Provided by: timidity_2.14.0-8_amd64 bug

名前

       timidity.cfg - TiMidity++ の設定ファイル

説明

       timidity.cfg は,timidity(1) の実行時の様々な設定を行うための設定 ファイルです。音色データ
       の置き場所,音色自体の設定,その他諸々を設定す ることができます。
       TiMidity++ は,起動時にコマンドラインオプションを見る前に, timidity.cfg  を探索します。こ
       のファイルにアクセスできない場合,ま  たライブラリパスがコマンドラインで  -L  オプションに
       よって変更され ている場合は,すべてのオプションを見た後に,新しいライブラリパスに従っ てデ
       フォルトファイルを(-c オプションで別の設定ファイルが指定され ていないならば)再探索します。
       設定ファイルは,MIDI  プログラムのインスツルメントファイルへのマッピング  を定義します。も
       し,複数のファイルが指定された場合には,後に読み込まれ  た設定によって前の設定が上書きされ
       ます。

変数

       ドル記号  `$' に続けて英数字やアンダースコア `_' が続いている場合,その 文字列は変数と見な
       され,設定ファイルを処理する際に別の文字列に置き換え  られます。この変数名は,後続の文字と
       区別するために,中括弧付きで表記す ることもできます。

       例:
       $variable
       ${variable} # $variable と同義

       変数を新たに定義する命令は,今のところ用意されていません。未定義の変数  は,空文字に置き換
       えられます。
       規定の変数として定義されている変数は,次の 1 つだけです。

       $basedir
              設定ファイルが存在するディレクトリを表します。主にパスを指定する命令で, 設定ファイ
              ルからの相対パスを指定する目的で使います。
              $basedir に空白が含まれるかも知れない場合は,"" で括る必要があります。

              例:
              /usr/local/share/timidity/timidity.cfg 内で
              dir $basedir/inst # source /usr/local/share/timidity/inst と解釈される

文法

       設定ファイル中には以下の書式が指定可能です。

       dir directory [...]
              directory を探索パスに加えます。加え方は -L オプションと同 様です。
              TiMidity++ では,アーカイブファイルをパッチセットにすることができ ます。

              例:
              dir /usr/local/share/timidity/inst/foo.zip#
              bank 0
              0 bar.pat
              1 baz.pat
              2 zoo.pat

              まず,dir                   で通常のディレクトリのようにアーカイブファイル(上の例で
              は/usr/local/share/timidity/inst/foo.zip)を指定します。このとき,アーカ  イブファイ
              ル名の最後に `#' を付けてください。この `#' があることで,ア ーカイブファイルである
              ことを TiMidity++ は認識します。こうしてお くと,dir で指定されたアーカイブファイル
              の中のパッチファイルも読    み込み対象になります。上の例では,foo.zip    の中にある
              bar.pat,baz.pat, zoo.pat が読み込まれます。

       source file [...]
              他の設定ファイルをその場所に挿入し,続行します。source のネストは  50  段まで可能で
              す。

       progbase number
              これ以降,プログラム番号を   number   から   number+128  で設定・  表示します。例え
              ば,progbase 1 とした場合は,それ以降プログラム番 号は 1 から 128  で設定・表示され
              ます。

       bank [MapID1] number
              これ以降変更するトーンバンクを選択します。この文以後の  patch の対応付け は,指定さ
              れたトーンバンクに対して行われます。MapID1gm2sc55sc88sc88prosc8850xgxgsfx64 のいずれかを指定することで,特定のマップを対象 にできます。

       drumset [MapID2] number
              変更するドラムセットを選択します。この文以後の  patch の対応付けは,指定 されたドラ
              ムセットに対して行われます。MapID2gm2drumsc55drumsc88drumsc88prodrumsc8850drumxgdrumxgsfx126 のいずれかを指定する
              ことで,特定のマップを 対象にできます。

       number file [options]
       number %font file bank prog [key] [options]
       number %sample file [options]
              現在のトーンバンクやドラムセットで,MIDI プログラムナンバー number で使用する patch
              ファイルを指定します。file   が  SoundFont  の場合は,number  %font  の書式で特定の
              bankprogkey の音色データを取り出します。file が無圧縮の WAV 形式または AIFF 形
              式のサンプルファイルの場合は,number %sample の書式で指定します。options は,次のも
              のが使用可能です。

