Provided by: manpages-ja_0.5.0.0.20060115-1_all bug

IOCTL

       以下に示す     ioctl      は      ioctl(2)      を使ってアクセスでい襦
       正しい文法は以下の通り。

              int value;
              error = ioctl(udp_socket, ioctl_type, &value);

       FIONREAD (SIOCINQ)
              integer                             のポインタを引数として取る。
              次に待機しているデータグラムのサイズをバイト単位の整数で返す。
              待機しているデータグラムがない場合は 0 を返す。

       TIOCOUTQ (SIOCOUTQ)
              ローカル送信ゥ紂爾砲△襯如璽織汽ぅ困鬟丱ぅ斑碓未琶屬后    Linux
              2.4 以上でのみ対応している。

       さらに、    ip(7)    と    socket(7)    で述べられている全ての    ioctl
       も対応している。

ー
       socket(7)      や     ip(7)     に欺劼気譴討い訌瓦討離┘蕁爾、     UDP
       ソケットの送受信で返される可能世ある。

       ECONNREFUSED
              行だ茱▲疋譽垢亡慙△鼎韻蕕譴討い觴信者がいない。
              これは以前のパケットがそのパケットを                      上書-
              送信してしまっているからであることが多い。

ン
       IP_RECVERR は Linux 2.2 の新しい機能である。

者
       この man ページは Andi Kleen が書いた。

目
       ip(7), raw(7), socket(7)

       RFC 768 : User Datagram Protocol
       RFC 1122 : ホストの必要条件
       RFC 1191 : path MTU discovery の欺