Provided by: manpages-ja_0.5.0.0.20180315+dfsg-1_all bug

名前

       mkisofs - はオプションの Rock Ridge 属性で ISO9660 ファイルシステムを作成する。

書式

       mkisofs  [  -a  ]  [  -abstract  FILE  ]  [ -biblio FILE ] [ -b eltorito_boot_image ] [ -B
       sparc_boot_image_list ] [ -G generic_boot_image ] [ -gui ] [ -C #,# ] [ -hard-disk-boot  ]
       [ -no-emul-boot ] [ -no-boot ] [ -boot-load-seg ] [ -boot-load-size ] [ -boot-info-table ]
       [ -c boot_catalog ] [ -copyright FILE ] [ -A application_id ] [ -f ] [ -d ] [ -D ] [ -hide
       glob  ]  [  -hide-list  file  ]  [  -hide-joliet  glob  ]  [  -hide-joliet-list  file  ] [
       -hide-joliet-trans-tbl ] [ -hide-rr-moved ] [ -J ] [ -l ] [ -L ] [ -log-file log_file ]  [
       -M  path  |  device  ]  [  -nobak  ]  [  -no-bak  ]  [  -no-split-symlink-components  ]  [
       -no-split-symlink-fields ] [ -path-list file ] [ -p  preparer  ]  [  -print-size  ]  [  -P
       publisher  ]  [  -quiet  ] [ -r ] [ -R ] [ -sysid ID ] [ -T ] [ -U ] [ -v ] [ -V volid ] [
       -volset ID ] [ -volset-size # ] [ -volset-seqno # ] [ -x path ] [ -exclude-list file  ]  [
       -z ] [ -m glob ] -o filename pathspec [pathspec]

説明

       mkisofs は効果的に ISO9660 ファイルシステムを生成するプリマスタリングプログラ ムである。与
       えられたディレクトリツリーのスナップショットを撮り、ブロッ      クデバイスに書き込むときに
       ISO9660 ファイルシステムに一致するバイナリ イメージを生成する。

       mkisofs  はまた、Rock  Ridge Interchange Protocol で指定された System Use Sharing Protocol
       レコードを生成することができる。これは UNIX ホストへ の ISO9660 ファイルシステムの詳細な説
       明に使用され、また長いファイル名  や UID/GID、POSIX パーミッション、そしてブロックやキャラ
       クタデバイスの 情報を提供する。

       Rock Ridge が使用されていても、それぞれの ISO9660 ファイルシステムに書  き込まれるファイル
       は、8.3  フォーマット (8 文字、ピリオド、3 文字ですべ て大文字) でファイル名を保持していな
       ければならない。このファイル名は Rock Ridge  拡張を使用するようにできないシステム  (MS-DOS
       のように) で使 用され、それぞれのファイル名は、それぞれのディレクトリで、同じディレク トリ
       の中では他のファイル名と異なるものでなければならない。 mkisofs は一般的に UNIX  ファイル名
       を要求されているように大文字にしたり、省略す  ることにより正しい名前を作ろうとするが、省略
       された名前が全て唯一のもの  でない場合があるので、しばしば満足できない結果を出してしまうこ
       とがある。  mkisofs はそれぞれのファイル名に重み付けをし、もし二つの異なるファイル名が同じ
       になってしまう場合、プライオリティの低い方は拡張子が 3 桁の数字(  数字は唯一のものと保証さ
       れる)に変更される。  この例として、ファイル名  foo.bar  と  foo.bar.~1~ は、foo.bar.~1~ は
       FOO.000;1 として書き込まれ、そして foo.bar は FOO.BAR;1 として書き込ま れる。

       mkisofs は書き込み機と直接やりとりするために作成されていないことに注意すること。  ほとんど
       の書き込み機は製造元ごとに異なる独自のコマンドセットを持ってい  て、そして実際にディスクを
       焼くためには専門的なツールが必要である。 cdwrite ユーティリティは Linux で動作し、この仕事
       を行うツールのひとつである。 cdwrite の最新のバージョンは Phillips/IMS/Kodak, HP と Yamaha
       ドライブとやりと りすることができる。ほとんどの書き込み機は ISO9660 イメージの直接的な  イ
       メージコピーを書き込み機に対して行うことができる DOS ソフトウェアの 何らかのバージョンがつ
       いている。            cdwrite            の現在のバージョンは             sunsite.unc.edu:
       /utils/disk-management/cdwrite-2.0.tar.gz  からもってくることができる。 cdwrite は最近積極
       的に保守されていないことに注意すること。

       cdrecord   ユーティリティは実際のディスクに書き込みを行うもうひとつのユーティリティ   であ
       る。最新のバージョンの cdrecordftp://ftp.fokus.gmd.de/pub/unix/cdrecord から持ってくる
       ことができる。

