Provided by: djvuserve_3.5.21-3ubuntu1_i386 bug

DjVuServeる
       プログラム        djvuserve       は       WEB       サーバの       CGI
       プログラムとして登録する必要があります。
       これを行うにはいくつかの方法があります。たとえば、      Apache      WEB
       サーバでは       ScriptAlias        ディレクティブを使用して        CGI
       プログラムのディレクトリを定義します。        ファイル       httpd.conf
       が以下のような内容だとします:

          ScriptAlias /cgi-bin/ "/var/www/cgi-bin"

       この場合、                     以下のような内容の小さなシェルスクリプト
       /var/www/cgi-bin/djvuserve             を作成するだけで             CGI
       を使用することが出来ます:

          #!/bin/sh
          exec /full/path/to/djvuserve

       以下の URL が大い淵丱鵐疋襯彪措阿離泪襯船據璽 DjVu 文書 だとします:

          http://server/dir/doc.djvu

       CGI         プログラム         djvuserve          は以下の          URL
       でこの文書をインダイレクト形式のマルチページ          DjVu         文書
       としてアクセスすることを可能にします:

          http://server/cgi-bin/djvuserve/dir/doc.djvu/index.djvu

       インダイレクト形式のマルチページ      DjVu       文書を使用することで、
       ネットワーク上を不必要なページデータを転送することなく
       効果的に巨大な文書を閲覧することが出来ます。       詳細は       djvu(1)
       をご覧ください。

DjVuServeる
       Apache      WEB      サーバは全ての     DjVu     文書用に     djvuserve
       を自動的に実行させることが出来ます。   これには、以下のディレクティブを
       Apache の設定ファイル、 またはファイル .htaccess で使用します:

          Action djvu-server /cgi-bin/djvuserve/
          AddHandler djvu-server .djvu

       すると      Apache     はプログラム     djvuserve     を全ての     DjVu
       ファイルを配信するために実行します。      DjVu      ファイルの      URL
       を指定すると、バンドルド形式のマルチページ文書が
       インダイレクト形式の文書に動的に変換される点以外は   指定された    DjVu
       ファイルを通常のように配信します。    DjVu   ファイルが要求されるたびに
       djvuserve を実行するためサーバには一定の負荷がかかります。

細
       プログラム            djvuserve            は、拡張した             URL
       を使用して、バンドルド形式のマルチページ                           DjVu
       文書の様々なコンポーネントに直接         アクセスする方法を提供します。
       たとえば、1        ページ目のコンポーネントファイルが        p0001.djvu
       という名前だとすると、以下の                                        URL
       はこのページに直接アクセスすることが出来ます:

          http://server/cgi-bin/djvuserve/dir/doc.djvu/p0001.djvu

       しかし、各ページへアクセスするには以下の   URL  のように、  nsdejavu(1)
       で使用出来る CGI スタイルの引数を使用するほうが良いでしょう。

          http://server/cgi-bin/djvuserve/dir/doc.djvu?djvuopts&page=12

       特別なコンポーネントファイル名                               index.djvu
       は対応するインダイレクト形式のマルチページ文書のインデックスへの要求
       として処理されます。実際、                                    djvuserve
       を使用してバンドルド形式の文書にアクセスすると、  ブラウザは以下の  URL
       をリダイレクトします:

          http://server/cgi-bin/djvuserve/dir/doc.djvu/index.djvu

       そして、バンドルド形式のファイルがインダイレクト形式の文書の様々な
       コンポーネントファイルを直接保持しているかのように振舞います。

ル
       プログラム    djvuserve    は多くの    CGI   プログラムのように、   WEB
       サーバに確立された様々なアクセス保護をバイパスします。   たとえば   WEB
       サイトにパスワードで保護された      DjVu     ファイルがあったとします。
       プログラム                                                    djvuserve
       はこのパスワード保護について知る由もありませんし、指定された邑な   URL
       にある DjVu ファイルはそのまま配信してしまいます。

       djvuserve のアクセスコントロールは、 WEB  サーバはプログラム  djvuserve
       を常にシェルスクリプト                       /var/www/cgi-bin/djvuserve
       を介して実行するということを理解していれば実装することが出来ます。

       このスクリプトは環曲竸                                 PATH_TRANSLATED
       に指定されているファイル名に基づいて実際のプログラム          djvuserve
       の実行を決定します。

       このように様々な        DjVu         ファイルに対してアクセスを設定する
       スクリプトファイルは複数配置することが出来ます。こうしたスクリプトは
       WEB サーバの通常の方法でパスワード保護することが出来ます。

点
       相対  URL  で指定されたハイパーリンクは  djvuserve   では動作しません。
       通常このような   URL   は   DjVu  文書の  URL  に対する相対パスですが、
       djvuserve     は     URL     http://server/dir/doc.djvu     を      URL
       http://server/cgi-bin/djvuserve/dir/doc.djvu/index.djvu
       というパスへ変換するため、ハイパーリンクなどのコンポーネントは      URL
       が変わってしまいます。

ト
       このプログラムは      Leon     Bottou     <leonb@users.sourceforge.com>
       が開発しました。    この    man    page    は     Nobchika     Morimoto
       <morimoto@lizardtech.com> が翻訳しました。

照
       djvu(1)、 djvmcvt(1)、 nsdejavu(1)