Provided by: djvulibre-bin_3.5.21-3ubuntu1_i386 bug

SYNOPSIS

       djvused [options] djvufile

èªçæ˜Ž
       プログラム                                                      djvused
       はマルチページ文書を作成したり、アノテーションチャンクやテ-
       ストレイヤの編集、
       サムネイルの作成などを行うための強力なコマンドラインツールです。プログラムは
       djvufile        に指定された        DjVu        文書を読み込み、djvused
       の様々なコマンドを実行します。

       djvused    のコマンドは特定のファイルから読み込んだり(オプション     -f
       が指定されている場合)、コマンドラインから読み込んだり(オプション     -e
       が指定されている場合)、標準入力から読み込む(デフォルト)ことが可能です。

ã‚ãƒå»ã‚è½ãƒè…ン
       -v     djvused
              はコマンドを読み込む前にコマンドラインプロンプトを出力し、
              コマンドの処理状況を示すメッセージを出力します。このオプションは
              djvused          のスクリプトをデバッグしたり、          djvused
              のコマンドを標準入力から入力したりするのに非常に便利です。

       -f scriptfile
              djvused はファイル scriptfile からコマンドを読み込みます。

       -e command
              djvused                 はオプション引数                commands
              に指定されたコマンドを実行します。
              シェルが不必要にコマンドを展開するのを防ぐために
              コマンドをシングルクォーテーションで 囲むことをお勧めします。

       -s     djvused   は指定されたコマンドを実行した後、ファイル    djvufile
              に保存します。         これはプログラムの終了直前に         save
              コマンドを実行するのと同じです。

       -n     djvused         は          save          コマンドを無視します。
              これはローカルディスクのファイルを上書い擦困
               djvused スクリプトをデバッグするのに便利です。

ä½è—ç”å†æ–法
       djvused                                    の使い方はたくさんあります。
       以下の例ではいくつかの代表的な使用方法 をご紹介します。

  ãƒæ“ãƒç’ã‚çŒã‚æ±ã‚ãã‚å›ãäºåèå¾—
       コマンド                 size                  は                  HTML
       のような書式で選択したページの幅と高さを返します。
       たとえば、以下のコマンドは myfile.djvu の 3

          djvused myfile.djvu -e 'select 3; size'

  ãƒè¬ã‚ã‚å¥ãƒç®ãåƒæ›é¢ãå‡ä¸ã—
       コマンド     print-pure-txt      はページまたは文書に関連付けられたテ-
       ストを出力します。             たとえば、以下のコマンドは文書全体のテ-
       ストを出力します。 行やページは通常のコントロール文字で区切られます。

          djvused myfile.djvu -e 'print-pure-txt'

       コマンド                        print-txt                        はテ-
       ストコンポーネントの構造や位置を示す情報を持った拡張テゥ好箸
       出力します。書式はこの  man   page   の後半で解説します。たとえば、以下
       のコマンドは myfile.djvu の 3 ページ目の拡張テゥ好半霾鵑鮟侘呂靴泙后

          djvused myfile.djvu -e 'select 3; print-txt'

  ã‚â–ãƒé›ãƒè‘ãƒç’ã‚è½ãƒè…ãƒéµãåƒæ›é¢ãå‡ä¸ã—
       アノテーションデータはコマンド    print-ant   で書そ个垢海箸出来ます。
       アノテーションデータの書式はこの                man                page
       の後半で解説します。たとえば、       以下のコマンドは       myfile.djvu
       の最初のページのアノテーションデータを出力します。

          djvused myfile.djvu -e 'select 1; print-ant'

       コマンド                                                      print-ant
       は選択されたコンポーネントファイルに含まれるアノテーションだけを
       出力します。   コマンド   print-merged-ant    は現在のページが(    INCL
       を使用して)参照している全てのコンポーネントファイルから
       アノテーションを取得し、マージした情報を返します。

