Provided by: manpages-ja_0.5.0.0.20180315+dfsg-1_all bug

名前

       fdformat - フロッピーディスクの低レベルフォーマットを行う

書式

       fdformat [ -n ] device

説明

       fdformat  はフロッピーディスクの低レベルフォーマット (low level format) を行う。 device に
       は通常以下のどれかを指定する。 (フロッピーデバイスは major 番号 2 で ある。以下の minor 番
       号は、単に参考のために示した。)

              /dev/fd0d360  (minor = 4)
              /dev/fd0h1200 (minor = 8)
              /dev/fd0D360  (minor = 12)
              /dev/fd0H360  (minor = 12)
              /dev/fd0D720  (minor = 16)
              /dev/fd0H720  (minor = 16)
              /dev/fd0h360  (minor = 20)
              /dev/fd0h720  (minor = 24)
              /dev/fd0H1440 (minor = 28)

              /dev/fd1d360  (minor = 5)
              /dev/fd1h1200 (minor = 9)
              /dev/fd1D360  (minor = 13)
              /dev/fd1H360  (minor = 13)
              /dev/fd1D720  (minor = 17)
              /dev/fd1H720  (minor = 17)
              /dev/fd1h360  (minor = 21)
              /dev/fd1h720  (minor = 25)
              /dev/fd1H1440 (minor = 29)

       汎用のフロッピーデバイス  /dev/fd0 と /dev/fd1 は、非標準のフォーマット が利用されている場
       合や、フォーマットがあらかじめ自動判別されていない場 合には fdformat  では動作しない。この
       ような場合には、 setfdprm(8) を用いてディスクのパラメータをロードすること。

オプション

       -n     ベリファイ動作を行わない。このオプションは、通常フォーマット後に実行さ れるベリファ
              イを抑制する。

関連項目

       fd(4), setfdprm(8), mkfs(8), emkfs(8)

著者

       Werner Almesberger (almesber@nessie.cs.id.ethz.ch)