Provided by: dselect_1.14.24ubuntu1_i386 bug

NAME

       dselect - Debian パッケージ管理フロントエンド

式
       dselect      [--admindir      <directory>]     [--help]     [--version]
       [--licence|--license]    [--expert]    [--debug|-D<file>]    [<action>]
       [--colour|--color
       screenpart:[foreground],[background][:attr[+attr+..]]]

明
       dselect                            は                            Debian
       システムの、主要なパッケージ管理用ユーザインターフェースの一つである。システム管理者は、dselect
       のメインメニューで以下の操作を行える。
        - 利用可能パッケージのバージョンリストの更新。
        - インストール済み・利用可能パッケージの状況の参照。
        - 代替パッケージの選択及び依存関係管理。
        - 新規パッケージのインストールや新バージョンへの更新。

       dselect    は、dpkg(1)     (下位層     Debian     パッケージ管理ツール)
       のフロントエンドとして動作する。パッケージの依存・競合の解決を行なえる、全画面パッケージ選択マネージャであることが特徴である。管理者権限で起動すると、パッケージのインストール、更新、削除を行うことがで-
       る。またパッケージリポジトリより、利用可能パッケージのバージョン情報や、インストール可能パッケージの取得するための、様々なアクセス方式を設定で-
       る。使用するアクセス方式によって、インターネット上の公開サーバ、ローカルサーバ、CD-ROM
       をリポジトリにでい襦推奨するアクセス方式は、apt   パッケージで提供する
       apt である。

       通常、dselect
       はパラメータなしで起動する。ユーザへは、対話的メニューで、アクションのリストを提供する。引数で、アクションを与えられた場合、直ちにそのアクションを実行する。いくつかのコマンドラインパラメータで、dselect
       の動い鮟だ気靴燭蝓▲廛蹈哀薀爐諒簑情報を示すことがでい襦

ン
       オプションはすべて、コマンドライン及び      dselect      の設定ファイル
       /etc/dpkg/dselect.cfg                                  の両方で指定で-
       る。設定ファイル中の各行には、オプション
       (正確にはコマンドラインオプションからダッシュを除いたもの) か、コメント
       (行が # で始まる場合) を欺劼垢襦

       --admindir <directory>
              dpkg      が使用する     `status'     ファイルや     `available'
              ファイルなどを置くディレクトリを変更する。デフォルトは
              /var/lib/dpkg で、通常変更する必要はない。

       --debug <file> | -D<file>
              デバッグを邑にする。デバッグ情報は <file> に送られる。

       --expert
              エゥ好僉璽肇癲璽匹鰺-
              効にする。つまり、うるさいヘルプを表示しない。

       --colour|--color  screenpart:[foreground],[background][:attr[+attr+..]]
              表示色を設定する。ディスプレイがカラー表示をサポートしている場合に-
              効である。このオプションは、複数回指定でい(そして   dselect.cfg
              で一番使用されている)。指定ごとに、画面の一部の色(や他の属-
              )を変更する。画面 (上から下まで) の部位は次のとおり:

              title  画面タイトル

              listhead
                     パッケージリストの上のヘッダライン

              list   パッケージリストのスクロール領域 (ヘルプも表示する)

              listsel
                     リスト内の選択行

              pkgstate
                     パッケージリスト中、パッケージの現在状況表示部

              pkgstatesel
                     パッケージリスト中、選択したパッケージの現在状況表示部

              infohead
                     選択中パッケージの状況表示部のヘッダ行

              infodesc
                     パッケージの短い説明文

              info   パッケージの説明などのパッケージ情報表示部

              infofoot
                     パッケージ選択時の画面最下行

              query  要求行表示部

              helpscreen
                     ヘルプ画面の色

       画面の部位の後に、コロンと色設定を-
       述する。コンパイル時の色を無視して、前景色、背景色あるいは両方を指定することがで-
       る。標準 curses 色名称を使用する。

       任意で、色設定の後に別のコロンで、属世鮴瀋蠅任-
       る。これはプラス("+")文字によって分離された、複数の属-
       のリストである。利用可能な属世魄焚捨鶺鵑垢(すべての属-
       がすべての端末で邑とは限らない): normal, standout, underline, reverse,
       blink, bright, dim, bold

       --help 簡単なヘルプを表示し、正常終了する。

       --licence|--license
              dselect の著作権情報とライセンス情報を表示し、正常終了する。

       --version
              Print version information and exit successfully.