  ã‚â–ãƒé›ãƒè‘ãƒç’ã‚è½ãƒè…ãƒéµã‚ç­ãƒè¬ã‚ã‚å¥ãƒç®ãé›ãƒç€ãƒéµãƒå»ãè‚ãƒèžã‚å¥ãƒè‚ã‚¢
       3   つのコマンド    output-txt、output-ant、output-all    は    djvused
       スクリプトを生成します。たとえば、以下のコマンドは  djvused  スクリプト
       myfile.dsed         を生成します。このスクリプトは          myfile.djvu
       に含まれる全てのテゥ好箸肇▲離董璽轡腑鵐如璽燭鮑萄鄒します。

          djvused myfile.djvu -e 'output-all' > myfile.dsed

       スクリプト         myfile.dsed         は簡単に編集することが出来るテ-
       ストファイルです。以下のコマンドは    ファイル    myfile.djvu    のテ-
       ストとアノテーション情報を再作成します。

          djvused myfile.djvu -f myfile.dsed -s

  ãƒæ“ãƒç’ã‚çŠãåƒæ›é¢ãå‡ä¸ã—
       2         つのコマンド        save-page        と        save-page-with
       は分書中の選択されたコンポーネントファイルを示す                   DjVu
       ファイルを作成します。  たとえば、以下のコマンドは文書 myfile.djvu の 5
       ページ目を含むファイル p05.djvu

          djvused myfile.djvu -e 'select 5; save-page p05.djvu'

       文書の各ページは、いわゆる       inclusion        チャンク(        INCL
       )を使用して別のコンポーネントファイルからのデータを
       インポートすることがあります。        そして、コマンド        save-page
       はインポートされたデータへの未解決の参照を含んだファイルを作成します。
       このようなファイルは、別のコンポーネントファイルが必要とするデータ
       をもつマルチページ文書の一部として作成されます。 これに対して、コマンド
       save-page-with
       は全てのインポートされたデータを出力ファイルにコピーします。
       このファイルは直接使うことが出来ます。しかし、そのようなファイルを    1
       つのマルチページ文書に集めると不必要にデータを複製してしまう可能-
       があります。

  ã‚æ±ãƒçˆãƒå„ã‚ããƒè¥ãè™ä½é„成
       コマンド              set-thumbnails              は               DjVu
       ビューアが表示に使用するサムネイルを作成します。
       たとえば、以下の例は、ファイル myfile.djvu の全てのページにサイズ 64x64
       ピクセルでサムネイルを作成します。

          djvused myfile.djvu -e 'set-thumbnails 64'

ã‚çãƒæ³ãƒéµãƒ‰
       コマンドラインには一つまたは複数の djvused コマンドやオプションコメント
       が含まれていたり、全く含まれていないこともあります。複数の      djvused
       コマンド       はセミコロン「;」で区切ります。コメントは「#」に続けて-
       述し、行末まで コメントとして認識されます。

  éæŠé¬ã‚çãƒæ³ãƒéµãƒ‰
       マルチページの DjVu  文書は複数のコンポーネントファイルで構成されます。
       ほとんどのコンポーネントファイルは、文書の特定のページに相当します。
       コンポーネントの中には共猷菫データや共-
       アノテーション、サムネイルのように                   複数のページで共-
       されるものもあります。多くの             djvused             コマンドは
       選択したコンポーネントファイルに邑です。全てのコンポーネントファイルは
       最初は選択されています。以下のコマンドは選択状態を変更するのに使用します。

       ls     文書中の全てのコンポーネントファイルを選択します。各行は
              オプションのページ番号や、コンポーネントファイルのタイプを示す文字、
              コンポーネントファイルのサイズ、コンポーネントファイルの識別子を含みます。
              コンポーネントファイルのタイプを示す文字              P、I、A、T
              はそれぞれページデータ、共猷菫データ、共-
              アノテーションデータ、サムネイルデータ
              を示します。ページ番号はページデータを含むコンポーネントファイルにのみ
              リストされています。

       select [fileid]
              引数 fileid で認識されたコンポーネントを選択します。 引数 fileid
              はページ番号またはコンポーネントファイルの識別子を指定します。
              select      コマンドは引数       fileid       が省略された場合、
              全てのコンポーネントファイルを選択します。

       select-shared-ant
              共優▲離董璽轡腑鵑魎泙爛灰鵐檗璽優鵐肇侫.ぅ襪鯀択します。
              現バージョンの DjVu ソフトウェアではこのようなファイルは一つだけ
              サポートされています。このコンポーネントファイルは通常特定のページ
              ではなく文書全体に属するアノテーションを保持します。このコンポーネント
              ファイルが存在しないとエラーが発生します。

       create-shared-ant
              共-
              アノテーションを含むコンポーネントファイルを作成して選択します。
              このコマンドは共-
              アノテーションコンポーネントが既に存在する場合は            共-
              アノテーションコンポーネントのみを選択します。存在しない場合は、
              新しい共-
              アノテーションコンポーネントを作成し、文書中の全てのページ
              からインポートされていることを確認します。

