Provided by: djvulibre-bin_3.5.21-3ubuntu1_i386 bug

DjVu縮
       DjVu 画像の圧縮は次の三つの技術をベースにしています:

   DjVuPhoto
       IW44                   としても知られている                   DjVuPhoto
       は累積的なデコード/描画機能を持った、                           Wavelet
       ベースの連続階調画像用の圧縮技術です。主にカラーやグレースケールの
       写真画像の圧縮で使われます。同じ品質の画像では通常                 JPEG
       に比半分のサイズに圧縮されます。

   DjVuBitonal
       JB2     としても知られる      DjVuBitonal      は白黒画像の圧縮で、テ-
       スト画像を効果的に圧縮することが
       出来るように、文字などのようなページ中に似通った模様が反復している点を活用しています。
       主にテゥ好箸簔噂磴平淕未覆匹稜鮃画像の圧縮に使用されます。典型的な 300
       DPI のページを DjVuBitonal で圧縮するとおよそ 5 から 25 KB 程度となり、
       TIFF-G4 や PDF と比べ、約 3 から 8 倍も小さくなります。

   DjVuDocument
       DjVuDocument                         は、雑誌のページのような写真とテ-
       ストの両方を含むカラーデジタル文書
       のために設計された圧縮技術です。DjVuDocument
       は画像を個別に圧縮されたレイヤで 表します。前景レイヤは通常 DjVuBitonal
       で圧縮され、テゥ好箸篆泙魎泙澆泙后        背景レイヤは       DjVuPhoto
       で圧縮され、背景のテクスチャや写真を低解像度で保持します。

DjVuム
       DjVu テクノロジーはインターネットにデジタル文書を効果的に配信するために
       一から設計されました。マルチページ文書を扱う様々な方法や、ハイパーリンクや
       目ターでタ、検索テ-
       ストなどコンテンツをより価値あるものにする様々な機能を 備えています。

  書
       バンドルド形式のマルチページ                                       DjVu
       文書は文書全体を一つのファイルで表現します。
       このファイルは全てのページと補助的な情報(ページのディレクトリ、ページ間で共-
       されるデータ、
       サムネイルなど)を保持します。単一のファイルフォーマットを採用することで、
       ドゥ絅瓮鵐箸鯤歛犬靴燭蠹纏劵瓠璽襪謀塞佞垢襪里鉾鷯錣吠慷です。

       マルチページ文書の           URL           をブラウザに打ち込むと、DjVu
       ブラウザプラグインはファイル全てをダウンロードしますが、
       最初のページはデータがダウンロードされたと同時に表示されます。ツールバーから
       すぐに別のページへ移動することが出来ます。しかし、文書がリモートの  WEB
       サーバ
       上に保存されていたとします。最初のページに容易にアクセスすることがで-
       、その
       文書が必要でないことが分かります。すると残りのページは表示する必要はありませんが、
       ブラウザーはデータのダウンロードを続け、サーバや回線の帯域を無駄に使い続けます。
       また、最初のページの要約を読んでから、100
       ページ目へジャンプすることもでい泙后    しかし、100    ページ目は    1
       ページから         99        ページまでのデータがダウンロードされるまで
       表示されません。この二つ目の問題(不必要に待つこと)は           HTTP/1.1
       プロトコルのバイトサービングオプションを使用して解決することが出来ます。
       このオプションは                WEB                 サーバやプロゥ掘▲-
       ャッシュ、ブラウザでサポートされていなければ
       なりません。しかし、バイトサービングは最初の問題(帯域の浪費)は解決で-
       ません。

  書
       インダイレクト形式のマルチページ                                   DjVu
       文書はこれら二つの問題を解決します。   インダイレクト形式のマルチページ
       DjVu                           文書は複数のファイルで構成されます。中心
       となるファイルはインデックスファイルと呼ばれています。ブラウザで表示すると-
       は         バンドルド形式と同じようにインデックスファイルの         URL
       を使います。インデックスファイルは非常に小サイズです。このファイルは文書のディレクトリと
       ページのデータを含む二次的なファイルの                              URL
       を含んでいるだけです。インダイレクト形式のファイルを表示する場合は、ブラウザは
       表示しているページのデータにアクセスしているだけです。ブラウザはページの-
       ャッシュを
       管理し、設定によっては現在のページに続くページを何ページか先読みするため、
       ページのアクセスは合理的なスピードで行うことが出来ます。このモデルは、WEB
       が提供する
       帯域をより効果的に使用することが出来ます。また、長い文書の別のページへジャンプすると-
       不必要に遅延が発生することもありません。