       また、ほとんどの CD 書き込み機はタイミングに対して非常にうるさい。一度  ディスクを焼きはじ
       めたら、終了する前に書き込み機のバッファを空にさせる  ことはできず、空にしてしまうと壊れた
       ディスクができて終わる。従って  ディスクが書き込まれているすべての時間に途切れないデータス
       トリームを持 続できることが重要である。

       pathspec  は ISO9660 ファイルシステムにコピーするディレクトリツリーのパスである。 複数のパ
       スが指定可能で、 mkisofs は CD-ROM  イメージを作成するすべての指定されたパスの組み合わせか
       ら見つ けたファイルを組み合わせる。

       ルートディレクトリ以外の場所にパスを結合することは可能で、元のファイル  システムの中にある
       ファイルやディレクトリと異なった名前で CD-ROM イメー  ジに結合することができる。これはいく
       つかの例で図示するのがもっとも簡単  だ。ローカルファイル ../old.lis が存在するものと仮定し
       て、それを CD-ROM イメージに含めたいとする。

            foo/bar/=../old.lis

       は、CD-ROM イメージにファイル old.lis を /foo/bar/old.lis に含み、同時に

            foo/bar/xxx=../old.lis

       は CD-ROM イメージにファイル old.lis を /foo/bar/xxx に含む。同じ 種類の文法はディレクトリ
       にも同じように使用することができる。  mkisofs は CD-ROM イメージ上に結合場所が存在するよう
       な必要なすべてのディレクト  リを作成する。ディレクトリはパスのうちの一つに出現する必要はな
       い。作業   中にこのように作成されるすべてのディレクトリは、パーミッション   0555   を   持
       ち、mkisofs を実行している人の所有となる。もしあなたが他のパーミッショ  ンや中間のディレク
       トリの所有者を希望した場合、もっとも簡単な解決法は  mkisofs がそれらを作成する必要がないよ
       うな実体のディレクトリを作成する ことである。

オプション

       -a     ISO9660 ファイルシステム上のすべてのファイルを含む。通常 "~" や "#" を 含むファイル
              は通常含まれない  (これらは多くの場合  UNIX 下のエディタのバッ クアップファイルであ
              る)。このオプションは、現在は廃止(obsolete)されて いる(-no-bak オプションを見よ)。

       -abstract FILE
              要約ファイル名を指定する。このパラメータはファイル .mkisofsrc で ABST=filename とし
              て設定される。 もし両方の場所で指定された場合、コマンドラインで指定したものが使用さ
              れる。

       -A application_id
              ボリュームヘッダに書き込まれる文字列を指定する。これはディスクにあるア プリケーショ
              ンを説明するであろう。 ディスク上には 128 文字の情報の分の容量がある。 このパラメー
              タはファイル .mkisofsrc で APPI=id として設定される。  もし両方の場所で指定された場
              合、コマンドラインのものが使用される。

       -biblio FILE
              書誌情報ファイルを指定する。このパラメータはファイル  .mkisofsrc  で BIBLO=filename
              として設定される。もし両方の場所で指定された場合、コマン   ドラインのものが使用され
              る。

       -b eltorito_boot_image
              "El Torito" ブータブル CD を作成するときに使用されるブートイメージのパ スとファイル
              名を指定する。パス名は mkisofs に対して指定している元の相対パスでなければならない。
              このオプションは  "El Torito" ブータブル CD を作成するのに必須である。 ブートイメー
              ジは 1.2MB, 1.44MB または  2.88MB  フロッピーの正確なサイズ  でなければならず、また
              mkisofs  は、ISO9660 ファイルシステムを出力する際にこのサイズを使用する。最初の 512
              バイトセクタはブートイメージから読まれるものとされている (通常の フロッピードライブ
              をエミュレートするのに必須である)。これは、たとえば、   もしブートイメージが   LILO
              ベースのブートフロッピーであった場合に働く。

