Provided by: lxc-utils_3.0.3-0ubuntu1_amd64 bug

NAME

       lxc-execute - コンテナ内でのアプリケーションの実行

SYNOPSIS

       lxc-execute {-n name} [-d] [-f config_file] [-s KEY=VAL] [-- command]

説明

       lxc-execute は指定した command を、name で指定したコンテナ内で実行します。

       このコマンドは、lxc-create  コマンドであらかじめ定義した設定、もしくはパラメータとして与え
       た設定ファイルを元にコンテナをセットアップします。  もし設定が定義されていない場合、デフォ
       ルトの隔離を使用します。

       このコマンドは主に、素早く単一のアプリケーションを隔離された環境で動作させたい時に使いま
       す。

       lxc-execute は、lxc-init を間にはさんで、コンテナ内で特定のコマンドを実行します。 lxc-init
       は、指定されたコマンドが実行された後は、そのコマンドの終了と、そのコマンドから生成された全
       てのプロセスの終了を待ちます     (これにより、コンテナ内でデーモンのサポートが可能になりま
       す)。  言いかえると、コンテナ内では lxc-init が pid 1 となり、アプリケーションの最初のプロ
       セスの pid が 2 となります。

       前述の lxc-init は、受け取ったシグナルを開始したコマンドに送るように設計されています。

オプション

       -f, --rcfile config_file
              コンテナに設定したい仮想化および隔離機能の設定を行う設定ファイルを指定します。

              もしコンテナ作成前に (lxc-create によって) あらかじめ設定ファイルが指定されている場
              合であっても、指定した設定ファイルが使われます。

       -s, --define KEY=VAL
              設定変数 KEY の値を VAL に設定します。この設定は config_file で設定された値を上書き
              します。

       -d, --daemon
              コンテナをデーモンとして実行します。コンテナには TTY がありませんので、エラーが発生
              した場合は何も表示されません。エラーのチェックにはログファイルを使用すると良いで
              しょう。

       --     オプション指定の最後の印で、それ以上のオプションの処理を止めます。 --  の後の引数は
              実行する command の引数として扱われます。

              このオプションは、command   にオプションを指定したいときに、lxc-execute  がそのオプ
              ションを読み取ってほしくないときに役に立ちます。

共通オプション

       ここで紹介するオプションは lxc コマンドの大部分で共通のものです。

       -?, -h, --help
              通常より長い使い方のメッセージを表示します。

       --usage
              使い方を表示します。

       -q, --quiet
              出力を抑制します。

       -P, --lxcpath=PATH
              デフォルトと別のコンテナパスを使用します。デフォルトは /var/lib/lxc です。

       -o, --logfile=FILE
              追加のログを FILE に出力します。デフォルトは出力しません。

       -l, --logpriority=LEVEL
              ログの優先度を LEVEL に設定します。デフォルトの優先度は ERROR  です。以下の値を設定
              可能です: FATAL, CRIT, WARN, ERROR, NOTICE, INFO, DEBUG。

              このオプションは追加のログファイルへのイベントログの優先度の設定である事に注意して
              ください。stderr への ERROR イベントのログには影響しません。

       -n, --name=NAME
              NAME という名前でコンテナを識別します。コンテナ識別子のフォーマットは英数字の文字列
              です。

       --rcfile=FILE
              コンテナの仮想化、隔離機能の設定のための設定ファイルを指定します。

              (lxc-create   経由で)  前もってコンテナが作られた際の設定ファイルが既にあった場合で
              も、このオプションが指定された場合は、指定した設定ファイルが使用されます。

       --version
              バージョン番号を表示します。

診断

       The container is busy
              指定したコンテナが既にアプリケーションを実行中の場合。コンテナを再使用したり、新し
              く作成する前にコンテナを止める必要があります。

SEE ALSO

       lxc(7),   lxc-create(1),  lxc-copy(1),  lxc-destroy(1),  lxc-start(1),  lxc-stop(1),  lxc-
       execute(1), lxc-console(1), lxc-monitor(1), lxc-wait(1),  lxc-cgroup(1),  lxc-ls(1),  lxc-
       info(1), lxc-freeze(1), lxc-unfreeze(1), lxc-attach(1), lxc.conf(5)

作者

       Daniel Lezcano <daniel.lezcano@free.fr>

                                            2018-11-23                             lxc-execute(1)