Provided by: manpages-ja_0.5.0.0.20060115-1_all bug

SYSCTL

       ICMP     では、いくつかのグローバルな     IP     パラメータを    sysctl
       を通して設定することがでい襦  これらの   sysctl   へアクセスするには、
       /proc/sys/net/ipv4/*                                 ファイルを読み書-
       する方法と、インターフェースに対して   sysctl(2)   を用いる方法がある。
       これらの  sysctl のほとんどは特定の ICMP タイプに対するレート制限 (rate
       limitation)       である。       Linux        2.2        は        ICMP
       の制限にトークン・バケット・フィルタ  (token  bucket filter) を用いる。
       それぞれの値は、バーストの後にトークン・バケット・フィルタがクリア
       されるまでのタイムアウトを秒単位で表したものである。最小単位(jiffy)は
       システム依存の単位で x86 システムは通常 10ms、alpha や  IA64  では  1ms
       である。

       icmp_destunreach_rate
              ICMP     不達パケット     (Destination    Unreachable    packet)
              を送る最大レート。                  これは特定のルートまたは行-
              先にパケットを送信するレートを制限する。  この制限は、  path MTU
              discovery               に必要な                ICMP_FRAG_NEEDED
              パケットの送信には影響しない。

       icmp_echo_ignore_all
              この値が非ゼロの場合は、      Linux     はすべての     ICMP_ECHO
              要求を無視する。

       icmp_echo_ignore_broadcasts
              この値が非ゼロの場合は、           Linux            はブロード-
              ャストアドレスに送られたすべての ICMP_ECHO 要求を無視する。

       icmp_echoreply_rate
              ICMP_ECHOREQUEST        パケットに応答する        ICMP_ECHOREPLY
              パケットの最大送信レート。

       icmp_paramprob_rate
              ICMP_PARAMETERPROB                    パケットの最大送信レート。
              これらのパケットは不正な IP ヘッダを持つパケットが到着した場合に
              送信される。

       icmp_timeexceed_rate
              ICMP_TIME_EXCEEDED                    パケットの最大送信レート。
              これらのパケットはパケットがあまりに多くの                   hop
              を通過した場合に、 ループを防ぐために送られる。

意
       他の多くの実装では、 IPPROTO_ICMP raw  ソケットがサポートされていない。
       この機能は移植世必要なプログラムでは用いるべい任覆ぁ

       Linux       がルーターとして動作していないとい砲蓮       ICMP_REDIRECT
       パケットは送信されない。
       またこれらが受け取られるのも、発信元がルーティングテーブルに定義されている
       古いゲートウェイで、リダイレクト・ルート    (redirect     route)     が
       適当な時間の後に期限切れになっている場合に限られる。

       ICMP_TIMESTAMP  から返される 64 ビットのタイムスタンプは、 1970 年 1 月
       1 日からの経過時間をミリ秒単位で表したものである。

       Linux  ICMP  は  ICMP  を送るために内部で  raw  ソケットを用いる。  raw
       ソケットは netstat(8) の出力に 0 inode として出力される。

ン
       ICMP_ADDRESS 要求に対するサポートは 2.2 で削除された。

       ICMP_SOURCE_QUENCH は Linux 2.2 で削除された。

目
       ip(7)

       RFC 792: ICMP プロトコルの説明