  ン
       全ての                                                             DjVu
       画像はオプションとしていわゆるアノテーションチャンクを持つことが出来ます。
       アノテーションチャンクは、別の文書や任意の                          WEB
       へのハイパーリンクを定義するのに
       使用されます。また、アノテーションチャンクは初期表示モードや、ハイライトエリア、
       ページや文書に関する任意のメタデータを保持するのにも使用されます。

  ト
       全ての          DjVu           画像はオプションとして画像を対応するテ-
       ストに関連付けた隠れた      テゥ好肇譽ぅ笋鮖つことが出来ます。このテ-
       ストレイヤは通常               OCR               ソフトウェアを実行する
       ことで作成することが出来ます。このテゥ好半霾鵑砲茲蝓DjVu
       文書にインデックスを作成したり        DjVu         のページ画像からテ-
       ストをコピー/ペーストすることが出来ます。

  ル
       DjVu
       文書はあらかじめ作成されたページのサムネイルを保持することが出来ます。

DjVuZone DjVuLibre
       DjVu  テクノロジーは初め  1995  年から  1999   年にかけて   AT&T   Labs
       の数名の研究員   によって開発されました。その後   LizardTech,   Inc.  (
       http://www.lizardtech.com        )         が         AT&T         Labs
       から商業化権を取得しました。LizardTech     は今では    DjVu    を使って
       文書を作成したり配信したりするためのたくさんのソリューションを提供しています。

       DjVuZone   WEB   サイト   (  http://www.djvuzone.org  )  は最初に  DjVu
       テクノロジーを開発した数名の      AT&T      Labs       の研究員によって
       維持されています。私たちは                                         DjVu
       に関する独立した情報ソースを提供することで                         DjVu
       テクノロジーの推進を図っています。

       商業化により占-
       された文書フォーマットには非常に小さな余地しか残されていないことを
       知りつつ、LizardTech      は     2000     年の     12     月に     DjVu
       のリファレンスライブラリを                                          GNU
       のパブリックライセンスの下でリリースしました。このライブラリは圧縮形式と
       基本的なコーデックを定義したものです。6  ヵ月後、LizardTech   は   Unix
       版のビューア           のソースコードとともに、更新された          DjVu
       リファレンスライブラリをリリースしました。

       これら二つのリリースが、DjVuLibre
       ソフトウェアの基礎を成しています。私たちは
       オープンソースのコミュニティの期待に沿うようにビルドシステムを変更しました。
       様々なバグやポータビリティの問題が修正されました。また、私たちはインストールや
       使用方法を簡便にする一方、LizardTech
       のリリースの基本的な構造を保持しています。

       DjVuLibre ソフトウェア以下のコンポーネントを含みます:

       bzz(1) 一般的な圧縮コマンドラインプログラム。たくさんの            DjVu
              内部データ構造をこの方法で 圧縮することが出来ます。

       c44(1) DjVuPhoto     コマンドラインエンコーダ。この最先端の     Wavelet
              圧縮ツールは     PPM     または    JPEG    画像から    DjVuPhoto
              画像を作成します。

       cjb2(1)
              DjVuBitonal
              コマンドラインエンコーダ。このソフトパターンマッチング圧縮ツールは
              PBM                     画像から                     DjVuBitonal
              画像を作成します。可逆で圧縮することも、圧縮率を改善
              する非可逆形式でも圧縮可能です。可逆圧縮モードは      LizardTech
              の商用製品に匹敵する 税修鯣揮します。

       cpaldjvu(1)
              インデックスカラー画像用                            DjVuDocument
              コマンドラインエンコーダ。このエンコーダは
              スクリーンショットのような色数の少ない画像の圧縮に最適化されています。全体に占める
              率の高い色は背景へ配置されます。ほかの色は前景レイヤへ配置されます。