  æ§è«ã€åžãæ·ã‚çãƒæ³ãƒéµãƒ‰
       help   djvused
              がサポートする全てのコマンドのヘルプメッセージを表示します。

       n      文書中の総ページ数を表示します。

       dump   文書または選択されたコンポーネントファイルの     EA    IFF    85
              構造を表示します。        同様の機能はプログラム        djvudump
              でも提供されています。

       size   選択されたページの幅と高さを表示します。各ページのサイズは
              <EMBED...></EMBED>
              タグで直接挿入するのに適した書式で表示されます。

  ãƒè¬ã‚ã‚å¥ãƒç®ãã‚èŒãå’ã‚â–ãƒé›ãƒè‘ãƒç’ã‚è½ãƒè…ãƒéµã‚çãƒæ³ãƒéµãƒ‰
       print-pure-txt
              選択したページのテゥ好肇譽ぅ笋離謄ストを出力する。同様の機能は
              プログラム              djvutxt               も提供しています。
              構造化情報はコントロール文字で表されることがあります。ページ毎のテ-
              ストは
              フィード文字「\f」で区切られます。行は改行コード「\n」で区切られます。
              カラムや、領域、パラグラフはそれぞれ、タブ文字「\013」、グループセパレータ「\035」、
              ユニットセパレータ「\037」で区切られます。

       print-txt
              選択されたページのテゥ好半霾鵑鮟侘呂靴泙后
              この情報は文書中のページのテ-
              スト構造を表し、ページ画像中の構造化要素    の位置を特定します。
              出力の書式は、この man page の後半で解説します。

       remove-txt
              選択されたコンポーネントファイルからテゥ好半霾鵑鮑鐔します。
              たとえば、コマンド   selectおよびremove-txt   を実行すると、DjVu
              文書中の全てのテゥ好半霾鵑削除されます。

       set-txt [djvusedtxtfile]
              選択したページにテゥ好半霾鵑鯀淨します。         オプション引数
              djvusedtxtfile           はテゥ好半霾鵑魎泙爛侫.ぅ襪量樵阿任后
              このファイルはコマンド                                 print-txt
              で作成される内容と同じでなければなりません。
              オプション引数が省略された場合、   プログラムはピリオドか    EOF
              が見つかるまで         djvused        スクリプトから        テ-
              スト情報を読み続けます。

       output-txt
              選択したページのテゥ好半霾鵑鮑胴獣曚垢   djvused   スクリプトを
              出力します。このスクリプトは     djvused     プログラムを     -f
              オプション付で起動することで、後で編集したり実行することが出来ます。

       print-ant
              選択されたコンポーネントファイルのアノテーションを出力します。
              アノテーションデータは後述するシンプルな書式で出力されます。

       print-merged-ant
              選択されたコンポーネントファイルに保存されたアノテーションを
              共優▲離董璽轡腑鵐侫.ぅ襪覆匹らインポートしたアノテーションへ
              マージします。
              アノテーションデータは後述するシンプルな書式で出力されます。

       remove-ant
              選択されたコンポーネントファイルからアノテーション情報を削除します。
              たとえば、コマンド  selectおよびremove-ant   を実行すると   DjVu
              文書から全てのアノテーション情報を削除します。

       set-ant [djvusedantfile]
              選択したコンポーネントファイルのアノテーションを設定します。
              オプション引数の                                  djvusedantfile
              はアノテーションデータを含むファイルの名前です。
              このファイルはコマンド                                 print-ant
              が出力する内容と同じでなくてはなりません。
              オプション引数が省略された場合、   プログラムはピリオドか    EOF
              が見つかるまで         djvused        スクリプトから        テ-
              スト情報を読み続けます。

