Provided by: mkvtoolnix_35.0.0-2_amd64 bug

名前

       mkvextract - Matroska ファイルから、他の形式のファイルを抽出する

書式

       mkvextract {source-filename} {mode1} [options] [extraction-spec1] [mode2] [options]
                  [extraction-spec2] [...]

説明

       This program extracts specific parts from a Matroska file to other useful formats. The
       first argument is the name of the source file which must be a Matroska file.

       All other arguments either switch to a certain extraction mode, change options for the
       currently active mode or specify what to extract into which file. Multiple modes can be
       used in the same invocation of mkvextract allowing the extraction of multiple things in a
       single pass. Most options can only be used in certain modes with a few options applying to
       all modes.

       Currently supported is the extraction of tracks, tags, attachments, chapters, CUE sheets,
       timestamps and cues.

   共通オプション
       以下のオプションは、全てのmodeで使用できるので、このセクションで一括して説明します。

       -f, --parse-fully
           解析モードを'full'に設定します。デフォルトのモードでは、ソースファイルの必要な要素を見
           つけるのにファイル全体を解析せずにメタシーク要素を使用します。99%のケースではこれで十
           分ですが、メタシーク要素が含まれていなかったり壊れていたりするファイルにはこのモードを
           使用しなければならないかもしれません。高速スキャンが数秒しかかからないのに対して、ファ
           イルをフルスキャンするのには数分かかることがあります。

       --command-line-charset character-set
           コマンドライン文字列の文字コードを指定します。デフォルトは、システムの現在のロケールの
           文字コードになります。

       --output-charset character-set
           出力する文字コードを指定します。デフォルトは、システムの現在のロケールの文字コードにな
           ります。

       -r, --redirect-output file-name
           全てのメッセージを、コンソールではなくfile-nameに書き出します。出力をリダイレクトする
           ことで同じことが容易に可能ですが、このオプションが必要になることもあります。ターミナル
           が出力を、ファイルに書き出す前に処理してしまう場合などです。--output-charsetによって指
           定された文字コードは尊重されます。

       --flush-on-close
           Tells the program to flush all data cached in memory to storage when closing files
           opened for writing. This can be used to prevent data loss on power outages or to
           circumvent certain problems in the operating system or drivers. The downside is that
           multiplexing will take longer as mkvmerge will wait until all data has been written to
           the storage before exiting. See issues #2469 and #2480 on the MKVToolNix bug tracker
           for in-depth discussions on the pros and cons.

       --ui-language code
           Forces the translations for the language code to be used (e.g. 'de_DE' for the German
           translations). Entering 'list' as the code will cause the program to output a list of
           available translations.

       --abort-on-warnings
           Tells the program to abort after the first warning is emitted. The program's exit code
           will be 1.

       --debug topic
           特定の機能のデバッグをオンにします。このオプションは開発者にのみ有用です。

       --engage feature
           実験的機能をオンにします。利用可能な機能のリストは mkvextract --engage listで得られま
           す。これらの機能は通常の状況で使用されることを意図されていません。

       --gui-mode
           Turns on GUI mode. In this mode specially-formatted lines may be output that can tell
           a controlling GUI what's happening. These messages follow the format '#GUI#message'.
           The message may be followed by key/value pairs as in
           '#GUI#message#key1=value1#key2=value2...'. Neither the messages nor the keys are ever
           translated and always output in English.

       -v, --verbose
           出力が冗長になり、Matroskaのエレメントにとって重要なこと全てを、読み込まれるつどに表示
           していきます。

       -h, --help
           コマンド書式情報を出力して終了します。

       -V, --version
           バージョン情報を出力して終了します。

       @options-file.json
           Reads additional command line arguments from the file options-file. For a full
           explanation on the supported formats for such files see the section called "Option
           files" in the mkvmerge(1) man page.

   トラック抽出モード
       Syntax: mkvextract source-filename tracks [options] TID1:dest-filename1
       [TID2:dest-filename2 ...]

