Provided by: manpages-ja_0.5.0.0.20080615-1_all bug

SETUID用
       RCS         管理者以外のユーザがリビジョンを削除でい覆い茲Δ砲垢襪砲蓮
       以下のように setuid 特権を使用することがでい泙后

       o その計算機で RCS にて setuid が使用でい襪確認します。 疑問があると-
         は、信頼でい訐賁膕箸飽娶を聞いてください。  最も良いのは、 seteuid()
         システムコールが     Posix     1003.1a     Draft     5     に      -
         述されているように動作することです。     なぜなら、実ユーザが    root
         であっても、RCS は実ユーザと実効ユーザを簡単に切り替えることがで-
         るからです。   その次に良いのは、   setuid()  システムコールが  saved
         setuid   (Posix   1003.1-1990の   {_POSIX_SAVED_IDS}    の動作)    を
         サポートしている場合です; この場合、実ユーザもしくは実効ユーザが root
         である時のみ失敗します。           RCS           は            setuid
         に失敗すると、ただちに終了します。

       o ユーザグループの    RCS   管理者として、ユーザ   A   を選びます。   A
         だけが、RCS ファイルに対して rcs コマンドを実行することがでい泙后  Aroot         や、特権を持ったユーザであってはいけません。
         相互に異なるユーザグループには、異なる管理者を使用するべい任后

       o ユーザが実行するファイルのディレクトリに、パス名 B を選びます。

       o 以下のように、通常のインストールディレクトリ D から、 cicoB
         にコピーし、 A へ setuid します:

              mkdir  B
              cp  D/c[io]  B
              chmod  go-w,u+s  B/c[io]

       o 以下のように、各ユーザのパスに B を加えます:

              PATH=B:$PATH;  export  PATH  # ordinary shell
              set  path=(B  $path)  # C shell

       o 以下のように、   A   だけが書すみ許可を持つ   RCS   ディレクトリ   R
         を作成します:

              mkdir  R
              chmod  go-w  R

       o 特定のユーザだけに      RCS      ファイルの読み込みを許可したい場合、
         そのユーザをユーザグループ  G  に入れて、さらに A が以下のように、RCS
         ディレクトリを保護します:

              chgrp  G  R
              chmod  g-w,o-rwx  R

       o (存在すれば)  古い   RCS   ファイルを   R   にコピーし、   A   が所-
         であることを保証します。

       o RCS                                      ファイルのアクセスリストは、
         リビジョンをチェックインおよびロックでい襯罅璽兇鮴限します。
         デフォルトのアクセスリストは空で、    RCS    ファイルを読むことので-
         る全てのユーザに、登録の権限を与えます。
         チェックインを制限したい場合は、   A   がそのファイルに対して  rcs -a
         を実行します; rcs(1)  を参照してください。  特に  rcs -e -aA  は、  A
         だけにアクセスを制限します。

       o 初めてチェックインを行う前に、   Arcs -i  によって新しい  RCS
         ファイルを初期化します。      チェックインを制限したい場合、       -a
         オプションを付け加えます。

       o setuid    特権は、    ci,    co,    rcsclean    のみに与えます;   rcs
         や他のコマンドに、setuid 特権を与えてはなりません。

       o RCS  コマンドに対して、他の  setuid  コマンドを実行しないでください。
         setuid はあなたが考えるより扱いにくいものです。

数
       RCSINIT
              本変数に空白で区切ったオプションを設定することで、
              コマンドライン引数に先立って処理されます。
              空白はバックスラッシュによってエスケープすることがでい泙后
              RCSINIT はほとんどの RCS  コマンドで参照されます。特に  -q,  -V,
              -x, -z オプションを指定しておくと便利です。

       TMPDIR 一時ディレクトリ名を指定します。 設定されていない場合は、環曲竸
              TMPTEMP      とを調べ、始めに見つかった値を用います;
              どれも設定されていない場合は、
              計算機依存のデフォルトのディレクトリ    (たいていは    /tmp    )
              を使用します。

断
       各リビジョンに対して、              ci              は              RCS
       ファイル名、ワークファイル名、追加するリビジョン番号、直前の
       リビジョン番号を表示します。全ての処理が成功した場合のみ、
       終了ステータスが 0 になります。

者
       Author: Walter F. Tichy.
       Manual Page Revision: 1.6; Release Date: 1999/08/27.
       Copyright (C) 1982, 1988, 1989 Walter F. Tichy.
       Copyright (C) 1990, 1991, 1992, 1993, 1994, 1995 by Paul Eggert.

目
       co(1), ident(1), make(1), rcs(1), rcsclean(1), rcsdiff(1), rcsintro(1),
       rcsmerge(1), rlog(1), setuid(2), rcsfile(5)
       Walter  F. Tichy, RCS--A System for Version Control, Software--Practice
       & Experience 15, 7 (July 1985), 637-654.