              amp=amplification
                     インスツルメントのボリュームを amplification% にします。もし値が  指定されて
                     いない場合,インスツルメントが読み込まれる時に自動的に設定さ れます。

              note=note
                     インスツルメントを演奏する時に決まった  MIDI ノート(音階)を使用します。 note0 にすると,最初に Note  On  イベントが発生した時点で  のノートを使用しま
                     す。パーカッションインスツルメントに対しては,もし設  定ファイルで値が設定さ
                     れていなければ,patch ファイルに入っている値を使 用します。

              pan=panning
                     インスツルメントのデフォルトのパンニングを設定します。panningleftrightcenter,あるいは  -100  から 100 までの整数値を取ることができま
                     す。-100   が最も左,   100   が最も右になります。値が与えられていない場合に
                     は,patch ファ イルに入っている値を使用します。もちろん,MIDI ファイル中のパ
                     ンニングコ ントロールの方が優先されます。

              tune=tuning[,...]
                     インスツルメントのルート周波数を調整します。tune=1 とすれば  1  半音上がりま
                     す。tuning には小数が利用可能なので, tune=-0.2 などの微調整も可能です。二つ
                     目以降の引数は,音域別に複  数のサンプルデータが含まれている場合に,それぞれ
                     別の値を指定できます。

              rate=attack:decay:sustain:release1:release2:release3[,...]
                     インスツルメントの  ADSR レートを設定するオプションです。0 から 255 までの値
                     が指定できます。サステインレートだけを補正したい場合 など,

                     6 GUS/hrpschrd.pat rate=::60

                     のような狙い撃ち設定も可能です。また,アタックタイムを速くしたいだけで  あれ
                     ば,

                     6 GUS/hrpschrd.pat rate=255

                     という書き方ができます。二つ目以降の引数は,音域別に複数のサンプルデー  タが
                     含まれている場合に,それぞれ別の値を指定できます。

              offset=attack:decay:sustain:release1:release2:release3[,...]
                     インスツルメントの ADSR オフセットを設定するオプションです。0 か ら 255 まで
                     の値が指定できます。 書式については,ほぼ rate= と同様です。

              keep={loop|env}
                     パーカッションインスツルメントでは,デフォルトでループ情報とエンベロー  プ情
                     報が破棄されます。また,メロディーインスツルメントに異常なエンベロ  ープが存
                     在した場合にも,エンベロープ情報は自動的に破棄されます。  keep= を指定するこ
                     とで,ループ情報やエンベロープ情報が破棄される            のを防ぎます。例え
                     ば,Short,Long  Whistle  パーカッションインスツルメン  ト(General  MIDI  の
                     71,72 番)に対しては,設定ファイルで keep=loop keep=env としておく必要があり
                     ます。

              strip={loop|env|tail}
                     インスツルメントとして使用する  patch  のループ情報やエンベロープ情報やテ ー
                     ル(ループの後にあるデータ)をすべて強制的に破棄します。サードパーティ  ーのイ
                     ンスツルメントには,ループの後にゴミが付いているものがあり,イン  スツルメン
                     トを演奏する度にクリッキングノイズが入ってしまうことがありま      す。その場
                     合,strip=tail オプションを指定すれば音質が改善されます。

              tremolo=sweep_increment:control_ratio:depth[,...]
                     トレモロを設定するオプションです。0  から 255 までの値が指定 できます。rate=
                     同様,狙い撃ち設定や不要部分の省略が可能です。 sweep_increment  は発音してか
                     らトレモロが掛かり始めるまでの時間,     control_ratio    は振幅が変化する速
                     さ,depth は振幅が変化する 深さです。rate=  同様,複数のサンプルに対する設定
                     が可能です。

              vibrato=sweep_increment:phase_increment:depth[,...]
                     ビブラートを設定するオプションです。0   から   255   までの値が指   定できま
                     す。rate= 同様,狙い撃ち設定や不要部分の省略が可能です。 sweep_increment  は
                     発音してからビブラートが掛かり始めるまでの時間,  phase_increment は周波数が
                     変化する速さ,depth は周波数が変 化する深さです。rate=  同様,複数のサンプル
                     に対する設定が可能です。

              sclnote=note[,...]
                     インスツルメントのスケールチューニングの基準とするノートを設定します。  例え
                     ば,sclnote=60  とすれば,真ん中のドを中心にスケールチューニン  グが行われま
                     す。二つ目以降の引数は,音域別に複数のサンプルデータが含ま      れている場合
                     に,それぞれ別の値を指定できます。

