Provided by: manpages-ja_0.5.0.0.20080615-1_all bug

POSIXン
       -R     ディレクトリやそこに含まれるもののグループ所-
              権を再帰的に変更する。 (エラーが起こっても処理を続ける。)

GNUン
       -c, --changes
              実際にグループの変更があった                                file
              それぞれについての動作を詳細に表示する。

       --dereference
              シンボリックリンク自身ではなく、それが指している先を変更する。

       -f, --silent, --quiet
              グループを変更で-
              なかったファイルについてのエラーメッセージを出力しない。

       -h, --no-dereference
              指している先ではなく、シンボリックリンクそれ自身を変更する。
              これがデフォルトである。               lchown                (2)
              システムコールが提供されていない場合、chown         は失敗する。
              再帰的に辿っているとい縫轡鵐椒螢奪リンクが見つかり、       かつ
              --verbose                               が指定されていない場合、
              エラーメッセージは表示されない。

       -v, --verbose
              全ての      file      について変更した      (もしくはしなかった)
              という動作を詳細に表示する。

       -R, --recursive
              ディレクトリやそこに含まれるもののグループ所-
              権を再帰的に変更する。

       --reference=file
              指定されたファイルとディレクトリを                          file
              と同じグループに変更する。

GNUン
       --help 標準出力に使用方法のメッセージを出力して正常終了する。

       --version
              標準出力にバージョン情報を出力して正常終了する。

       --     オプションリストを終了する。

数
       変数 LANG, LC_ALL, LC_CTYPE, LC_MESSAGES が通常の意味を持つ。

拠
       POSIX      1003.2      では     -R     オプションのみを必要としている。
       その他のオプションを使用すると互換世ないかもしれない。

意
       chown(2)               が               set-uid,                set-gid
       のビットをリセットするようなシステムにおいても、 これらは保存される。

       このページでは         fileutils-4.1        パッケージでの        chgrp
       コマンドについて説明している。
       その他のバージョンでは少し違いがあるかもしれない。         修正や追加は
       aeb@cwi.nl,       aw@mail1.bet1.puv.fi,       ragnar@ragnar-hojland.com
       宛てにメールで連絡してほしい。      プログラムのバグについては     bug-
       fileutils@gnu.org へ報告してほしい。