Provided by: dpkg-dev_1.19.6ubuntu1_all bug

名前

       deb-old - 旧 Debian バイナリパッケージ形式

書式

       filename.deb

説明

       .deb 形式は Debian バイナリパッケージのファイル形式である。このマニュアルでは、Debian 0.93
       以前に使用されていた 形式について説明する。新しい形式の詳細については deb(5)  を参照のこ
       と。

フォーマット

       ファイルには  2  行の  ASCII  テキストによる形式情報があり、それに  2 つの gzip 圧縮された
       ustar ファイルが続く。

       1 行目は 8 桁にそろえた形式のバージョン番号であり、旧形式のアーカイブはすべて 0.939000  で
       ある。

       2  行目はひとつ目の gzip 圧縮 tar ファイルの大きさを意味する (0 から始まらない) 十進数の数
       値文字列である。

       それぞれの行の終わりには改行文字がひとつ置かれる。

       1 番目の tar  ファイルは、制御情報を含む幾つかの平文ファイルからなる。中核となる制御情報を
       含む control ファイルは必須である。

       In  some very old archives, the files in the control tarfile may optionally be in a DEBIAN
       subdirectory. In that case, the DEBIAN subdirectory will be in the  control  tarfile  too,
       and  the  control  tarfile  will have only files in that directory. Optionally the control
       tarfile may contain an entry for ‘.’, that is, the current directory.

       2 番目の gzip 圧縮 tar  ファイルはインストールされるファイルのアーカイブであり、インストー
       ルされるシステムのルートディレクトリからの相対パス名が格納されている。パス名の先頭にスラッ
       シュ(/)はない。

関連項目

       deb(5), dpkg-deb(1), deb-control(5).

翻訳者

       高橋 基信 <monyo@monyo.com>.  喜瀬 浩 <kise@fuyuneko.jp>.  関戸  幸一  <sekido@mbox.kyoto-
       inet.or.jp>.   鍋谷  栄展  <nabe@debian.or.jp>.  倉澤 望 <nabetaro@debian.or.jp>.  石川 睦
       <ishikawa@linux.or.jp>.      鵜飼      文敏      <ukai@debian.or.jp>.       中野      武雄
       <nakano@apm.seikei.ac.jp>.

翻訳校正

       Debian JP Documentation ML <debian-doc@debian.or.jp>.