       csepdjvu(1)
              分割された画像用の                                  DjVuDocument
              コマンドラインエンコーダ。このエンコーダは、あらかじめ
              分離された前景画像と背景画像入力すると、DjVuDocument
              画像を生成します。

       ddjvu(1)
              DjVu              画像のコマンドラインデコーダ。このプログラムは
              指定した解像度で、DjVu      文書の指定ページの指定箇所を     PNM
              画像へ変換します。

       djview(1)
              DjVu 画像のスタンドアロンビューア。この洗練されたビューアは DjVu
              文書を表示します。
              高速ズームやパン、ページ移動を行うことが出来ます。

       nsdejavu(1)
              DjVu
              画像のブラウザプラグインビューア。この小さなプラグインで、WEB
              ブラウザから DjVu 文書を閲覧することが出来ます。内部的に  djview
              を呼び出して動作します。

       djvups(1)
              DjVu 文書を PostScript に変換するコマンドラインツール。

       djvm(1)
              バンドルド形式の                                            DjVu
              文書を作成するためのコマンドラインツール。このプログラムは
              個別のページを集めてバンドルド文書を作製するのに使用されます。

       djvmcvt(1)
              バンドルド形式の文書をインダイレクト形式に変換したりその逆を行うためのコマンドラインツール。

       djvused(1)
              マルチページ文書の作成、アノテーションチャンク、テ-
              ストレイヤ、サムネイル画像など
              の編集のための強力なコマンドラインツール。

       djvutxt(1)
              DjVu 文書のテゥ好肇譽ぅ笋魏鯏爐垢襯灰泪鵐疋薀ぅ鵐帖璽襦

       djvudump(1)
              DjVu
              ファイルを検査して、内部構造を表示するコマンドラインツール。

       djvuextract(1)
              DjVu 画像ファイルを分解するコマンドラインツール。

       djvumake(1)
              DjVu 画像ファイルを結合させるコマンドラインツール。

       djvuserve(1)
              インダイレクト形式のマルチページ  DjVu  文書を瞬時に作成する CGI
              プログラム。

DjVu Any2DjVu
       DjVuLibre    には、写真画像用の    c44(1)    、白黒画像用の     cjb2(1)
       、インデックスカラー用の                                    cpaldjvu(1)
       などの様々なエンコーダが含まれます。
       これらのエンコーダはそれぞれの画像で良い結果が得られるように
       調整されていますが、セグメンテーションやマルチページのエンコード
       といった複雑な処理を行うことが出来ません。

       LizardTech  の商用製品は  (http://www.lizardtech.com/solutions/document
       を参照) こうした複雑な処理を行うためのツールを提供しています。

       また、                                   (http://any2djvu.djvuzone.org)
       にある変換サーバでは別のソリューションを提供しています。   このマシンは
       LizardTech      に渡る以前の      AT&T      Labs       時代のプロトタイ
       エンコーダを使用しており、LizardTech         の商用エンコーダと同程度の
       パフォーマンスを得ることが出来ます。Any2DjVu             変換サーバは、
       登録した文書が機密であることを保証するものではなく、ただ世界中の
       人たちが利用でい襪茲Δ砲靴討△襪海箸砲潅躇佞ださい。

ト
       過去 5  年間、たくさんの人々が  DjVu  のソースコードに貢献してい泙靴拭
       以下のリストを修正するには、sourceforge
       のバグレポートを提出してください。

          Yoshua Bengio、  Leon  Bottou、  Chakradhar  Chandaluri、  Regis  M.
          Chaplin、  Ming  Chen、  Parag  Deshmukh、  Royce  Edwards、  Andrew
          Erofeev、  Praveen  Guduru、  Patrick  Haffner、  Paul  G.  Howard、
          Orlando  Keise、 Yann Le Cun、 Artem Mikheev、 Florin Nicsa、 Joseph
          M. Orost、 Steven Pigeon、 Bill Riemers、 Patrice  Simard、  Jeffery
          Triggs、 Luc Vincent、 Pascal Vincent。

          この   man   page  は  Nobchika  Morimoto  <morimoto@lizardtech.com>
          が翻訳しました。