Provided by: manpages-ja_0.5.0.0.20071115-1_all bug

XFS意
       XFS  ファイルシステムの  quota  を邑にするためには、  mount(8)  または
       /etc/fstab   の   quota    オプションを使い、集計と制限の強制の両方を-
       効にする。 quotaon ユーティリティは、この目的に使うことはでい覆ぁ

       XFS ルートファイルシステムの quota を邑にするには、 Linux の rootflags
       ブートオプションを使って、          ブート時にカーネルに          quota
       のマウントオプションを渡す必要がある。

       XFS  ファイルシステムの  quota 制限の強制を無効にするには、 repquota -s
       を使って   quota    の集計と強制がともに邑になっていることを確認せよ。
       それから      quotaoff     -vo     を使って制限の強制を無効にすること。
       これはファイルシステムがマウントされている間にも実行でい襦

       XFS ファイルシステムの  quota  制限の強制を邑にするには、  quotaon  -v
       を使う。 これはファイルシステムがマウントされている間にも実行でい襦

ル
       aquota.user または aquota.group
                           ファイルシステムのルートに置かれた  quota  ファイル
                           (バージョン       2       の       quota,       XFS
                           以外のファイルシステム)。
       quota.user または quota.group
                           ファイルシステムのルートに置かれた  quota  ファイル
                           (バージョン       1       の       quota,       XFS
                           以外のファイルシステム)。
       /etc/fstab          デフォルトのファイルシステム。

目
       quotactl(2), fstab(5), repquota(8).