Provided by: auto-multiple-choice-common_1.4.0-1ubuntu4_all bug

名前

       AMC-export - AMC選択式試験問題の採点結果をエクスポートする

概要

       auto-multiple-choice export --data project-data-dir --module module
                            --fich-noms students-list.csv [--noms-encodage list-encoding]
                            --o output-file

解説

       AMC-export.plコマンドは、AMC選択式試験から採点結果をエクスポートします。

       --data project-data-dir
           データファイルがあるディレクトリを指定します(AMC-meptex(1)などを参照してください)。

       --module module
           エクスポート用のモジュールを選択します。AMCの標準ディストリビューションに付属している
           モジュールは下記を参照してください。

       --fich-noms students-list.csv
           受験者名簿ファイル名を設定します。

       --noms-encodage list-encoding
           students-list.csvのエンコーディング(デフォルトはutf-8)を選択します。

       --o output-file
           出力ファイル名を指定します。

       --option-out options
           選択したモジュールのオプションをkey=valueの形式で指定します(各モジュールで使用できる
           オプションは下記を参照してください)。複数のオプションを指定する場合は、--optionを複数
           回使用してください。

       --sort sort-type
           受験者名をsort-typeに従って並べ替えます。sort-typeがlなら、並べ替えに受験者名簿の行番
           号を用います。sort-typeがmなら、並べ替えに得点(得点が等しければ受験者名)を用いま
           す。sort-typeがiなら、並べ替えに受験番号を用います。sort-typeがnなら、並べ替えに受験者
           名(等しければ名簿の行番号)を用います。

       --useall all
           allが0か空なら、スキャンした答案のある受験者のみが出力されます。allが1なら、受験者名簿
           にある全受験者が出力されます。

モジュール

   OpenDocument--module ods」とすると、OpenDocument(OpenOfficeやLibreOfficeなどで用いられる形式)が生
       成されます。以下のオプションが認識されます:

       nom
           シートの先頭に表示される試験の名称を指定します。

       code
           タブ名に使用される試験の略称を指定します。

       columns
           受験者ごとに追加するカラムのリストを設定します。デフォルト値
           はstudent.key,student.nameです。

       stats
           trueなら、設問の統計表が追加されます。

       statsindic
           trueなら、採点対象外設問の統計表が追加されます。

   CSV--module CSV」とすると、CSVファイルが生成されます。以下のオプションが認識されます:

       columns
           受験者ごとに追加するカラムのリストを設定します。デフォルト値
           はstudent.copy,student.key,student.nameです。

       decimal
           小数点(デフォルトはピリオド)を設定します。

       encodage
           出力に用いるエンコーディング(デフォルトはutf-8)を設定します。

       separateur
           カラム間の区切文字(デフォルトはカンマ)を設定します。

       entoure
           文字列を囲む文字(デフォルトは二重引用符)を指定します。

       ticked
           空でなければ、「CHECKED:」で始まる名前のカラムが追加され、各答案でどのボックスがマーク
           されているか表示されます。これは、採点をもっと柔軟に行いたい場合に、外部プログラムが
           マークされたボックスの情報を得るのに使うことができます。ボックス3と4がマークされている
           場合、01という値を指定すれば0;0;1;1;0となり、ABという値を指定すればCDとなります。

   List--module List」とすると、受験者ごとの得点の一覧がPDFファイルで生成されます。以下のオプ
       ションが認識されます:

       pagesize
           ページサイズです。デフォルト値はa4です。

       nom
           ページの先頭に表示する試験の名称を指定します。

       ncols
           カラム数です。デフォルト値は2です。

       decimal
           小数点(デフォルトはピリオド)を設定します。

著者

       Bienvenüe Alexis[FAMILY Given] <paamc@passoire.fr>
           主な著者

       Sarkar Anirvan[FAMILY Given]
           著者・編集者

       Kagotani Hiroto[FAMILY Given]
           編集者

       Bréal Frédéric[FAMILY Given]
           著者・編集者

       Bérard Jean[FAMILY Given]
           フランス語版から英語版への翻訳

       Khaznadar Georges[FAMILY Given]
           フランス語版から英語版への翻訳

       Kagotani Hiroto[FAMILY Given]
           英語版から日本語版への翻訳

製作著作

       製作著作 © 2008-2018 Alexis Bienvenüe

       この文書はGNU一般公衆利用許諾書バージョン2またはそれ以降に従って利用することができます。