       -B img_sun4,img_sun4c,img_sun4m,img_sun4d,img_sun4e
              Sparc システムでのブータブル CD の作成に必要なブートイメージをコンマで 区切られたリ
              ストで指定する。
               コンマで区切られたリストには空のフィールドがあってもよい。    もし    -B    または
              -sparc-boot オプションが指定されると、作成されるイメージの最初のセクタは  Sun  ディ
              スクラベルを含む。このディスクラベルは、スライス 0 は iso9660 イメージ を、スライス
              1 ... スライス 7 はこのオプションで指定されたブートイ  メージを、それぞれ指定する。
              各、ブートイメージにあるバイトオフセット 512 ... 8191 は適切な sparc アーキテクチャ
              で動くプライマリブートを含まなければならない。 通常は、最初にカーネルの boot 段階で
              使われる ufs ファイルシステムが残 る部分に含まれる。

              実装されているブート方法は、SunOS  4.x 及び SunOS 5.x に見られるブート 方法である。
              しかしこれは、SunOS の内部に依存しているのではなく、 Open Boot prom  の性質にのみ依
              存している。 この理由により、sparc システムを動かせる他の OS でも使えるだろう。

       -G generic_boot_image
              汎用ブータブル CD を作成する時に使われる汎用ブートイメージのパスと ファイル名を指定
              する。 汎用ブートイメージ は CD  の先頭  16  セクタに置かれる。  先頭の  16  セクタ
              は、iso9660     の最初のボリューム記述子の前に配置される。     もしこのオプションが
              -sparc-boot オプションと一緒に使われると、Sun  ディスクラベルは汎用ブートイメージの
              先頭 512 バイトを上書きする。

       -hard-disk-boot
              "El Torito" ブータブル CD の作成に使われるブートイメージが、ハードディ スクイメージ
              であると指定する。ハードディスクイメージは一つのパーティショ   ンだけを含むマスター
              ブートレコードで始まらなければならない。

       -no-emul-boot
              "El Torito" ブータブル CD の作成に使われるブートイメージが
               '非エミュレーション'  イメージであると指定する。システムはこのイメージ  を、なんら
              ディスクエミュレーションをせずにロードし、実行する。

       -no-boot
              "El Torito"  CD  がブート不可であるとマークされるように指示する。  システムはこのイ
              メージのエミュレートされたドライブを提供するが、標準 のブートデバイスから起動する。

       -boot-load-seg segment_address
               '非エミュレーション'  "El Torito" CD ブートイメージのロードセグメント アドレスを指
              定する。

       -boot-load-size load_sectors
              非エミュレーションモードでロードされる  "仮想"(512バイト)セクタの数を指定する。  デ
              フォルトはブートファイルの全部である。  これが  4 の倍数でない場合に問題がある BIOS
              があるかも知れない。

       -boot-info-table
              CD-ROM の配置に関する情報の 56 バイトのテーブルが、ブートファイルのオ フセット 8 に
              置かれることを指示する。 このオプションが与えられると、ブートファイルは作成元となる
              ファイルシス テム上で修正されるので、このファイルが簡単に再作成できないのならちゃん
              と コピーをとっておくこと。 このテーブルの記述に関しては  BOOT INFORMATION TABLE の
              項を見よ。

       -C last_sess_start,next_sess_start
              このオプションは、マルチセッションのディスクで第 2 セッション以降のイメージを  作成
              するのに  mkisofs が用いられた場合に必要となる。 この -C オプションは、コンマで区切
              られた二つの数を引数にとる。一つ目の数は、追 加されるディスクの最後のセッションの最
              初のセクタ番号である。二つ目の数は  新しいセッションの最初のセクタ番号である。 期待
              される二つの数は、 cdrecord -msinfo ...  というコマンドの呼び出しで得られる。 -C オ
              プションは -M オプションと組合せた場合にのみ使われる。

       -c boot_catalog
              "El Torito" ブータブル CD を作成する際に使用されるブートカタログのパス とファイル名
              を指定する。パス名は mkisofs に対して指定している元の相対パスでなければならない。こ
              のオプションはブー  タブル  CD  を作成するのに必須である。このファイルは mkisofs に
              よって元になるファイルシステムの中に作成されるので、黙って上書きされ ないように、指
              定されたファイル名が存在しているファイルとコンフリクトし ないように注意すること! 通
              常 "boot.catalog" という名前が選ばれる。

