Provided by: libguestfs-tools_1.40.2-2ubuntu2_amd64 bug

名前

       virt-format - ディスクの消去および空のディスクの作成

書式

        virt-format [--options] -a disk.img [-a disk.img ...]

説明

       Virt-format takes an existing disk file (or it can be a host partition, LV etc), erases
       all data on it, and formats it as a blank disk.  It can optionally create partition
       tables, empty filesystems, logical volumes and more.

       To create a disk containing data, you may be better to use virt-make-fs(1).  If you are
       creating a blank disk to use in guestfish(1), you should instead use the guestfish -N
       option.

       通常の使用方法はこのようになります:

        virt-format -a disk.qcow

       または、このようになります:

        virt-format -a /dev/VG/LV

       disk.qcow or /dev/VG/LV must exist already.  Any data on these disks will be erased by
       these commands.  These commands will create a single empty partition covering the whole
       disk, with no filesystem inside it.

       Additional parameters can be used to control the creation of partitions, filesystems, etc.
       The most commonly used options are:

       --filesystem=[ext3|ntfs|vfat|...]
           Create an empty filesystem ("ext3", "ntfs" etc) inside the partition.

       --lvm[=/dev/VG/LV]
           Create a Linux LVM2 logical volume on the disk.  When used with --filesystem, the
           filesystem is created inside the LV.

       For more information about these and other options, see "OPTIONS" below.

       The format of the disk is normally auto-detected, but you can also force it by using the
       --format option (q.v.).  In situations where you do not trust the existing content of the
       disk, then it is advisable to use this option to avoid possible exploits.

オプション

       --help
           簡単なヘルプを表示します。

       -a file
       --add file
           ファイル、ディスクイメージ、ホストのパーティション、論理ボリューム、外部 USB ディスク
           などを追加します。

           ディスクイメージの形式は自動検知されます。 これを上書きして強制的に特定の形式を使用す
           る場合、 --format=.. オプションを使用します。

           ディスクにある既存のデータはすべて削除されます。

       -a URI
       --add URI
           リモートディスクを追加します。 "リモートストレージの追加" in guestfish(1) 参照。

       --filesystem=ext3|ntfs|vfat|...
           Create an empty filesystem of the specified type.  Many filesystem types are supported
           by libguestfs.

       --filesystem=none
           ファイルシステムを作成しません。  これがデフォルトです。

       --format=raw|qcow2|..
       --format
           -a オプションは標準状態でディスクイメージの形式を自動検知します。 これを使用することに
           より、コマンドラインで後続の -a オプションのディスク形式を強制的に指定できます。 引数
           なしで --format を使用することにより、 後続の -a オプションに対して自動検知に戻せま
           す。

           例:

            virt-format --format=raw -a disk.img

           forces raw format (no auto-detection) for disk.img.

            virt-format --format=raw -a disk.img --format -a another.img

           forces raw format (no auto-detection) for disk.img and reverts to auto-detection for
           another.img.

           仮想マシンのディスクイメージが信頼できない raw 形式である場合、 ディスク形式を指定する
           ためにこのオプションを使用すべきです。 これにより、悪意のある仮想マシンにより起こり得
           る セキュリティ問題を回避できます (CVE-2010-3851)。

       --label=LABEL
           Set the filesystem label.

       --lvm=/dev/VG/LV
           Create a Linux LVM2 logical volume called /dev/VG/LV.  You can change the name of the
           volume group and logical volume.

       --lvm
           Create a Linux LVM2 logical volume with the default name (/dev/VG/LV).

       --lvm=none
           論理ボリュームを作成しません。  これがデフォルトです。

       --partition
           ディスク全体をカバーする MBR または GPT パーティションを作成します。ディスク容量が < 2
           TB ならば MBR が選択されます。容量が ≥ 2 TB ならば GPT が選択されます。

           これがデフォルトです。

       --partition=gpt
           GPT パーティションを作成します。

       --partition=mbr
           MBR パーティションを作成します。

       --partition=none
           パーティションテーブルを作成しません。Windows はこれらのディスクを認識できないかもしれ
           ないことに注意してください。

       -v
       --verbose
           デバッグ用の冗長なメッセージを有効にします。

       -V
       --version
           バージョン番号を表示して、終了します。

       --wipe
           Normally virt-format does not wipe data from the disk (because that takes a long
           time).  Thus if there is data on the disk, it is only hidden and partially overwritten
           by virt-format, and it might be recovered by disk editing tools.

           If you use this option, virt-format writes zeroes over the whole disk so that previous
           data is not recoverable.

       -x  libguestfs API 呼び出しのトレースを有効にします。

終了ステータス

       このプログラムは、成功すると 0、失敗すると 1 を返します。

関連項目

       guestfs(3), guestfish(1), virt-filesystems(1), virt-make-fs(1), virt-rescue(1),
       virt-resize(1), http://libguestfs.org/.

著者

       Richard W.M. Jones http://people.redhat.com/~rjones/

COPYRIGHT

       Copyright (C) 2012 Red Hat Inc.

LICENSE

BUGS

       To get a list of bugs against libguestfs, use this link:
       https://bugzilla.redhat.com/buglist.cgi?component=libguestfs&product=Virtualization+Tools

       To report a new bug against libguestfs, use this link:
       https://bugzilla.redhat.com/enter_bug.cgi?component=libguestfs&product=Virtualization+Tools

       When reporting a bug, please supply:

       ·   The version of libguestfs.

       ·   Where you got libguestfs (eg. which Linux distro, compiled from source, etc)

       ·   Describe the bug accurately and give a way to reproduce it.

       ·   Run libguestfs-test-tool(1) and paste the complete, unedited output into the bug
           report.