Provided by: debianutils_4.8.6.3_amd64 bug

名前

       run-parts - ディレクトリにあるスクリプト・プログラムの実行

書式

       run-parts  [--test]  [--verbose]  [--report]  [--lsbsysinit]  [--regex=RE] [--umask=umask]
       [--arg=argument]  [--exit-on-error]  [--help]  [--version]   [--list]   [--reverse]   [--]
       DIRECTORY

       run-parts -V

説明

       run-parts  は、ディレクトリ directory にある、以下に述べる制約による名前を持つ実行ファイル
       を、すべて実行します。その他のファイルやディレクトリは、黙って無視します。

       --lsbsysinit オプションと --regex オプションのどちらも指定しない場合、このファイル名全体が
       ASCII の大文字小文字と ASCII の数字、ASCII のアンダースコアと ASCII のマイナス・ハイフンで
       できていなければなりません。

       --lsbsysinit  オプションを指定した場合、ファイル名の末尾が  .dpkg-old  や  .dpkg-dist   や
       .dpkg-new  や .dpkg-tmp で終わっていてはいけません。また以下の名前空間のいずれかに属してい
       なければなりません。LANANA      指定名前空間      (^[a-z0-9]+$)、LSB      階層予約名前空間
       (^_?([a-z0-9_.]+-)+[a-z0-9]+$)、Debian cron スクリプト名前空間 (^[a-zA-Z0-9_-]+$) です。

       --regex オプションを指定した場合、オプションの引数に与えた正規表現に一致する名前でなければ
       なりません。

       ファイルは --reverse オプションを与えない限り、ファイル名の辞書順 (C/POSIX  のロケール文字
       照合規則に従う) で実行されます。与えた場合は逆順となります。

オプション

       --test 実行するべきスクリプト名を表示しますが、実際には実行しません。

       --list print  the  names of the all matching files (not limited to executables), but don't
              actually run them.  This option cannot be used with --test.

       -v, --verbose
              各スクリプトの実行前に、ファイル名を標準エラー出力に出力します。

       --report
              --verbose  と同様ですが、出力を提供するスクリプトの名前のみ出力します。そのスクリプ
              トの最初の出力先に合わせて、標準出力・標準エラー出力どちらにでも、スクリプト名を出
              力します。

       --reverse
              スクリプトの実行順を逆にします。

       --exit-on-error
              スクリプトが終了コードに非 0 を返すと、すぐに終了します。

       --lsbsysinit
              古典的な挙動に代えて、LSB 名前空間を使用します。

       --new-session
              各スクリプトを、独立したプロセスセッションで実行します。このオプションを使用する場
              合、run-parts  を kill しても、現在実行中のスクリプトは kill しません。完了するまで
              動き続けます。

       --regex=RE
              ファイル名を拡張正規表現 RE で検証します。例セクションを参照してください。

       -u, --umask=umask
              スクリプトの実行前に umask  を  umask  に設定します。umask  は8進数で指定してくださ
              い。デフォルトの umask は 022 です。

       -a, --arg=argument
              スクリプトに   argument を引数として渡します。渡したい引数ごとに --arg を指定してく
              ださい。

       --     オプションの最後である事を指定します。-- の後にあるファイル名は、ハイフンで始まって
              いたとしても、オプションとして解釈されません。

       -h, --help
              使用方法を表示して終了します。

       -V, --version
              バージョンや著作権を表示して終了します。

       /etc  にある `p' で始まり `d' で終わるファイルをすべて出力するには、以下のようにしてくださ
       い。

       run-parts --list --regex '^p.*d$' /etc

著作権

       Copyright (C) 1994 Ian Jackson.

       Copyright (C) 1996 Jeff Noxon.

       Copyright (C) 1996, 1997, 1998 Guy Maor

       Copyright (C) 2002, 2003, 2004, 2005, 2006, 2007, 2008, 2009 Clint Adams

       run-parts is free software; see the GNU General Public License  version  2  or  later  for
       copying conditions.  There is no warranty.

翻訳

       倉澤 望 <nabetaro@debian.or.jp>, 2012
       Debian JP Documentation ML <debian-doc@debian.or.jp>