       -copyright FILE
              著作権ファイルを指定する。このパラメータはファイル .mkisofsrc で COPY=filename とし
              て設定される。もし両方の場所で指定された場合、コマン ドラインのものが使用される。

       -d     ピリオドを持たないファイルに後続するピリオドをファイルから省く (訳注: たとえば ファ
              イル名 "hogehoge." の最後の "." など)。これは ISO9660 標 準に違反しているが、ほとん
              どのシステムで働く。注意して使用すること。

       -D     深いディレクトリの再配置を行わず、かわりにそのまま格納する。これは ISO9660 標準に違
              反しているが、ほとんどのシステムで働く。注意して使用す ること。

       -f     ファイルシステムを生成する時にシンボリックリンクを追跡する。このオプショ ンが使用さ
              れていないとき、シンボリックリンクは、もし  Rock  Ridge が有効に なっていれば格納さ
              れ、無効になっていれば無視される。

       -gui   GUI のために動きを切替える。現在のところこれにより出力が詳細になるが、 将来的には他
              の効果をもつだろう。

       -hide glob
              ISO9660  または Rock Ridge ディレクトリにある glob を隠す。 glob はシェルのワイルド
              カード形式のパターンで、ファイル名かパスの一部にマッ チする。 (1000 個までの)  glob
              の複数指定が可能である。もし  glob がディレクトリにマッチした場合、ディレクトリの中
              身が隠される。  すべての隠されたファイルは  CD   イメージファイルには書き出される。
              -hide-joliet オプションと共に用いられるべきである。

       -hide-list file
              上で述べた、隠される globs のリストを収めたファイル

       -hide-joliet glob
              Joliet ディレクトリにある glob を隠す。 glob はシェルのワイルドカード形式のパターン
              で、ファイル名かパスの一部にマッ チする。 (1000 個までの) glob の複数指定が可能であ
              る。もし glob がディレクトリにマッチした場合、ディレクトリの中身が隠される。 すべて
              の隠されたファイルは CD イメージファイルには書き出される。 -hide オプションと共に用
              いられるべきである。

       -hide-joliet-list file
              上で述べた、隠される globs のリストを収めたファイル

       -hide-joliet-trans-tbl
              Joliet ツリーから TRANS.TBL ファイルを隠す。 普通 Joliet の世界では、これらのファイ
              ルは意味をなさない。 なぜならこのファイルがリストする本当の名前と ISO9660  の名前は
              ともに、 Joliet の名前とは違うからである。

       -hide-rr-moved
              Rock Ridge ツリーではディレクトリ RR_MOVED.rr_moved という名前に変更する。 Rock
              Ridge ツリーから RR_MOVED ディレクトリを完全に隠すことは不可能のようにみえる。 この
              オプションは、このディレクトリが何なのかを知らない人々が、 目にするツリーを理解しや
              すくするようにするだけである。 もし RR_MOVED ディレクトリを全く必要としないのなら、
              -D オプションを使うべきである。 -D オプションが指定された場合には、作成されるファイ
              ルシステムは ISO9660 レベル-1 互換でなく、MS-DOS からは読めないことに注意せよ。

       -l     30 文字のファイル名を許す。通常 ISO9660 ファイル名は ISO9660 標準が  30  文字までの
              ファイル名を認めていても  MS-DOS 互換の 8.3 フォーマットにな る。このオプションを使
              用すれば、ディスクは MS-DOS で使用するのが困難に なるが、その他のシステム (Amiga の
              ような) で使いやすくなる。注意して使 用すること。

       -J     通常の  ISO9660  ファイル名に加えて  Joliet ディレクトリレコードを生成す る。これは
              ディスクが Windows95 や Windows  NT  マシンで使用されるとき一  番便利である。Joliet
              ファイル名は  Unicode で指定され、それぞれのパスは 最大 64 Unicode 文字で構成するこ
              とができる。

       -L     ISO9660 のファイル名をピリオドで始めることを許す。通常、先頭のドットは MS-DOS  との
              互換性を維持するためにアンダースコアに変換される。