              scltune=tune[,...]
                     インスツルメントのスケールチューニングの度合いを cent 単位で設定します。  例
                     えば,scltune=50  とすれば,ノート間隔が 50 cent になりま す。二つ目以降の引
                     数は,音域別に複数のサンプルデータが含まれている場合  に,それぞれ別の値を指
                     定できます。

              comm=comment
                     comment が指定できます。#extension comm と同じ効果です。

              modrate=attack:decay:sustain:release1:release2:release3[,...]
              modoffset=attack:decay:sustain:release1:release2:release3[,...]
                     モジュレーション・エンベロープの変化の仕方を設定します。設定方法や値は,  基
                     本的にボリューム・エンベロープと同じです。一部の SoundFont を除けば, このオ
                     プションだけを指定しても何も起こりません。

              envkeyf=attack:decay:sustain:release1:release2:release3[,...]
                     ボリューム・エンベロープ・キーフォローを設定します。note=60    を基   準とし
                     て,ノートに従いエンベロープ・タイムを変化させます。単位は   +-cent/key   で
                     す。例えば envkeyf=100 と指定すると,1 オクターブ上 がるたびにアタック・タイ
                     ムが 2 倍になります。rate= 同様,複数のサ ンプルに対する設定が可能です。一部
                     の  SoundFont では,decaysustain のパラメータが予め設定されている場合があ
                     ります。

              envvelf=attack:decay:sustain:release1:release2:release3[,...]
                     ボリューム・エンベロープ・ベロシティフォローを設定します。 velocity=64  を基
                     準として,ベロシティに従いエンベロープ・タイムを        変化させます。単位は
                     +-cent/velocity です。例えば envvelf=100  と  指定すると,velocity=127  でア
                     タック・タイムが約  38 倍になります。 rate= 同様,複数のサンプルに対する設定
                     が可能です。このオプション は,近い将来仕様変更される可能性があります。

              modkeyf=attack:decay:sustain:release1:release2:release3[,...]
                     モジュレーション・エンベロープ・キーフォローを設定します。note=60 を基準とし
                     て,ノートに従いエンベロープ・タイムを変化させます。単位は   +-cent/key   で
                     す。例えば modkeyf=100 と指定すると,1 オクターブ上 がるたびにアタック・タイ
                     ムが 2 倍になります。rate= 同様,複数のサ ンプルに対する設定が可能です。一部
                     の SoundFont では,decaysustain  のパラメータが予め設定されている場合があ
                     ります。

              modvelf=attack:decay:sustain:release1:release2:release3[,...]
                     モジュレーション・エンベロープ・ベロシティフォローを設定します。 velocity=64
                     を基準として,ベロシティに従いエンベロープ・タイムを    変化させます。単位は
                     +-cent/velocity  です。例えば  modvelf=100  と 指定すると,velocity=127 でア
                     タック・タイムが約 38 倍になります。 rate=  同様,複数のサンプルに対する設定
                     が可能です。このオプション は,近い将来仕様変更される可能性があります。

              trempitch=num[,...]
                     トレモロに従って,ピッチを変化させる深度を設定します。効果そのものはビ    ブ
                     ラートと一緒ですが,別系統で動作させたいときに利用します。単位は  +-cent  で
                     す。rate= と同様,複数のサンプルに対する設定が可能です。

              tremfc=num[,...]
                     トレモロに従って,フィルタ・カットオフ周波数を変化させる深度を設定しま
                     す。いわゆる「グロウル効果」を表現できます。単位その他は trempitch= と同一で
                     す。

              modpitch=num[,...]
                     モジュレーション・エンベロープに従って,ピッチを変化させる深度を設定し    ま
                     す。アタック時だけ一時的に音程が上がるなどの表現が可能です。単位その    他は
                     trempitch= と同一です。

              modfc=num[,...]
                     モジュレーション・エンベロープに従って,フィルタ・カットオフ周波数を変  化さ
                     せる深度を設定します。単位その他は trempitch= と同一です。

              fc=num[,...]
                     フィルタ・カットオフ周波数の基準値を設定します。単位は Hz です。 rate=  と同
                     様,複数のサンプルに対する設定が可能です。

