可能オプションのデフォルト値を参照でい襦
       設定ファイルのサンプルがあります。

ル
       /etc/apt/apt.conf

目
       apt-cache(8), apt-config(8), apt_preferences(5).

グ
       APT  バグページ:  http://bugs.debian.org/src:aptを  ご覧ください。  APT
       のバグを報告する場合は、   /usr/share/doc/debian/bug-reporting.txtreportbug(1) コマンドをご覧ください。

者
       倉澤 望 <nabetaro@debian.or.jp> (2003-2006), Debian JP Documentation ML
       <debian-doc@debian.or.jp>

AUTHORS

       Jason Gunthorpe, APT team.