Provided by: manpages-ja-dev_0.5.0.0.20180315+dfsg-1_all bug

名前

       mkdtemp - 他と重ならない一時的なディレクトリを作成する

書式

       #include <stdlib.h>

       char *mkdtemp(char *template);

   glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7)  参照):

       mkdtemp():
           _BSD_SOURCE
           || /* Since glibc 2.10: */
               (_POSIX_C_SOURCE >= 200809L || _XOPEN_SOURCE >= 700)

説明

       mkdtemp()    関数は、他と重ならない名前の一時的なディレクトリを   template  から作成する。
       template の後から 6 文字は XXXXXX でなければならない。  この部分はディレクトリ名を他と重な
       らなくするための 文字列で置き換えられる。 ディレクトリは許可属性を 0700 として作成される。
       template は変更されるので、文字列定数にしてはならず、文字配列にすべきである。

返り値

       成功した場合、 mkdtemp()  関数は 変更された template 文字列へのポインターを返す。 失敗した
       場合は、NULL を返して、 errno を適切に設定する。

エラー

       EINVAL template の最後の 6 文字が XXXXXX でない。この場合、template は変更されない。

       errno に設定される他の値については、 mkdir(2)  を参照すること。

バージョン

       glibc 2.1.91 以降で利用可能。

属性

   マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)
       関数 mkdtemp() はスレッドセーフである。

準拠

       POSIX.1-2008.  この関数は BSD に存在する。

関連項目

       mkdir(2), mkstemp(3), mktemp(3), tempnam(3), tmpfile(3), tmpnam(3)

この文書について

       この  man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクト
       の説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。