              q=num[,...]
                     フィルターの  Q(レゾナンス)を設定します。単位は cB です。rate= と 同様,複数
                     のサンプルに対する設定が可能です。

              fckeyf=num
                     フィルタ・キーフォローを設定します。note=60 を基準として,ノート  に従いカッ
                     トオフ周波数を変化させます。単位は   +-cent/key  で,例えば  100  を指定すれ
                     ば,音程と同じだけ変化します。

              fcvelf=num
                     フィルタ・ベロシティフォローを設定します。velocity=127 を基準とし て,ベロシ
                     ティに従いカットオフ周波数を変化させます。単位は  +-cent で, SoundFont では
                     -2400 が固有値として設定されています。

              qvelf=num
                     レゾナンス・ベロシティフォローを設定します。velocity=0 を基準とし て,ベロシ
                     ティに従いレゾナンスを変化させます。単位は +-cB です。

       default file
              他のどこにも設定がないような音に出合った場合,このファイルが代理として   発音されま
              す。

       map MapID1 from-bank from-prog to-bank to-prog
              GS/XG 各マップのトーン音色として既存のトーン音色を割り当てます。 MapID1  には,gm2,
              sc55sc88sc88prosc8850xgxgsfx64 が指定できます。

       map MapID2 from-drumset from-keynote to-drumset to-keynote
              GS/XG    各マップのドラム音色として既存のドラム音色を割り当てます。    MapID2    に
              は,gm2drum, sc55drumsc88drumsc88prodrumsc8850drumxgdrumxgsfx126 が指 定
              できます。

       soundfont file [options]
              SoundFont を最初から最後まで読み込みます(部分的に読み込むには, number %font を使い
              ます)。options は,次のものが使用可能で す。

              order=number
                     音色データを探す順番を設定します。order=0 のときは,まず SoundFont  を読み込
                     んで,その後に足りないサンプルを  GUS/patch  から探しま  す。order=1  のとき
                     は,GUS/patch を読み込んだ後に SoundFont を読み 込みます。

              amp=amplification
                     SoundFont 全体の音量を amplification% にします。もし値が指定され  ていない場
                     合,100% に設定されます。

              cutoff=number
                     SoundFont  に設定された LPF の有効(1)/無効(0)を指定します。 もし値が指定され
                     ていない場合,有効となります。

              reso=number
                     SoundFont に設定されたレゾナンスの有効(1)/無効(0)を指定しま す。もし値が指定
                     されていない場合,有効となります。

              remove 対象の SoundFont を逆にメモリ上から廃棄します。

       font exclude bank [prog [key]]
              SoundFont  の検索を,bank 上の prog で行わないように指定しま す。ドラムの場合はバン
              クが 128 でドラムセットが prog,キー 番号が key になります。

       font order number bank [prog [key]]
              SoundFont の検索順序(上記参照)を,個別に指定するためのものです。引数の 意味は  font
              exclude と同じです。

       TiMidity++ では,以下の拡張命令が追加されています。

       #extension altassign program1 program2 ...
              ドラムセットについて,オルタネートアサインを設定します。

              drumset 0
              altassign 42 44 46

              と書くと,drumset 0424446 が排他的に鳴 ります。drumset 0 で定義されたオルタ
              ネートアサインはデフォルトで 使用されます。

       #extension comm program comment
              インスツルメント番号  program  にコメント  comment  を指定しま   す。ここで設定した
              comment  は,-int-iTt オプシ ョンで起動した時に,インジケータラインに表示されま
              す。

       #extension timeout program second
              インスツルメント番号 program で,second 秒以上サスペンド状 態が続いた場合,その音を
              オフにします。

       #extension copydrumset drumset
              drumset 番号の状態すべてを,現在の drumset にコピーします。

       #extension copybank bank
              bank 番号の状態すべてを,現在の bank にコピーします。

       #extension copymap to-MapID from-MapID
              マップ  from-MapID  に定義されたバンクの状態すべてを,マップ  to-MapID にコピーしま
              す。

       #extension HTTPproxy hostname:port
              HTTP のプロキシを設定します。プロキシのホスト名を hostname に,ポ  ート番号を  port
              に指定します。

       #extension FTPproxy hostname:port
              FTP のプロキシを設定します。プロキシのホスト名を hostname に,ポ ート番号を port に
              指定します。