       以下のコマンドラインオプションは、トラック抽出モードでは各トラック毎に指定することができま
       す。これらのオプションは、作用するトラック指定子(下記参照)の前に指定しなければなりません。

       -c character-set
           直後の字幕トラックの出力文字コードを指定します。直後のトラックIDが指すのが、字幕トラッ
           クのときのみ有効です。デフォルトはUTF-8になります。

       --blockadd level
           このレベルまでのBlockAdditionを保持します。デフォルトでは全て保持します。このオプショ
           ンは、WAVPACK4などの特定のコーデックにのみ有効です。

       --cuesheet
           mkvextract(1)に、直後のトラックのチャプタ情報とタグデータからCUEシートを生成します。出
           力ファイルの名前はトラックの出力名に'.cue'をつけたものになります。

       --raw
           コンテナ情報を含まない、rawデータをファイルに抽出します。--fullrawフラグとは違い、この
           フラグはCodecPrivate要素の内容はファイルに書き出しません。このモード
           は、mkvextract(1)がサポートしないものも含めて全てのCodecIDで使用できますが、出力された
           ファイルは使用できないかもしれません。

       --fullraw
           コンテナ情報を含まない、rawデータをファイルに抽出します。トラックがCodecPrivate要素の
           ヘッダ情報を含む場合、その内容はファイルの先頭に書き出されます。このモード
           は、mkvextract(1)がサポートしないCodecIDにも使用できますが、出力されたファイルは使用で
           きないかもしれません。

       TID:outname
           IDがTIDであるトラックがソースファイルに存在すれば、outnameに抽出します。このオプション
           は複数回指定できます。トラックIDは、mkvmerge(1)に--identifyを指定して実行した際の出力
           に表示されるものと同じです。

           各出力ファイル名は一回しか使用されません。RealAudio及びRealVideoトラックは例外です。も
           し、異なるトラックに同じファイル名が指定された場合、それらは同一のファイルに保存されま
           す。例:

               $ mkvextract input.mkv tracks 0:video.h264 2:output-two-vobsub-tracks.idx 3:output-two-vobsub-tracks.idx

   添付ファイル抽出モード
       Syntax: mkvextract source-filename attachments [options] AID1:outname1 [AID2:outname2 ...]

       AID:outname
           IDがAIDである添付ファイルがもしソースファイルに存在すれば抽出します。outnameが指定され
           ない場合、Matroskaに格納された添付ファイルの名前が使用されます。このオプションは複数回
           指定できます。添付ファイルIDは、mkvmerge(1)に--identifyオプションを指定したときに出力
           されるものと同じです。

   チャプタ抽出モード
       Syntax: mkvextract source-filename chapters [options] output-filename.xml

       -s, --simple
           チャプタ情報をOGM toolsで使用される、シンプルフォーマット(CHAPTER01=...,
           CHAPTER01NAME=...)で出力します。このモードでは、一部の情報は破棄されます。デフォルトで
           は、チャプタはXMLフォーマットで出力されます。

       --simple-language language
           If the simple format is enabled then mkvextract(1) will only output a single entry for
           each chapter atom encountered even if a chapter atom contains more than one chapter
           name. By default mkvextract(1) will use the first chapter name found for each atom
           regardless of its language.

           Using this option allows the user to determine which chapter names are output if atoms
           contain more than one chapter name. The language parameter must be an ISO 639-1 or ISO
           639-2 code.

       The chapters are written to specified output file. By default the XML format understood by
       mkvmerge(1) is used. If no chapters are found in the file, the output file is not created.

   タグ抽出モード
       Syntax: mkvextract source-filename tags [options] output-filename.xml

       The tags are written to specified output file in the XML format understood by mkvmerge(1).
       If no tags are found in the file, the output file is not created.

   CUEシート抽出モード
       Syntax: mkvextract source-filename cuesheet [options] output-filename.cue

       The cue sheet is written to specified output file. If no chapters or tags are found in the
       file, the output file is not created.

   タイムコード抽出モード
       Syntax: mkvextract source-filename timestamps_v2 [options] TID1:dest-filename1
       [TID2:dest-filename2 ...]

       TID:outname
           IDがTIDであるトラックがソースファイルに存在すれば、タイムコードをoutnameに抽出しま
           す。このオプションは複数回指定できます。トラックIDは、mkvmerge(1)に--identifyを指定し
           て実行した際の出力に表示されるものと同じです。

           例:

               $ mkvextract input.mkv timestamps_v2 1:ts-track1.txt 2:ts-track2.txt

   Cues extraction mode
       Syntax: mkvextract source-filename cues [options] TID1:dest-filename1 [TID2:dest-filename2
       ...]

