Provided by: manpages-ja_0.5.0.0.20180315+dfsg-1_all bug

名前

       shells - ログインシェルとして有効なファイルのパス名

説明

       /etc/shells  はログインシェルとして有効なファイルのフルパスが書かれた テキストファイルであ
       る。 chsh(1) はこのファイルを参照する。 他のプログラムもこのファイルを参照できる。

       注意して欲しいのだが、プログラムによっては、  ユーザーが通常のユーザーかどうかを判断する際
       に、このファイルの内容を参考にすることがある。例えば  FTP デーモンは、ログインシェルがこの
       ファイルに書かれていないユーザーからのアクセスを許さないのが以前から一般的である。

ファイル

       /etc/shells

       /etc/shells には以下のようなパスが含まれているだろう。

              /bin/sh
              /bin/bash
              /bin/csh

関連項目

       chsh(1), getusershell(3)

この文書について

       この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部  である。プロジェクト
       の説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。

                                            2012-12-31                                  SHELLS(5)