       -log-file log_file
              標準エラー出力の代わりに、  log_file にすべてのエラー、警告、一般的な通知メッセージ
              を出力する。

       -m glob
              CD-ROM に書き込まれるときに glob を除外する。  glob  はシェルのワイルドカード形式の
              ファイル名  (-x のようにパスではない) の一部に一致するパターンである (訳注: glob は
              ファ イル名に一致するパターンを生成し、それはしばしばシェルに依存する)。 技術的には
              glob  は、ディレクトリエントリの d->d_name 部分に対して一致される。複数の glob が実
              行可能である (最大 1000)。 例:

              mkisofs -o rom -m '*.o' -m core -m foobar

              は ".o" で終わるファイルまたは "core" または "foobar" のすべてが CD-ROM  にコピーす
              るファイルから除外される。もし "foobar" と呼ばれる ディレクトリがあれば、それも除外
              される (そしてもちろんそのサブディレ クトリも除外される)。 注意: -m と -x  オプショ
              ンに関する説明は間違っており、更新されるべきである。 ファイル名そのままの指定とワイ
              ルドカード形式の指定の両方が可能である。 ファイル名が一致した場合か、パスの全てが一
              致した場合にファイルは除外される。

       -exclude-list file
              上で述べた、隠される globs のリストを収めたファイル

       -M path
              もしくは
       -M device
              結合される、すでに存在する  ISO9660 イメージのパスを指定する。 代わりに SCSI デバイ
              スを指定する場合は cdrecorddev= と同じ書式を用いる。 mkisofs の出力は -M で指定
              したイメージの後ろに新しいセッションとして書き込まれ   るだろう。通常、これはこのイ
              メージを書き込もうとしている書き込み機およ び CD-ROM ドライブに対しマルチセッション
              機能を要求する。マルチセッショ  ン機能のサポートは、CD-ROM 上で次の書き込み可能なア
              ドレスを決定するた めに mkisofs と cdwrite との間でいくつかのハンドシェークが要求さ
              れるた め、まだ完全ではない。 このオプションは -C との組合せの場合のみ用いられる。

       -N     ISO9660  ファイル名のバージョン番号を省略する。これは ISO9660 標準に 違反するが、こ
              のバージョン番号を本当に使っているシステムはない。 注意して使用すること。

       -nobak
       -no-bak
              iso9660 ファイルシステム上にバックアップファイルを含まない。 -no-bak オプションが指
              定されると、文字 '~' または '#' を含むファイルと、'.bak' で終わるファイルは含まれな
              い(これらは unix 上のエディタの典型的なバックアップファイルである)。

       -no-rr 前のセッションからの Rock Ridge 属性を使わない。 これは、 mkisofs  が古いセッション
              の不正な Rock Ridge 署名を見つけた時に、トラブルになるのを 避けるのに役立つだろう。

       -no-split-symlink-components
              SL コンポーネントを分割せず、代わりに新しい継続領域 (Continuation Area (CE)) を開始
              する。これは空き領域を浪費するが、SunOS 4.1.4 の CD-ROM ドライバは分割された SL  コ
              ンポーネントの読み込みにバグがある。   (link_size   +=   component_size  の代わりに
              link_size = component_size)

       -no-split-symlink-fields
              SL フィールドを分割せず、代わりに新しい継続領域 (Continuation Area  (CE))  を開始す
              る。これは空き領域を浪費するが、SunOS 4.1.4 及び Solaris 2.5.1 の CD-ROM ドライバは
              分割された SL フィールドの読み込みにバグが ある(`/' が抜け落ちることがある)。

       -o filename
              は、書き込まれる ISO9660 ファイルシステムイメージのファイル名である。  これはディス
              クファイルやテープドライブまたは直接一致する光学ディスク書 き込み機のデバイス名でも
              かまわない。もし指定されなければ、標準出力が使 用される。出力は通常のディスクドライ
              ブの特殊ブロックデバイスでも構わな いが、この場合にはディスクパーティションはマウン
              ト可能で、プリマスタリ ングが正常に終了したかを確証していなければならないことに注意
              するように。

       -path-list file
              ISO9660 ファイルシステムに追加される pathspec ディレクトリとファイル名のリスト。 こ
              の pathspec リストは、コマンドラインに現れるすべてのもののあとに処理される。 もし引
              数が  - ならば、リストは標準入力から読まれる。 少なくとも一つの pathspec がコマンド
              ラインで与えられなければならない。