       output-ant
              選択したページのアノテーション情報を再構築する           djvused
              スクリプトを出力します。このスクリプトは djvused プログラムを -f
              オプション付で起動することで、後で編集したり実行することが出来ます。

       print-meta
              選択したコンポーネントファイルののアノテーションからメタデータの部分を出力します。
              このコマンドは                                         print-ant
              コマンドが出力する情報のサブセットを異なる書式で表示します。メタデータは
              ァ爾斑佑離撻△嚢柔されています。各行は  author、title  などの-
              ー名を含み、その後にタブ文字「\t」とダブルクォーテーションで囲まれた
              UTF-8 エンコードのメタデータ文字列が続い泙后

       set-meta djvusedmetafile
              選択したコンポーネントファイルのアノテーションからメタデータの部分を設定します。
              アノテーションの他の部分は変更されません。        オプション引数
              djvusedmetafile           はメタデータを含むファイルの名前です。
              このファイルはコマンド                                print-meta
              が出力する内容と同じでなくてはなりません。
              オプション引数が省略された場合、    プログラムはピリオドか   EOF
              が見つかるまで        djvused        スクリプトから         テ-
              スト情報を読み続けます。

       output-all
              選択したページのテゥ好箸よびアノテーション情報を再構築する
              djvused     スクリプトを出力します。このスクリプトは     djvused
              プログラムを                                                  -f
              オプション付で起動することで、後で編集したり実行することが出来ます。

  ã‚æ±ãƒçˆãƒå„ã‚ããƒè¥ã‚çãƒæ³ãƒéµãƒ‰
       set-thumbnails sz
              サムネイルサイズ  szxsz  ピクセルを計算し文書に挿入します。 DjVu
              ビューアは各ページのデータをダウンロードしなくても
              非常に効果的にサムネイルを表示することが出来ます。
              通常サムネイルサイズは 48 から 128 の間で指定します。

       remove-thumbnails
              DjVu  文書からサムネイルを削除します。  コマンド  set-thumbnails
              で新しいサムネイルを作成することが出来ます。

   Save commands
       上気離灰泪鵐匹魯瓮皀蠑紊         DjVu         文書を変更するだけです。
       以下のコマンドは変更したデータをファイルシステムに保存する方法を
       提供します。

       save   プログラム   djvused   の引数に指定された入力ファイル   djvufile
              に変更された      DjVu       文書を保存しなおします。       DjVu
              ファイルが変更されなかった場合は何もしません。   オプション   -s
              を指定するのはプログラム終了前にコマンド                    save
              を実行するのと同じです。

       save-bundled filename
              現在の  DjVu  文書をバンドルド形式の  DjVu  文書 として filename
              に指定された名前で保存します。  同様の機能はプログラム   djvmcvt
              でも提供されています。

       save-indirect filename
              現在の   DjVu   文書をインダイレクト形式のマルチページ文書として
              保存します。インダイレクト形式のインデックスファイル名は
              filename です。 同様の機能は djvmcvt でも提供されています。

       save-page filename
              選択されたコンポーネントファイルを    filename    という    DjVu
              ファイルに保存します。
              選択されたコンポーネントファイルはいわゆる  inclusion  チャンク(
              INCL         )を使用して他のコンポーネントファイルからインポート
              されたデータである可能世あります。このコマンドは
              インポートされたデータへの未解決の参照を含むファイルを作成します。
              このようなファイルは、他のコンポーネントファイルに必要なデータを含む
              マルチページ文書の一部にしておく必要があります。

       save-page-with filename
              選択されたコンポーネントファイルを    filename    という    DjVu
              ファイルに保存します。
              別のコンポーネントファイルからインポートされた全てのデータは出力ファイル
              にも同様にコピーされます。このコマンドは常に使用可能な      DjVu
              ファイルを作成します。
              一方、このようなページをマルチページ文書内に複数集めることと、不必要にデータを
              重複させてしまう可能世あります。

djvusedãƒä¾ã‚ï¼ã‚ããƒè§å½æŽå¼
       djvused               はアノテーションやテゥ好箸鬚△蕕錣垢里縫轡鵐廛襪
       括弧付の書式を使用します。

