Provided by: manpages-ja_0.5.0.0.20180315+dfsg-1_all bug

名称

     named-xfer — ゾーン転送のための補助エージェント

書式.Nm named-xfer

     -z zone_to_transfer -f db_file -s serial_no [-d debuglevel] [-l debug_log_file] [-i
     ixfr_file] [-t trace_file] [-p port#] [-S] nameserver [[file ... axfr] | [ixfr]]

解説

     named-xfer は、 named(8) によって実行される補助プログラムです。 インターネットネームサーバか
     ら呼び出されて、ゾーン情報を受け取ります。 直接実行されることはまれであり、ゾーン転送の問題
     を解決するために システム管理者にいよってのみ実行されることがある程度です。 インターネット
     ネームドメインシステムについての詳細は、 RFC 1033 、1034 、1035 を参照してください。

     オプションとしては、以下のものがあります:

     -z zone_to_transfer
                 転送されるゾーン名を指定します。

     -f db_file  プライマリサーバーからゾーンが転送された際に、ゾーンの情報をダンプ (格納) する
                 db_file のファイル名を指定します。

     -s serial_no
                 転送されるゾーンの情報のシリアル番号を指定します。プライマリサーバから 得た SOA
                 RR が、このシリアル番号よりも高いシリアル番号を持たない 場合は、転送は中止されま
                 す。

     -d debuglevel
                 デバッグ情報を出力します。 debuglevel 出力されるメッセージのレベルを決定します。

     -l debug_log_file
                 デバッグメッセージのログファイルを指定します。デフォルトでは システムに依存しま
                 すが、通常は /var/tmp または /usr/tmp です。このオプションは -d と同時に指定され
                 たときのみ適用されますので注意してください。

     -i ixfr_file
                 ixfr_file の名前を指定します。 Incremental Zone Transfer (IXFR) によりゾーン変更
                 内容を プライマリサーバから受信すると、 このゾーン変更内容をこのファイルにダンプ
                 (格納) します。

     -t trace_file
                 ゾーン情報転送のプロトコルトレースを格納するトレースファイル trace_file を指定し
                 ます。 このオプションはネームサーバそのものをデバッグする人にとってのみ 有益なの
                 かもしれません。

     -p port#    デフォルト以外のポート番号を使用するときに指定します。 デフォルトの標準ポートナ
                 ンバーは ``domain'' サービスの getservbyname(3) の返す値になります。

     -S          SOA レコードと NS レコードの転送のみを許可し、 ゾーンに対して A レコードを結合し
                 ます。 SOA レコードは named(8) によって読み込まれませんが、 NS レコードをいつ検
                 証するのかを決定するのに使用されます。 詳しくは named(8) の “stubs” を参照してく
                 ださい。

     付加的な引数としてネームサーバのアドレスを、いわゆる “dotted-quad” 構文で のみ 、とりま
     す。ネームサーバのアドレスの省略は許されません。 少なくとも一つのアドレスを指定しなくてはな
     りません。 ネームサーバのアドレスが複数指定されると、最初のサーバが転送を失敗すると、 順番に
     サーバを切り替えて転送を試みます。 ネームサーバアドレスの後の axfr または ixfr は、実行する
     ゾーン転送タイプを指定します。 全ゾーン転送には axfr を使用し、インクリメンタルゾーン転送に
     は ixfr を使用してください。

関連項目

     hostname(7,) named(8), resolver(3), resolver(5), RFC 882, RFC 883, RFC 973, RFC 974, RFC
     1033, RFC 1034, RFC 1035, RFC 1123, RFC 1995 “Name Server Operations Guide for BIND”.