Provided by: dhcp3-common_3.1.1-1ubuntu2_i386 bug

OMAPI

       この          DHCP         クライアントは、動作中にその動作を停止させる
       ことなく自分自身を制御でい襪茲Δ砲垢襪燭瓩竜’修鯆鷆,靴討い泙后
       この機能は、リモートオブジェクト操作     API     である     OMAPI    を
       用いて提供されています。OMAPI  クライアントは、TCP/IP  を  使用してこの
       DHCP               クライアントに接続します。そして、              DHCP
       クライアントの現在の状態を検査でぁ△修両態を変更することが でい泙后

       ユーザプログラムでは、基礎にある     OMAPI     プロトコルを直接実装する
       のではなく、dhcpctl   API   もしくは   OMAPI  そのものを使用すべい任后
       dhcpctl     は、OMAPI      が自動で行ってはくれない雑事のいくつかを扱う
       ラッパです。dhcpctl  および OMAPI については dhcpctl(3) および omapi(3)
       に欺劼気譴討い泙后
       クライアントを用いてやりたいことのほとんどは、特別なプログラムを
       書かなくとも omshell(1) コマンドを使用して直接実現でい ものです。

ト
       制御オブジェクトを使用すると、DHCP             クライアントを終了させ、
       保持しているリースをすべて開放し、クライアントが追加した            DNS
       レコードをすべて消去することがでい襪茲Δ砲覆蠅泙后
       また、クライアントを一時停止させ、クライアントが使用している
       インタフェースの設定を除くことがでい襪茲Δ砲發覆蠅泙后  その後で、DHCP
       クライアントを再起動させることがでぁ
       インタフェースを再設定することがでい泙后D名錙▲魯ぅ丱諭璽轡腑鵑
       入る前やラップトップコンピュータではスリープする前に               DHCP
       クライアントを一時停止させるでしょう。 そして、電源が戻ってい晋紊 DHCP
       クライアントを回復させる
       でしょう。こうすることで、コンピュータがハイバネーションや
       スリープ中には         PC         カードを停止させておぁ▲灰鵐團紂璽燭
       ハイバネーションやスリープから復帰したら以前の状態に
       再度初期化することがでい襪茲Δ砲覆襪里任后

       制御オブジェクトには属世       1       つあります。それは状態属世任后
       クライアントを終了させるには、クライアントの状態属世       2        に
       設定します。クライアントは自動的に     DHCPRELEASE     を行うでしょう。
       クライアントを一時停止させるには、クライアントの状態属世             3
       に設定します。クライアントを復帰させるには、クライアントの  状態属世 4
       に設定します。

ル
       CLIENTBINDIR/dhclient-script,                     ETCDIR/dhclient.conf,
       DBDIR/dhclient.leases, RUNDIR/dhclient.pid, DBDIR/dhclient.leases~

目
       dhclient.conf(5), dhclient.leases(5), dhclient-script(8)

者
       dhclient(8)  は  Ted  Lemon  が  Vixie  Enterprises と協力して Internet
       Systems Consortium のために  書い泙靴拭  Internet  Systems  Consortium
       についてより詳しくは、    http://www.isc.org   をご覧ください。   Vixie
       Enterprises についてより詳しくは、 http://www.vix.com をご覧ください。

       本クライアントは、Elliot   Poger   が   Stanford   大学の   MosquitoNet
       プロジェクトに参加している間に、                                  Linux
       での利用に際し大幅に修正、改良を行いました。

       現在のバージョンは、Elliot  による   Linux   での改良に負うところが大-
       いですが、  Internet  Systems Consortium の DHCP サーバが使うものと同じ
       ネットワーゥ鵐哀侫譟璽爛錙璽を用いるように、Ted        Lemon        が
       大幅な再編成や部分的な書ご垢┐鮃圓い泙靴拭                システム特-
       の設定コードの大部分はシェルスクリプトに移されたので、
       より多くのオペレーティングシステムのサポートが加えられるにつれ、
       システム特佑寮瀋螢魁璽匹鬚修離ペレーティングシステムに
       移植したり管理したりする必要はなくなるでしょう。
       代わりに、シェルスクリプトが環兇帽腓辰織帖璽襪鮓討喀个靴
       その目的を果たしてくれます。

                                                                   dhclient(8)