Provided by: manpages-ja_0.5.0.0.20180315+dfsg-1_all bug

名前

       atrun - 後で起動するためにキューに入れられたジョブを実行する

書式

       atrun [-l load_avg] [-d]

説明

       atrunat(1) によってキューに入れられたジョブを実行する。 これは /usr/sbin/atd-s オ
       プションを指定して起動するシェルスクリプトである。昔に  インストールされたシステムに対する
       互換性を保つために用意された。

関連項目

       at(1), atd(8)

作者

       at のほとんどの部分を書いたのは Thomas Koenig, ig25@rz.uni-karlsruhe.de である。