法
       dselect
       を対話的に起動すると、以下の利用可能アクションのメニューをユーザに提示する。

   access
       パッケージリポジトリにアクセスするための、アクセス方式を選択・設定する。

       デフォルトでは     dselectfloppy,      harddisk,      cdrom
       といった、いくつかの方式を提供する。しかし、他のパッケージが追加アクセス方式を提供することもある。例えば、apt
       アクセス方式は  apt  パッケージで提供され、  multi_cddpkg-multicd
       で提供される。

       apt アクセス方式の使用を、強く推奨する。

   update
       利用可能パッケージデータベースをリフレッシュする。

       利用可能パッケージのバージョンリストを、現在設定しているアクセス方式で、パッケージリポジトリから取得し、dpkg
       データベースを更新する。パッケージリストは、一般的には        Packages,
       Packages.gz
       という名前で、リポジトリより提供されている。リポジトリ管理者は、dpkg-scanpackages(1)
       というプログラムを使用して、このファイルを生成することがでい襦

       update
       アクションの詳細は、アクセス方式の実装に依存する。通常、このプロセスは単純で、ユーザの入力を必要としない。

   select
       パッケージの選択や依存関係の表示・管理を行う。

       これが                                                          dselect
       のメイン機能である。選択した画面で、全利用可能・インストール済みパッケージのリストを調査で-
       る。管理者権限で実行すると、対話的に、パッケージ選択状況を変更することもで-
       る。                                                            dselect
       は、選択状況の変更に関連して起こる他の依存・競合パッケージについても同様に追跡する。

       競合や依存の失敗を検出すると、依存関係解決サブ画面をユーザに提示する。この画面では、競合パッケージや依存パッケージを、その理由とともに表示する。ユーザは、dselect
       が提案した変更案を適用してもよいし、その案を上書-
       してもよい。また、変更をすべて元に戻してもよい。以上を、依存・競合が解決されるまで、繰り返す。

       対話的なパッケージ選択管理画面の詳細な使い方を後述する。

   install
       選択したパッケージをインストールする。

       インストール・更新するパッケージを、設定したアクセス方式で適切なリポジトリより取得し、
       dpkg
       を用いてインストールを行う。アクセス方式の実装に依存するが、インストール前に全パッケージを取得、もしくは必要な時に取得する。アクセス方式により、削除マークをつけたパッケージの削除を行う場合もある。

       インストール中にエラーが発生した場合、もう一度                  install
       を行うよう促される。その場合でも、ほとんど問題が発生しないか、解決済みとなっている。問題が残ったままだったり、インストールが異常終了する場合、原因・事情を調べて、Debian
       バグ追跡システムへバグ報告をしていただ-
       たい。バグ報告の方法は、http://bugs.debian.org/
       や、インストールされていれば、       bug(1)       や       reportbug(1)
       の文書を参照のこと。

       install
       アクションの詳細はアクセス方式の実装に依存する。パッケージのインストール、設定、削除中に、ユーザに注意を促したり、入力を要求する可能-
       もある。これはパッケージ管理者スクリプトに依存する。パッケージによっては、debconf(1)
       ライブラリを用いており、より柔軟で自動化されたインストールセットアップが可能である。

   config
       すでにインストール済みだが、設定が完了していないパッケージの設定を行う。

   remove
       削除マークをつけたインストール済みパッケージの、削除・完全削除を行う。

   quit
       dselect を終了する。

       エラーコード 0 (成功) でプログラムを終了する。

理
  門
       大量の相互依存関係を持つパッケージ群を                          dselect
       で管理する複雑さに、管理者は直面する。                           Debian
       パッケージ管理システムの概念や、その方法に慣れていないユーザにとっては、これは圧倒的ですらある。
       dselect
       は、パッケージ管理と管理作業の負担緩和を目指している。しかし、単に負担緩和に役立つだけで、管理者としての技術や知識の代用にはならない。ユーザには、Debian
       パッケージングシステムについての基礎概念に精通することが要求される。疑問があれば、dpkg(1)
       のマニュアルや、debian-policy      パッケージに含まれている      Debian
       ポリシーマニュアルを参照してほしい。

       dselect                                                        が、エ-
       スパートモードや直接モードで起動されない場合、メニューからアクションを選ぶ際に、初めにヘルプ画面が表示される。オンラインヘルプ画面がポップアップした際には、そこに示される内容をすべて検討するよう、_'' ァ爾派充┐任る。

  ト
       選択画面は、デフォルトで上下                                          2
       分割されている。上半分は、パッケージリストを表示している。カーソルバーで個々のパッケージを選択したり、グループヘッダを選択(で-
       れば)して、パッケージグループを選択したりで-
       る。画面の下半分は、画面の上半分で現在選択しているパッケージの詳細が表示される。表示される詳細のタイプは、変更で-
       る。