       -P publisher_id
              ボリュームヘッダに書き込まれる文字列を指定する。これは CD-ROM の出版者 を説明し、通
              常メールアドレスと電話番号が記載される。  ディスク上には 128 文字の情報の分の容量が
              ある。 このパラメータは .mkisofsrc の PUBL=  でも設定可能である。もし二つの場所で指
              定されている場合、コマ ンドラインのものが使用される。

       -p preparer_id
              ボリュームヘッダに書き込まれる文字列を指定する。 これは CD-ROM の作成者を説明し、通
              常メールアドレスと電話番号が記載される。 ディスク上には 128  文字の情報の分の容量が
              ある。このパラメータは  .mkisofsrc の PREP= でも設定可能である。 もし二つの場所で指
              定されている場合、コマンドラインのものが使用される。

       -print-size
              予測されたファイルシステムのサイズを表示して終了する。このオプションは Disk At Once
              モードで  cdrecord  に直接パイプしているときに、いくつかの  CD-R ドライブで使用され
              る。 この場合には、実際の CD 作成が行われる前にファイルシステムのサイズを知っ  てお
              く必要がある。-print-size  オプションは、CD が実際に書き込まれる前 に "dry-run" (訳
              注: 実際の書き込みを伴わない試験書き込み) によりこのサ イズを取得する。

       -quiet このオプションは mkisofs にそれほど詳細な出力をさせないようにする。  進捗状況が出力
              されない。

       -R     ISO9660  ファイルシステムのファイルを詳細に説明するために Rock Ridge プロトコルを使
              用して SUSP 及び RR レコードを生成する。

       -r     これは -R  オプションに似ているが、ファイルの所有とモードがより便利な  値に設定され
              る。UID  と GID は通常作者のシステムでのみ有用で、クライア ントでは有用でないため 0
              にセットされる。すべての読み込みビットは true  でファイルとディレクトリはクライアン
              トで全体的に読み込み可能になる。も   しいかなる実行ビットがファイルに設定されていた
              ら、実行ビットのすべてが 設定され、クライアントで実行可能ファイルは全体的に実行可能
              になる。もし いかなる検索ビットがディレクトリにセットされていれば、検索ビットのすべ
              てを設定し、ディレクトリは全体的にクライアントで検索可能になる。すべて   の書き込み
              ビットは、CD-ROM  はすべての場合において読み込み専用でマウン トされるため、消去され
              る。もしいかなる特殊モードのビットが設定されてい れば、読み込み専用のファイルシステ
              ム上でのファイルロックは有用ではなく、  set-id ビットは UID 0 または GID 0 では望ま
              しくないため、消去する。

       -sysid ID
              システム ID を指定する。このパラメータはファイル .mkisofsrc で SYSI=system_id  とし
              て設定される。もし両方の場所で指定された場合、コマン ドラインのものが使用される。

       -T     Rock   Ridge  が使用できないシステム上で正しいファイル名を得るために  TRANS.TBL  を
              CD-ROM のそれぞれのディレクトリに生成する。ファイルの中に  は他にもブロックデバイス
              やキャラクタデバイスのメジャー番号やマイナー番 号情報があり、それぞれのシンボリック
              リンクは与えられたファイルの名前を 持つ。

       -table-name TABLE_NAME
              代わりの変換テーブルファイルネーム(上を見よ)。 -T オプションを含む。 もしマルチセッ
              ションイメージを作成したならば、前のセッションと同じ名前 にしなければならない。

       -U     iso9660 標準に完全に違反する、"未変換" ファイル名を許可する。 -d、-l、-L、-N フラグ
              が自動的に指定され、文字 '.' を 1  個以上含む  ファイル名や、大文字小文字が混ざった
              ファイル名も許可される。 これは、最初からある CDFS ファイルシステムが何の拡張も認識
              しない HP-UX システムで有効である。使用には細心の注意を払うこと。

       -V volid
              マスターブロックに記載するボリューム  ID  を指定する。   このパラメータは、ファイル
              .mkisofsrc  で  VOLI=id により指定することもできる。もし二つの場所で指定された場合,
              コマンドラインのものが使用される。   もしボリューム   ID   を指定した場合、その名前
              は、Solaris  ボリューム管理シ  ステムではマウントポイントとして、Windows または Mac
              プラットフォームでは ディスク名として使われるので、注意すること。