       TID:dest-filename
           Causes extraction of the cues for the track with the ID TID into the file outname if
           such a track exists in the source file. This option can be given multiple times. The
           track IDs are the same as the ones output by mkvmerge(1)'s --identify option and not
           the numbers contained in the CueTrack element.

       The format output is a simple text format: one line per CuePoint element with key=value
       pairs. If an optional element is not present in a CuePoint (e.g.  CueDuration) then a dash
       will be output as the value.

       例:

           timestamp=00:00:13.305000000 duration=- cluster_position=757741 relative_position=11

       The possible keys are:

       timestamp
           The cue point's timestamp with nanosecond precision. The format is HH:MM:SS.nnnnnnnnn.
           This element is always set.

       duration
           The cue point's duration with nanosecond precision. The format is HH:MM:SS.nnnnnnnnn.

       cluster_position
           The absolute position in bytes inside the Matroska file where the cluster containing
           the referenced element starts.

               注記
               Inside the Matroska file the CueClusterPosition is relative to the segment's data
               start offset. The value output by mkvextract(1)'s cue extraction mode, however,
               contains that offset already and is an absolute offset from the beginning of the
               file.

       relative_position
           The relative position in bytes inside the cluster where the BlockGroup or SimpleBlock
           element the cue point refers to starts.

               注記
               Inside the Matroska file the CueRelativePosition is relative to the cluster's data
               start offset. The value output by mkvextract(1)'s cue extraction mode, however, is
               relative to the cluster's ID. The absolute position inside the file can be
               calculated by adding cluster_position and relative_position.

       例:

           $ mkvextract input.mkv cues 1:cues-track1.txt 2:cues-track2.txt

       Extracting both chapters and tags in their respective XML formats at the same time:

           $ mkvextract movie.mkv chapters movie-chapters.xml tags movie-tags.xml

       Extracting a couple of tracks and their respective timestamps at the same time:

           $ mkvextract "Another Movie.mkv" tracks 0:video.h265 "1:main audio.aac" "2:director's comments.aac" timestamps_v2 "0:timestamps video.txt" "1:timestamps main audio.txt" "2:timestamps director's comments.txt"

       Extracting chapters in the Ogg/OGM format and re-encoding a text subtitle track to another
       character set:

           $ mkvextract "My Movie.mkv" chapters --simple "My Chapters.txt" tracks -c MS-ANSI "2:My Subtitles.srt"

テキストファイルと文字コード変換

       For an in-depth discussion about how all tools in the MKVToolNix suite handle character
       set conversions, input/output encoding, command line encoding and console encoding please
       see the identically-named section in the mkvmerge(1) man page.

出力ファイルフォーマット

       出力ファイルのフォーマットの決定は、トラックの種類によって決まり、出力ファイル名の拡張子は
       使用されません。現在、以下の種類のトラックがサポートされています。

       A_AAC/MPEG2/*, A_AAC/MPEG4/*, A_AAC
           全てのAACファイルは、ADTSヘッダを各パケットの前に追加されたうえでAACファイルに書き出さ
           れます。ADTSヘッダは、廃止予定であるエンファシスフィールドを含みません。

       A_AC3, A_EAC3
           These will be extracted to raw AC-3 files.

       A_ALAC
           ALAC tracks are written to CAF files.

       A_DTS
           These will be extracted to raw DTS files.

       A_FLAC
           FLAC tracks are written to raw FLAC files.

       A_MPEG/L2
           MPEG-1 Audio Layer II streams will be extracted to raw MP2 files.

       A_MPEG/L3
           These will be extracted to raw MP3 files.

       A_OPUS
           Opus tracks are written to OggOpus files.

       A_PCM/INT/LIT, A_PCM/INT/BIG
           Raw PCM data will be written to a WAV file. Big-endian integer data will be converted
           to little-endian data in the process.

       A_REAL/*
           RealAudioトラックはRealMediaファイルに書き出されます。

       A_TRUEHD, A_MLP
           These will be extracted to raw TrueHD/MLP files.

       A_TTA1
           TrueAudioトラックはTTAファイルに書き出されます。Matroskaのタイムコード精度の上限のた
           め、抽出されたファイルのヘッダは、data_lengthフィールド(ファイルに含まれる総サンプル
           数)とCRCについては不正確になります。

       A_VORBIS
           Vorbis audioはOggVorbisファイルに書き出されます。

       A_WAVPACK4
           WavPack tracks are written to WV files.