        'I'                                                                 -
       ーを押すごとに、パッケージリストの全画面表示、パッケージ詳細の拡大、画面の均等分割を切り替える。

  示
       デフォルトのパッケージ詳細表示部は、パッケージ状況リスト中で現在選択されているパッケージの、長いパッケージ説明文を表示する。詳細タイプは
       'i' ァ爾魏,垢瓦箸飽焚爾切り替わる。
        - 長い説明文
        - インストール済みバージョンのコントロール情報
        - 利用可能バージョンのコントロール情報

       依存関係解決画面では、特定のパッケージの未解決依存・競合関係を、その原因とともに表示する可能-
       がある。

  ト
       メイン選択画面は、                                               Debian
       パッケージ管理システムが知っている全パッケージを表示する。これには、システムにインストール済みのパッケージと、利用可能パッケージデータベースが知っているパッケージが含まれる。

       リストにはパッケージごとに、パッケージの状況、優先度、セクション、インストール済み・利用可能バージョン、パッケージ名、短い説明文が
       1                行で表示される。                'V'                 -
       ーを押すと、インストール済みバージョンと利用可能バージョンの表示を
       ON/OFF                 でい襦                  'v'                  -
       ーを押すと、パッケージ状況を詳細表示と簡略表示で切り替える。簡略表示がデフォルトである。

       状況簡略表示は、以下の       4       パートに分かれている。エラーフラグ
       (通常クリア)、現在の状況、前回選択状況、今回選択状況である。始めの    2
       つはパッケージの現在の状況を表し、その後の                            2
       つはユーザがセットした選択状況を表している。

       パッケージ状況簡略表示部のコードには以下の意味がある。
        エラーフラグ:
         _R       深刻なエラー (要再インストール)
        インストール状況:
         _*       インストール済み、かつ設定済み
         -       未インストールだが、設定ファイルが残っている
         U       展開済みだが設定が済んでいない
         C       半設定状況 (エラー発生)
         I       半インストール状況 (エラー発生)
        現在の選択・要求した選択:
         *       インストール・更新マーク
         -       削除マーク (設定ファイルは残す)
         =       保留 (パッケージになにも処理を行わない)
         _       完全削除マーク (設定ファイルも削除する)
         n       新規パッケージでまだマーク付けされていない

  動
       パッケージ選択リストや依存・競合関係解決画面では、以下の-
       ー割当のコマンドで操作でい襦
         p, Up, k           カーソルバーを上に移動
         n, Down, j         カーソルバーを下に移動
         P, Pgup, Backspace リストを 1 ページ上にスクロール
         N, Pgdn, Space     リストを 1 ページ下にスクロール
         ^p                 リストを 1 行上にスクロール
         ^n                 リストを 1 行下にスクロール
         t, Home            リストの先頭にジャンプ
         e, End             リストの最後にジャンプ
         u                  情報を 1 ページ上にスクロール
         d                  情報を 1 ページ下にスクロール
         ^u                 情報を 1 行上にスクロール
         ^d                 情報を 1 行下にスクロール
         B, Left-arrow      表示を 1/3 画面左にスクロール
         F, Right-arrow     表示を 1/3 画面右にスクロール
         ^b                 表示を 1 文字左にスクロール
         ^f                 表示を 1 文字右にスクロール

  え
       パッケージリストはパッケージ名で検索することがで-
       る。パッケージのリストでは、                                        '/'
       を押してから、単純な検索文字列を入力することで、パッケージ名の検索がで-
       る。この文字列は、正規表現   regex(7)  で解析される。検索文字列に続けて
       '/d'              を加えると、説明文からも検索する。               '/i'
       を加えた場合は、大文字小文字の区別をしない。この   2  つの添字を  '/id'
       のようにつなげても欺劼任る。検索結果に対して、続けて 'n' ないし '\'  -
       ーを押すと、目的のパッケージが得られるまで、検索を繰り返せる。検索がリストの最後まで達すると、先頭に戻る。

       リストのソート順は、'o''O' ァ爾魴り返し押して変更する。  以下の  9
       通りのソート順を選べる。
        アルファベット     利用可能             状況
        優先度+セクション  利用可能+優先度      状況+優先度
        セクション+優先度  利用可能+セクション  状況+セクション
       上汽螢好箸砲鰐正していないが、最後にアルファベット順でソートされる。

