Provided by: manpages-ja_0.5.0.0.20060115-1_all bug

SYSCTL

       Appletalk          のグローバルパラメータのいくつかは、          sysctl
       を通して設定することがでい襦   これらの   sysctl  へアクセスするには、
       proc/sys/net/atalk/*                                 ファイルを読み書-
       する方法と、インターフェースに対して sysctl(2) を用いる方法がある。

       aarp-expiry-time
              AARP         ゥ礇奪轡絅┘鵐肇蠅鯒亡するまでのタイムインターバル
              (秒単位)。

       aarp-resolve-time
              AARP       ゥ礇奪轡絅┘鵐肇蠅解決されるまでのタイムインターバル
              (秒単位)。

       aarp-retransmit-limit
              AARP クエリーの最大再送信回数。この回数を越えると、 そのノードは
              dead であるとみなされる。

       aarp-tick-time
              タイマー動作する AARP のタイマーレート (秒単位)

       デフォルトの値で仕様にマッチしているので、
       変更する必要は全くないはずである。

IOCTL

       socket(7) に欺劼気譴討い襪垢戮討 ioctl が ddp にも適用される。

意
       SO_BROADCAST   オプションを用いる時には慎重の上にも慎重になってほしい。
       Linux         ではこれに特権を必要としない。         不注意にブロード-
       ャストアドレスに送信を行うと、
       ネットワークの状態が簡単に変更されてしまう。

ン
       Appletalk    は    Linux    2.0    以降でサポートされている。    sysctl
       インターフェースは Linux 2.2 から新たに導入された。

ー
       ENOTCONN
              行おうとした操作は接続済みのソケットに対してのみ定義されているものだが、
              そのソケットは接続されていなかった。

       EINVAL 渡した引数が不正。

       EMSGSIZE
              データグラムが DDP MTU より大いぁ

       EACCES ユーザが行おうとした操作に必要な権限を持っていない。   broadcast
              フラグをセットせずにブロード-
              ャストアドレスへ送信を行おうとした、  実効ユーザー   ID   が   0
              でなく、                                    CAP_NET_BIND_SERVICE
              権限のないプロセスで特権ポートをバインドしようとした、などが考えられる。

       EADDRINUSE
              既に使用されているアドレスにバインドしようとした。

       ENOMEMENOBUFS
              メモリが造蠅覆ぁ

       ENOPROTOOPTEOPNOTSUPP
              渡したソケットオプションが不正。

       EPERM  高い優先度に設定したり、設定を変更したり、
              指定したプロセスやグループにシグナルを送るのに必要な権限を
              ユーザが持っていない。

       EADDRNOTAVAIL
              存在しないインターフェースが要求された。または
              要求されたソースアドレスがローカルなものでない。

       EAGAIN 非ブロッゥ鵐哀愁吋奪箸紡个靴謄屮蹈奪する操作を行った。

       ESOCKTNOSUPPORT
              ソケットが設定されていない。または未知のソケットタイプが要求された。

       EISCONN
              接続済みのソケットに対して connect(2) が呼ばれた。

       EALREADY
              非ブロッゥ鵐哀愁吋奪箸紡个垢訐楝柿犧遒既に実行中である。

       ECONNABORTED
              accept(2) の途中で接続がクローズされた。

       EPIPE  接続が先方によって、通常以外のやり方でクローズまたはシャットダウンされた。

       ENOENT パケットが到着していないソケットに対して SIOCGSTAMP が呼ばれた。

       EHOSTUNREACH
              行だ茱▲疋譽垢縫泪奪舛垢襯┘鵐肇蠅ルーティングテーブルにない。

       ENODEV ネットワークデバイスがない。あるいは IP を送ることがでい覆ぁ

       ENOPKG カーネルのサブシステムが設定されていない。

∪
       基本的な         Appletalk        ソケットインターフェースは        BSD
       由来のシステムにおける     netatalk      と互換世ある。多くの      BSD
       システムでは、           ブロードゥ礇好肇侫譟璽爐鯀信しようとしたとい
       SO_BROADCAST                         のチェックに失敗する。これは互換-
       の問題となるかもしれない。

       raw   ソケットモードは   Linux  独特のもので、もう一方の実装である  CAP
       パッケージや、 Appletalk モニタツールをより簡単に実装でい襪茲Δ砲覆襦

グ
       エラーの値がまったく首尾一貫していない。

       ルーティングテーブル・デバイス・   AARP    テーブル・その他のデバイスを
       設定するために用いられる ioctl がまだ欺劼気譴討い覆ぁ

目
       recvmsg(2), sendmsg(2), capabilities(7), socket(7)