       S_HDMV/PGS
           PGS subtitles will be written as SUP files.

       S_HDMV/TEXTST
           TextST subtitles will be written as a special file format invented for mkvmerge(1) and
           mkvextract(1).

       S_KATE
           KateストリームはOggコンテナに格納されます。

       S_TEXT/SSA, S_TEXT/ASS, S_SSA, S_ASS
           SSA及びASSテキスト字幕は、それぞれSSA、ASSファイルに書き出されます。

       S_TEXT/UTF8, S_TEXT/ASCII
           シンプル・テキスト字幕はSRTファイルに書き出されます。

       S_VOBSUB
           VobSub subtitles will be written as SUB files along with the respective index files,
           as IDX files.

       S_TEXT/USF
           USF text subtitles will be written as USF files.

       S_TEXT/WEBVTT
           WebVTT text subtitles will be written as WebVTT files.

       V_MPEG1, V_MPEG2
           MPEG-1 and MPEG-2 video tracks will be written as MPEG elementary streams.

       V_MPEG4/ISO/AVC
           H.264/AVCビデオトラックは、H.264エレメンタリ・ストリームに書き出されます。これは例え
           ばGPACパッケージに含まれる、MP4Boxなどにより処理できます。

       V_MPEG4/ISO/HEVC
           H.265 / HEVC video tracks are written to H.265 elementary streams which can be
           processed further with e.g.  MP4Box from the GPAC package.

       V_MS/VFW/FOURCC
           このCodecIDをもつ、固定FPSビデオトラックはAVIファイルに書き出されます。

       V_REAL/*
           RealVideoトラックは、RealMediaファイルに書き出されます。

       V_THEORA
           Theora streams will be written within an Ogg container

       V_VP8, V_VP9
           VP8 / VP9 tracks are written to IVF files.

       タグ
           タグは、XMLフォーマットに変換されます。このフォーマットはmkvmerge(1)でタグを読み込む際
           のフォーマットと同じです。

       添付ファイル
           添付ファイルはそのままの形式で出力ファイルに書き出されます。変換等の処理は全く行われま
           せん。

       チャプタ
           チャプタはXMLフォーマットに変換されます。このフォーマットはmkvmerge(1)がチャプタを読み
           込む際のフォーマットと同じです。他にも、簡略化されたOGMスタイルのフォーマットで出力す
           ることもできます。

       タイムコード
           タイムコードはまず整列された後に、mkvmerge(1)で読み込むことのできる timestamp v2 形式
           に準拠するファイルに書き出されます。他の形式(v1, v3, v4)への抽出はサポートされていませ
           ん。

返り値

       mkvextract(1)は下の3つの返り値を返します。

       ·   0 -- この返り値は抽出が成功したことを意味します。

       ·   1 -- この返り値は、一つ以上の警告が出力されましたが、抽出が続行されたことを意味しま
           す。警告は '警告:' という文字列を先頭につけて出力されます。出力ファイルが無事であるか
           どうかは、場合によります。出力ファイルを確認することを強く推奨します。

       ·   2 -- この返り値は、エラーが発生し、エラーメッセージを出力した後にmkvextract(1)が処理を
           中断したことを示します。エラーメッセージは不正なコマンドラインやファイルI/Oエラー、壊
           れたファイルなど様々です。

環境変数

       mkvextract(1)はシステムのロケールを決めるデフォルトの変数(例:LANGLC_*系)を使用しま
       す。追加の変数は以下の通りです:

       MKVEXTRACT_DEBUG, MKVTOOLNIX_DEBUG and its short form MTX_DEBUG
           その内容は、あたかも--debugオプション経由で渡されたかのように扱われます。

       MKVEXTRACT_ENGAGE, MKVTOOLNIX_ENGAGE and its short form MTX_ENGAGE
           その内容は、あたかも--engageオプション経由で渡されたかのように扱われます。

関連項目

       mkvmerge(1), mkvinfo(1), mkvpropedit(1), mkvtoolnix-gui(1)

ウェブ

       最新のバージョンは、常時MKVToolNixのホームページ[1]から取得できます。

著者

       Bunkus Moritz[FAMILY Given] <moritz@bunkus.org>
           開発者

注記

        1. MKVToolNixのホームページ
           https://mkvtoolnix.download/