Provided by: libguestfs-tools_1.40.2-2ubuntu6_amd64 bug

名前

       virt-log - Display log files from a virtual machine

書式

        virt-log [--options] -d domname

        virt-log [--options] -a disk.img [-a disk.img ...]

説明

       "virt-log" is a command line tool to display the log files from the named virtual machine
       (or disk image).

       This tool understands and displays both plain text log files (eg. /var/log/messages) and
       binary formats such as the systemd journal.

       To display other types of files, use virt-cat(1).  To follow (tail)  text log files, use
       virt-tail(1).  To copy files out of a virtual machine, use virt-copy-out(1).  To display
       the contents of the Windows Registry, use virt-win-reg(1).

       Display the complete logs from a guest:

        virt-log -d mydomain | less

       仮想マシンが取得している DHCP IP アドレスを発見するには:

        virt-log -d mydomain | grep 'dhclient.*bound to'

オプション

       --help
           簡単なヘルプを表示します。

       -a file
       --add file
           Add file which should be a disk image from a virtual machine.  If the virtual machine
           has multiple block devices, you must supply all of them with separate -a options.

           ディスクイメージの形式は自動検知されます。 これを上書きして強制的に特定の形式を使用す
           る場合、 --format=.. オプションを使用します。

       -a URI
       --add URI
           リモートディスクを追加します。 "リモートストレージの追加" in guestfish(1) 参照。

       -c URI
       --connect URI
           libvirt を使用していると、指定された URI に接続します。  省略すると、デフォルトの
           libvirt ハイパーバイザーに接続します。

           ゲストのブロックデバイスを直接指定していると((-a))、libvirt は何も使用されません。

       -d guest
       --domain guest
           名前付きの libvirt 仮想マシンからすべてのディスクを追加します。  名前の代わりに仮想マ
           シンの UUID を使用できます。

       --echo-keys
           When prompting for keys and passphrases, virt-log normally turns echoing off so you
           cannot see what you are typing.  If you are not worried about Tempest attacks and
           there is no one else in the room you can specify this flag to see what you are typing.

       --format=raw|qcow2|..
       --format
           -a オプションは標準状態でディスクイメージの形式を自動検知します。 これを使用することに
           より、コマンドラインで後続の -a オプションのディスク形式を強制的に指定できます。 引数
           なしで --format を使用することにより、 後続の -a オプションに対して自動検知に戻せま
           す。

           例:

            virt-log --format=raw -a disk.img

           forces raw format (no auto-detection) for disk.img.

            virt-log --format=raw -a disk.img --format -a another.img

           forces raw format (no auto-detection) for disk.img and reverts to auto-detection for
           another.img.

           仮想マシンのディスクイメージが信頼できない raw 形式である場合、 ディスク形式を指定する
           ためにこのオプションを使用すべきです。 これにより、悪意のある仮想マシンにより起こり得
           る セキュリティ問題を回避できます (CVE-2010-3851)。

       --key SELECTOR
           Specify a key for LUKS, to automatically open a LUKS device when using the inspection.
           "SELECTOR" can be in one of the following formats:

           --key "DEVICE":key:KEY_STRING
               Use the specified "KEY_STRING" as passphrase.

           --key "DEVICE":file:FILENAME
               Read the passphrase from FILENAME.

       --keys-from-stdin
           Read key or passphrase parameters from stdin.  The default is to try to read
           passphrases from the user by opening /dev/tty.

       -v
       --verbose
           デバッグ用の冗長なメッセージを有効にします。

       -V
       --version
           バージョン番号を表示して、終了します。

       -x  libguestfs API 呼び出しのトレースを有効にします。

終了ステータス

       このプログラムは、成功すると 0 を、エラーがあると 0 以外を返します。

関連項目

       guestfs(3), guestfish(1), virt-cat(1), virt-copy-out(1), virt-tail(1), virt-tar-out(1),
       virt-win-reg(1), http://libguestfs.org/.

著者

       Richard W.M. Jones http://people.redhat.com/~rjones/

COPYRIGHT

       Copyright (C) 2010-2019 Red Hat Inc.

LICENSE

BUGS

       To get a list of bugs against libguestfs, use this link:
       https://bugzilla.redhat.com/buglist.cgi?component=libguestfs&product=Virtualization+Tools

       To report a new bug against libguestfs, use this link:
       https://bugzilla.redhat.com/enter_bug.cgi?component=libguestfs&product=Virtualization+Tools

       When reporting a bug, please supply:

       ·   The version of libguestfs.

       ·   Where you got libguestfs (eg. which Linux distro, compiled from source, etc)

       ·   Describe the bug accurately and give a way to reproduce it.

       ·   Run libguestfs-test-tool(1) and paste the complete, unedited output into the bug
           report.