       #extension mailaddr your-mail-address
              ユーザのメールアドレスを,your-mail-address    に指定します。この    メールアドレス
              は,FTP 接続をプロキシを介さずにダイレクトに繋ぐ場合に用 いられます。

       #extension opt option
              起動時のオプションを指定します。

       #extension undef progno
              現在のバンクのプログラム番号 progno を未定義にします。

       #extension legato progno {0|1}
              progno でレガートを掛ける(1),掛けない(0)を指定します。

       #extension level progno tva_level
              NRPN の Drum Instrument TVA Level を処理する際,音量を変化させる基準と なる値を設定
              します。曲中で Drum Instrument TVA Level が指定されない限り,  音量には一切影響しま
              せん。あくまで基準値です。progno   は  `,'  や  ``[start]-[end]''  で一括指定できま
              す。startend は省略すると,それぞれ 0127 と見なされます。

       #extension damper progno {0|1}
              progno でリダンパー効果およびハーフダンパーを有効にする(1),  無効にする(0)を指定し
              ます。

       #extension playnote progno note
              ドラムセット音色の出音周波数を note とします。GS SysEx Play Note で出音周波数が指定
              された場合に,この設定値を元にピッチを適切に変化させ   ます。progno   は   `,'   や
              ``[start]-[end]'' で一括指定 できます。startend は省略すると,それぞれ 0127 と
              見なされます。

              例:
              drumset 0
              #extension playnote -37,39,44-46,55-60

       #extension delaysend progno level
       #extension chorussend progno level
       #extension reverbsend progno level
              ドラムパート・エフェクトがオンの場合のセンドレベルを設定します。初期値 はすべて 127
              ですが,delay,chorus,reverb のどれか一つでも設定さ れていれば,その音色に設定され
              ていないエフェクトは初期値 0 になり ます。progno は `,' や ``[start]-[end]'' で一括
              指定 できます。startend は省略すると,それぞれ 0127 と見なされます。

       #extension rnddelay progno msec
              最大 msec 以内のディレイを,発音毎にランダムで付加します。ランダ ム値の分布はホワイ
              トノイズというより,むしろピンクノイズ(1/f ゆらぎ)で す。

       これらの拡張命令は `#' から始まっており,古い TiMidity では単なるコメン トと扱われ無視され
       ます。よって,古い TiMidity との互換性を保つことがで きます。
       なお,TiMidity++ では #extension は空白として扱われるように なっています。

       TiMidity++ の設定ファイル(*.cfg)中の source の引数に UNIX のコマンドからの出力を利用できま
       す(UNIX のみ)。ファイル名の最後に `|' (ASCII 0x7c)を記述すると UNIX コマンドとみなされ,そ
       のコマンドの出力が source の引数になります。
       source  command|  のようにすると,command  の出力が  source の引数になります。環境によって
       TiMidity++ の設定を選 択したい場合などに便利です。なお,command | のように,途中にスペ  ー
       スが入ると,設定ファイル読み込み時に区切られてしまい,コマンドと見な  されなくなってしまい
       ます。この機能はファイル名を指定できるすべての場所 に適用できます。

              timidity 'cat fild.mid|'

       は,cat fild.mid の出力結果から読み取ります。

ファイル

       /etc/timidity.cfg

関連項目

       timidity(1), lsmidiprog(1), mididump(1), patinfo(1), sf2text(1), wav2pat(1)

著作権

       Copyright (C) 1999-2004 Masanao Izumo <iz@onicos.co.jp>
       Copyright (C) 1995 Tuukka Toivonen <tt@cgs.fi>

       The original version was developed by Tuukka Toivonen <tt@cgs.fi>  until  the  release  of
       TiMidity-0.2i.  His development was discontinued because of his being busy with work.

       This program is free software; you can redistribute it and/or modify it under the terms of
       the GNU General Public License as  published  by  the  Free  Software  Foundation;  either
       version 2 of the License, or (at your option) any later version.

       This  program is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT ANY WARRANTY;
       without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR  PURPOSE.
       See the GNU General Public License for more details.

       You should have received a copy of the GNU General Public License along with this program;
       if not, write to the Free Software Foundation, Inc., 59 Temple Place, Suite  330,  Boston,
       MA 02111-1307 USA

入手元

       TiMidity++ は 改良版 TiMidity のページ

       URL http://www.timidity.jp/

       で手に入ります。