       -volset ID
              ボリュームセット    ID    を指定する。このパラメータはファイル    .mkisofsrc     で
              VOLS=volset_id  として設定される。もし両方の場所で指定された場合、コマン ドラインの
              ものが使用される。

       -volset-size #
              ボリュームセットサイズを # に設定する。ボリュームセットサイズとは CD のセットの中の
              CD の枚数である。 -volset-size オプションは、オペレーティングシステムのインストール
              などで CD が(複数 枚の)セットになっている場合に、その部分としての CD を作成するとき
              に指 定する事ができる。 -volset-size オプションは、コマンドライン上で -volset-seqno
              より前に指定されなければならない。

       -volset-seqno #
              ボリュームセット番号を # に設定する。ボリュームセット番号とは、その CD の、CD  セッ
              トの中での順番である。  -volset-size オプションは、コマンドライン上で -volset-seqno
              より前に指定されなければならない。

       -v     冗長な出力。

       -x path
              CD-ROM の書き込みに path を排除する。 path はコマンドライン引数として連続して与えら
              れた完全なパス名で、パスはこの ディレクトリに相対でなければならない。複数のパスが除
              外可能である (最大 1000)。 例:

              mkisofs -o cd -x /local/dir1 -x /local/dir2 /local

              注意: -m と -x オプションに関する説明は間違っており、更新されるべきである。  ファイ
              ル名そのままの指定とワイルドカード形式の指定の両方が可能である。 ファイル名が一致し
              た場合か、パスの全てが一致した場合にファイルは除外される。

       -z     特殊な  SUSP  レコードを  transparent  圧縮されたファイルに対して生成する。  これは
              transparent   圧縮をサポートするホストに対してのみ使用される。こ   れは試験的な機能
              で、どのホストもこれをサポートしていないが、この機能を  使用可能にする  Linux  用の
              alpha パッチが存在する。

ブート情報テーブル

       -boot-info-table オプションが与えられると、 mkisofs-b オプションで与えられたブートファ
       イルのオフセット 8 に 56 バイトの "ブー ト情報テーブル(boot information  table)"  を挿入し
       て、ブートファイルを修 正する。 この修正は作成元となるファイルシステム上で行われるので、こ
       のファイルが 簡単に再作成できないのならちゃんとコピーをとっておくこと!  このファイルはブー
       ト時には簡単には得られない、または信頼できる値が得ら れないポインタを含む。

       このテーブルのフォーマットは以下の通り;   すべての整数は   7.3.1  節("リトルエンディアン")
       フォーマットである。

         オフセット 名前          サイズ    意味
          8         bi_pvd        4 bytes   最初のボリューム記述子の LBA
         12         bi_file       4 bytes   ブートファイルの LBA
         16         bi_length     4 bytes   バイト単位でのブートファイルの長さ
         20         bi_csum       4 bytes   32 ビットチェックサム
         24         bi_reserved   40 bytes  予約済み

       32 ビットチェックサムは、オフセット 64 バイトから始まるブートファイル のすべての32  ビット
       ワードの和である。

環境

       mkisofs.mkisofsrc ファイルを検索するために、最初は現在の作業ディレクトリを参照し、そし
       て ユーザのホームディレクトリ、そのあとに mkisofs バイナリが保存されているディレクトリを参
       照する。このファイルは、  "TAG=value" 形式の行が含まれるものであり、この形式でいくつかのオ
       プショ ンを設定できる。 タグの大文字小文字は意味を持たない。  ボリュームヘッダのいくつかの
       フィールドはコマンドラインで設定不可能であ    るが、この設定ファイルで設定可能である。この
       ファイルには、"#" 文字を使 用することによりコメントを付けられる。

       APPI   アプリケーション識別子は、ディスクにあるアプリケーションを説明する。 ディスク上には
              128 文字の情報の分の容量がある。 -A コマンドラインオプションにより上書きできる。

       COPY   多くの場合著作権情報が格納されているディスク上のファイルの名前となって いる、著作権
              情報である。ディスク上には 37 文字の情報の分の容量がある。 -copyright  コマンドライ
              ンオプションにより上書きできる。

