Provided by: lxc-utils_3.0.3-0ubuntu1_amd64 bug

NAME

       lxc-ls - システム上に存在するコンテナのリスト表示

SYNOPSIS

       lxc-ls [-1] [--active] [--frozen] [--running] [--stopped] [--defined] [-f] [-F format] [-g
              groups] [--nesting=NUM] [--filter=regex]

説明

       lxc-ls はシステム上に存在するコンテナをリスト表示します。

オプション

       -1     1 行に 1 エントリ表示します。(/dev/stdout が tty でない場合のデフォルト)

       --active
              アクティブなコンテナのみリスト表示します。(--frozen --running と同じです)

       --frozen
              凍結 (frozen) 状態のコンテナのみをリスト表示します。

       --running
              実行 (running) 状態のコンテナのみをリスト表示します。

       --stopped
              停止状態のコンテナのみをリスト表示します。

       --defined
              定義済みのコンテナ (設定ファイルが存在するコンテナ) のみを表示します。

       -f,--fancy
              装飾付きのカラムベースの出力を使用します。

       -F,--fancy-format format
              装飾付き出力で表示するカラムのコンマ区切りのリスト。デフォルトで表示される項目と指
              定可能な項目名は --help オプションで確認してください。

       -g,--groups groups
              表示させるコンテナグループのコンマ区切りのリスト。このオプションは複数回指定するこ
              ともできます。

       --nesting=NUM
              ネストしたコンテナを表示します。引数として数字を指定することで、表示するネストのレ
              ベルを指定できます。

       --filter=regex
              lxc-ls  に与える、コンテナ名に対して適用する正規表現です。フォーマットは POSIX 拡張
              正規表現です。--filter を明示的に使わずに、追加の引数として与えることもできます。

       lxc-ls --fancy
              全てのコンテナをリスト表示します。    一行にはコンテナの名前、状態、IPv4     アドレ
              ス、IPv6 アドレスが表示されます。

       lxc-ls --active -1
              稼働中のコンテナを一列にリスト表示します。

共通オプション

       ここで紹介するオプションは lxc コマンドの大部分で共通のものです。

       -?, -h, --help
              通常より長い使い方のメッセージを表示します。

       --usage
              使い方を表示します。

       -q, --quiet
              出力を抑制します。

       -P, --lxcpath=PATH
              デフォルトと別のコンテナパスを使用します。デフォルトは /var/lib/lxc です。

       -o, --logfile=FILE
              追加のログを FILE に出力します。デフォルトは出力しません。

       -l, --logpriority=LEVEL
              ログの優先度を  LEVEL に設定します。デフォルトの優先度は ERROR です。以下の値を設定
              可能です: FATAL, CRIT, WARN, ERROR, NOTICE, INFO, DEBUG。

              このオプションは追加のログファイルへのイベントログの優先度の設定である事に注意して
              ください。stderr への ERROR イベントのログには影響しません。

       -n, --name=NAME
              NAME という名前でコンテナを識別します。コンテナ識別子のフォーマットは英数字の文字列
              です。

       --rcfile=FILE
              コンテナの仮想化、隔離機能の設定のための設定ファイルを指定します。

              (lxc-create  経由で)   前もってコンテナが作られた際の設定ファイルが既にあった場合で
              も、このオプションが指定された場合は、指定した設定ファイルが使用されます。

       --version
              バージョン番号を表示します。

SEE ALSO

       lxc(7),   lxc-create(1),  lxc-copy(1),  lxc-destroy(1),  lxc-start(1),  lxc-stop(1),  lxc-
       execute(1), lxc-console(1), lxc-monitor(1), lxc-wait(1),  lxc-cgroup(1),  lxc-ls(1),  lxc-
       info(1), lxc-freeze(1), lxc-unfreeze(1), lxc-attach(1), lxc.conf(5)

履歴

       元は  Daniel  Lezcano  と  Serge Hallyn によりシェルスクリプトとして書かれていました。のち
       に、Stéphane Graber が Python で再実装し、拡張しました。その後、Christian Brauner が C  で
       再実装し、拡張しました。

作者

       Christian Brauner <christian.brauner@mailbox.org>, Stéphane Graber <stgraber@ubuntu.com>

                                            2018-11-23                                  lxc-ls(1)