       *  この書式は                                                      DjVu
          がアノテーションを保存するのに使用される標準の書式です。  プログラム
          djvused                         は単に                        bzz(1)
          アルゴリズムを使用してアノテーションデータを圧縮するだけです。

       *  この書式は DjVu  がテゥ好箸鯤歛犬垢襪里忙藩僂垢觸饉阿箸楼曚覆蠅泙后
          プログラム               djvused               は               DjVu
          が使用するコンパクトなバイナリ形式と編集が容易な括弧付の形式の
          間で変換を行います。

  ä¸è²èˆå§çšãå¡æ›é¥å¼
       djvused   ファイルは  ASCII  テゥ好肇侫.ぅ襪任后djvused  ファイルで-
       効な文字は  印字可能な  ASCII  文字とスペース、タブ、cr、nl  文字です。
       これ以外の文字を使用した場合の結果は見て意義です。

       djvused    ファイルは空白文字(文字、スペース、タブ、cr、nl)で区切られた
       一続い亮阿嚢柔されます。   式には整数、シンボル、文字列、リストの    4
       種類があります。

       整数:  製数値は通常通り複数の桁で表現されます。

       シンボル:
              シンボルつまり識別子は名前やァ璽錙璽匹鮗┐弘貘海-
              の印刷可能な文字です。使用でい
              文字はアルファベットおよび数字、アンダースコア「_」、マイナス「-」、シャープ「#」
              (全て半角)です。名前は、数字やマイナス-
              号ではじめてはいけません。

       文字列:
              文字列は任意のバイトシーケンス、通常は         S.SM        UTF-8
              エンコードの文字として認識されるシーケンスを表示します。 djvused
              ファイルの文字列は                                             C
              言語の文字列に似ています。文字列はダブルクォーテーション
              で囲まれた文字です。バックスラッシュ(「\」)で始まる文字シーケンスには
              特別な意味があります。            1            から            3
              桁の数字の前のバックスラッシュは、バイト値の  10  進数表現です。
              a、b、t、n、v、f、r に続くバックスラッシュはそれぞれ文字コード 8
              から               13               を示しています。その他の文字
              の前のバックスラッシュはそれぞれの文字を示します。特に、ダブルクォーテーションの
              前のバックスラッシュはダブルクォーテーションを示し、文字列の終了位置を示すものでは
              ありません。

       リスト:
              リストはブランクと括弧で囲まれた一続-
              の式です。全てのタイプの式をリストに含めることが可能で、
              サブリストを含めることもでい泙后

  ãƒè¬ã‚ã‚å¥ãƒç®ãåƒæ›é¥å¼
       テゥ好箸僚饉阿牢靄榲にはテゥ好箸粒胴渋げ愁灰鵐檗璽優鵐
       を表すリストです。構造化コンポーネントは以下の形式です:

          (type xmin xmax ymin ymax ... )

       シンボル    type    は、   page、column、region、para、line、word、char
       (優先度順)のうちのどれか一つでなくてはなりません。                 整数
       xmin、xmax、ymin、ymax
       は四角形の座標を示し、ページ中の構造化コンポーネントの位置を表します。
       座標の単位はピクセルで、起点はページの左下隅です。リスト中の他の式は、いずれも
       この構造化コンポーネントに関連付けられたエンコード済みのテ-
       ストを表す一つの
       文字列か、より順位の低いタイプの構造化コンポーネントです。

       各ページのテゥ好箸話韻縫織ぅ    page    の一つの構造化要素で表します。
       様々な構造化情報のレベルが使用可能です。たとえば、ページレベルのコンポーネントは
       ページレベルの文字列を定義するだけかもしれないし、行のリストかもしれないし、
       あるいは文字レベルまでの完全なヒエラルァ爾鯆鷆,垢襪もしれません。

  ã‚â–ãƒé›ãƒè‘ãƒç’ã‚è½ãƒè…ãƒéµãåƒæ›é¥å¼
       アノテーションは一連のアノテーション式で表します。以下のアノテーション式が
       邑です:

       (background color)
              DjVu 画像の周りの部分の色を指定します。色は X11  の  16  進数表
              #RRGGBB で指定します。 たとえば、 #000000 は黒、 #FFFFFF は白。

