Provided by: passwd_4.5-1.1ubuntu4_amd64 bug

名前

       pwconv,  pwunconv, grpconv, grpunconv - パスワード・グループの shadow 化と、通常ファイルへ
       の逆変換

書式

       pwconv
       pwunconv
       grpconv
       grpunconv

説明

       これら 4 つのプログラムは、 通常のパスワードファイル・グループファイルと、 shadow 化された
       パスワードファイル・グループファイルである /etc/passwd ", " /etc/group ", " /etc/shadow ",
       " /etc/gshadow を操作する。

       pwconvpasswd から shadow  を作成する  (すでに存在する場合は  shadow  の情報も用いる)。
       pwunconvpasswdshadow から passwd を作成し、shadow を削除する。 grpconvgroup か
       ら gshadow を作成する (すでに存在する場合は gshadow の情報も用いる)。 grpunconvgroupgshadow から group を作成し、gshadow を削除する。

       各プログラムは変換前に、必要なロックを要求する。

       pwconvgrpconv とは以下の点で類似している。 まず、shadow 化ファイルにあるエントリのう
       ち、 通常ファイルにないものは、削除される。 また、shadow  化ファイルにあるエントリのうち、
       通常ファイルでパスワードが `x' になっていないものは、更新される。 最後に、通常ファイルに書
       かれたパスワードは `x' に置き換えられる。 これらのプログラムは、初めて変換を行うときにも、
       また通常のファイルを手動で編集した際に、 shadow 化ファイルを更新するときにも利用できる。

       /etc/shadow  に新しいエントリを追加するとき、  pwconv/etc/login.defsPASS_MIN_DAYS,
       PASS_MAX_DAYS, PASS_WARN_AGE の値を使う。

       同じように、 pwunconvgrpunconv  とは以下の点で類似している。  通常ファイルのパスワード
       は、  shadow 化ファイルのもので更新される。 通常ファイルにあるエントリは、 shadow 化ファイ
       ルにはそのエントリがなくても、 そのまま置かれ続ける。 最後に、 shadow 化ファイルは削除され
       る。

       パスワードの有効期限情報の一部は、 pwunconv によって失われる。変換できるものは変換される。

バグ

       (不正なエントリや重複したエントリといった)  エラーがパスワードファイルやグループファイルに
       あると、  プログラムは永遠にループしたり、おかしな形で失敗するかもしれない。  shadow  パス
       ワード・グループへの変換や  shadow 化ファイルからの逆変換を行う前に、 pwckgrpck を実行
       してエラーを修正すること。

関連項目

       login.defs(5), grpck(8), pwck(8)

                                           26 Sep 1997                                  PWCONV(8)