  更
       それぞれのパッケージの要求選択状況は、以下のコマンドで変更でい襦
         +, Insert    インストール・更新する
         =, H         現在の状況・バージョンを保留する
         :, G         保留解除 (更新ないし未インストールのままとする)
         -, Delete    削除して設定は残す
         _            削除して設定も消す

       変更要求の結果、依存を満造靴覆ったり競合した場合、             dselect
       は依存関係解決画面を提示する。これは後ほど説明する。

       さらに、グループヘッダ上にカーソルバーを移動して、パッケージ選択のグループにコマンドを適用することがで-
       る。パッケージの正確なグループ化がで-
       るかは、現在のリストのソート順設定に依存する。

       一度に大量の未解決依存・競合を発生させるため、中身が大-
       いグループを変更する場合は、十分注意するべい任△襦                   1
       つの依存関係解決画面に、すべて表示されることとなるため、これを解決するのは非常に難しい。実際には、グループの変更が-
       用なのは、保留や保留解除の時ぐらいである。

  決
       選択状況を変更して未解決依存・競合が発生した場合、              dselect
       は依存関係解決画面を表示する。初めての場合は、その前にヘルプ画面を表示する。

       この画面の上半分には、未解決依存・競合があるパッケージや、要求された変更の結果、そして依存を解決するのにインストールすればいいパッケージ、競合を解決するのに削除すればいいパッケージをすべて表示する。下半分には、現在選択しているパッケージの依存や競合の原因を、デフォルトで表示する。

       When the sublist of packages is displayed initially, dselect  may  have
       already  set  the  requested  selection  status  of  some of the listed
       packages, in order to resolve the depends or conflicts that caused  the
       dependency  resolution  screen  to be displayed. Usually, it is best to
       follow up the suggestions made by dselect.

       'R'                                                                  -
       ーを押すことで、パッケージリストの選択状況を、未解決依存・競合が作成される前のように、元に戻せるだろう。'D'
       -
       ーを押すことで、自動提案はリセットされるが、依存関係解決画面が示した変更は、要求したものと同様に維持される。最終的に
       'U' を押すことで、自動提案をセットすることがでい襦

  定
       enter
       を押すと、現在表示されている選択セットで確定する。選択要求の結果、未解決依存が検出されなければ、
       dselect
       は新しい選択を設定する。しかし、いまだ未解決依存が存在する場合、
       dselect は依存関係解決画面を改めて表示する。

       未解決依存・競合が存在する選択状況で、dselect    は確定を強制するには、
       'Q'                                                                  -
       ーを押す。これはユーザが指定した選択を無条件にセットする。一般的に、詳細を読んでいなければ、これをしないこと。

       反対に、選択を取り消して選択リストを元に戻す場合は、  'X'  ァ爾 escape
       ァ爾魏,垢海函-
       ーを何回も押すことで、問題のある変更要求を取り消し、最後に確定した選択に戻すことがで-
       る。

       If you mistakenly establish some settings and wish to  revert  all  the
       selections  to what is currently installed on the system, press the 'C'
       key.  This is somewhat similar to  using  the  unhold  command  on  all
       packages,  but  provides a more obvious panic button in cases where the
       user pressed enter by accident.

グ
       dselect
       パッケージ選択インターフェースは、新しいユーザを混乱させる。聞くところでは、経験を積んだカーネル開発者ですら、これを嘆いている。

       文書が造蠅覆ぁ

       メインメニューにヘルプオプションがない。

       利用可能パッケージのリスト表示を減らせない。

       内蔵アクセス方式では、もはや現在の品質基準を満たせない。            apt
       が提供するアクセス方式を利用すれば、壊れないだけでなく、内蔵アクセス方式より遙かに柔軟である。

目
       dpkg(1), apt-get(8), sources.list(5), deb(5).

者
       dselect は、Ian  Jackson  (ijackson@gnu.ai.mit.edu)  によって書かれた。
       このプログラムへの全貢献者一覧は `dselect --license' で参照でい襦
       このマニュアルは  Juho  Vuori <javuori@cc.helsinki.fi> によって書かれ、
       Josip Rodin, Joost kooij が更新した。

者
       関戸     幸一      <sekido@mbox.kyoto-inet.or.jp>.       鍋谷      栄展
       <nabe@debian.or.jp>.     倉澤   望   <nabetaro@debian.or.jp>.    石川睦
       <ishikawa@linux.or.jp>.     瓜文敏    <ukai@debian.or.jp>.      喜瀬浩
       <kise@fuyuneko.jp>.     中野武雄   <nakano@apm.seikei.ac.jp>.    喜瀬浩
       <kise@fuyuneko.jp>.

正
       Debian JP Documentation ML <debian-doc@debian.or.jp>.