       (zoom zoomvalue)
              画像の最初の拡大率を指定します。      引数      zoomvalue     は
              stretch、one2one、width、page のいずれかか、文字  d  に続けて  1
              から  999  間での拡大率を示す数字  (.BR  d300  "とか" d150 など)
              を指定します。

       (mode modevalue)
              画像の初期表示モードを指定します。     引数     modevalue     は
              color、bw、fore、black のうちどれか一つを指定します。

       (align horzalign vertalign)
              ビューア上での画像のアラインメントを指定します。
              デフォルトでは画像はセンターに表示されます。 引数  horzalign  は
              left、center、right  のうちのどれか一つです。  引数 vertalign は
              top、center、bottom のうちどれか一つです。

       (maparea url comment area ...)
              指定したリンク先へのハイパーリンクを定義します。

              引数 url は以下のいずれかの形式を指定します:

                 href
                 (url href target)

              href は リンク先を示す文字列で、 target は  HTML  のアンカータグ
              <A>
              に定義されているハイパーリンクのターゲットフレームを示します。
              リンク先文字列     href    は任意の    URL    または、シャープ-
              号「#」に続けてコンポーネントファイルの識別子、
              またはページ番号を指定することが出来ます。ページ番号には
              ページを置ご垢┐襪燭瓩離プション宜罎鬚弔韻襪海箸出来ます。
              たとえば、              "#-1"              や              "#+1"
              は前のページまたは次のページを表します。

              引数                                                     comment
              はユーザがビューアのハイパーリンク上をマウスで動かした      と-
              に表示される文字列です。

              引数        area        はハイパーリンクの形や場所を定義します。
              以下の形式が使用出来ます:

                 (rect xmin ymin width height)
                 (oval xmin ymin width height)
                 (polygon x0 y0 x1 y1 ... )

              全てのパラメータは座標を示す数字です。
              座標はピクセルで指定し、起点はページの左下隅です。

              maparea       リストのその他の式はハイパーリンクに関連付けられた
              視覚効果を表します。オプションの最初の部分は
              ハイパーリンクエリアの恭線のタイプを定義します:

                 (xor)
                 (border color)
                 (shadow_in [thickness])
                 (shadow_out [thickness])
                 (shadow_ein [thickness])
                 (shadow_eout [thickness])

              パラメータ  color  は上述のような  #RRGGBB  形式の書式を使用し、
              パラメータ  thickness には 1 から 32 の整数を指定します。 最後の
              4     つの恭線モードは四角形のハイパーリンクでのみ使用でい泙后
              ユーザがハイパーリンクの上をマウスで動かすと-
              界線が表示されます。              以下のオプションを指定すると-
              界線は常に可視になります:

                 (border-avis)

              最後に、以下のオプションを四角形のエリアに使用出来ます。
              指定した色で領域全体をハイライトさせます。

                 (hilite color)

              これは画像中の特定の箇所を強調表示するために空の             URL
              とともに使うことがあります。

       (metadata ... (key value) ... )
              メタデータエントリを定義します。           シンボル          key
              はメタデータエントリの-
              質を示し、エントリはこのシンボルで識別されます。 典型的なァ爾砲
              year、booktitle、editor、author     などがあります。      BibTeX
              書誌システムと同じァ写召鮖藩僂垢襪海箸提案されています。 文字列
              value は対応するァ爾亡慙付けられた値を示します。

åˆ限
       このバージョンの                                                djvused
       は一つまたは全てのコンポーネントファイルの選択のみを
       サポートしています。ページ一部を選択する方法は ありません。

ã‚ãƒè­ã‚çŒãƒå¥ãƒˆ
       このプログラムは   by   Leon    Bottou    <leonb@users.sourceforge.net>
       が開発し、 Yann Le Cun <profshadoko@users.sourceforge.net> Florin Nicsa
       Bill                 Riemers                  <docbill@sourceforge.net>
       その他の方々により改良されました。  この  man page は Nobchika Morimoto
       <morimoto@lizardtech.com> が翻訳しました。

åä»ç…§
       djvu(1)、 djvutxt(1)、 djvmcvt(1)、 djvudump(1)、 bzz(1)