       ABST   多くの場合要約情報が格納されているディスク上のファイルとなっている、要   約情報であ
              る。ディスク上には 37 文字の情報の分の容量がある。 -abstract コマンドラインオプショ
              ンにより上書きできる。

       BIBL   多くの場合書誌情報が格納されているディスク上のファイルとなっている、書   誌情報であ
              る。ディスク上には 37 文字の情報の分の容量がある。 -bilio  コマンドラインオプション
              により上書きできる。

       PREP   これは  CD-ROM の作成者をメールアドレスや電話番号で説明する。 ディスク上には 128 文
              字の情報の分の容量がある。 コマンドラインの -p オプションにより上書きできる。

       PUBL   これは CD-ROM の編集者をメールアドレスや電話番号で説明する。 ディスク上には 128  文
              字の情報の分の容量がある。 コマンドラインの -P オプションにより上書きできる。

       SYSI   システム識別子である。ディスク上には 32 文字の情報の分の容量がある。 コマンドライン
              の -sysid オプションにより上書きできる。

       VOLI   ボリューム識別子である。 ディスク上には 32 文字の情報の分の容量がある。  コマンドラ
              インの -V オプションにより上書きできる。

       VOLS   ボリュームセット名。 ディスク上には 128 文字の情報の分の容量がある。 コマンドライン
              の -volset オプションにより上書きできる。

       mkisofs はコンパイル時にこれらのほとんどのフィールドをデフォルトとして設定する  こともでき
       る。 defaults.h ファイルを参照すること。

著者

       mkisofs は、ディスク上の ISO9660 ファイルシステムを完全に生成しなければならな いため、UNIX
       向けの標準の mk*fs をベースにしていない。mkisofs という名 前は、ファイルシステムを作成する
       だけでなく、それを移植することもできる ため、おそらく少し不適切な名前かもしれない。

       Eric  Youngdale  <ericy@gnu.ai.mit.edu>  または <eric@andante.org> は、 Linux の ISOFS9660
       ファイルシステム及び   mkisofs   ユーティリティを作成し、   これらは彼らにより保守されてい
       る。mkisofs ユーティリティの著作権 は Yggdrasil Computing, Incorporated により所有されてい
       る。

注意

       mkisofs は、suid root でインストールされても多分安全である。  これはマルチセッションを作成
       する時に mkisofs が前のセッションを読むのに必要なことである。

バグ

       ·      ISO9660 ファイルシステムにコピーされるツリーにないファイルへハードリ ンクしているす
              べてのファイルは誤った参照回数を持つ。

       ·      Rock Ridge 拡張の存在を検証するために、ルートディレクトリの "." エントリにある SUSP
              レコードをチェックしない。

              この問題はマルチセッションモードでデータを追加している間に古いセッショ ンを読み込む
              時に起こる。

       ·      マルチセッションモードでのデータ追加時に、再配置されたディレクトリを適 切に読み込ま
              ない。

              新しいセッションが深いディレクトリを持たない場合、再配置された深いディレクトリは失
              われる。

              繰り返す: 深いディレクトリを再配置して最初のセッションを作成し、単一の ディレクトリ
              で新しいセッションを加えると、前の深いパスとは異なる。

       ·      マルチセッションでは、TRANS.TBL からできる RR_MOVED を再利用しない。

       ·      マルチセッションモードでは、RR_MOVED には完全な名前のエントリは作成されない。

       おそらく他にもあるだろう。作者に報告してほしい。

将来の改良

       ある種の GUI インターフェース.

入手性

       mkisofs  は anonymous FTP の tsx-11.mit.edu の /pub/linux/packages/mkisofs や他 のたくさん
       のミラーサイトから入手できる。

メイリングリスト

       もし mkisofs の開発に積極的に関わりたいなら、 本文に subscribe と書いたメールを

                  other-cdwrite-request@lists.debian.org

       に送って cdwriting メイリングリストに参加しよう。 ML のメールアドレスは

                  cdwrite@lists.debian.org
       である。

メンテナー

       Joerg Schilling
       Seestr. 110
       D-13353 Berlin
       Germany

       バグや改善のメールは

       schilling@fokus.gmd.de または js@cs.tu-berlin.de または  joerg@schily.isdn.cs.tu-berlin.de
       へ。