Provided by: manpages-ja_0.5.0.0.20080615-1_all bug

COPYLEFT

       Copyright (C) 1993-2003
            Juergen Weigert (jnweiger@immd4.informatik.uni-erlangen.de)
            Michael Schroeder (mlschroe@immd4.informatik.uni-erlangen.de)
       Copyright (C) 1987 Oliver Laumann
       This program is free software; you can redistribute it and/or modify it
       under the terms of the GNU General Public License as published  by  the
       Free  Software  Foundation;  either  version 2, or (at your option) any
       later version.
       This program is distributed in the hope that it  will  be  useful,  but
       WITHOUT   ANY   WARRANTY;   without   even   the  implied  warranty  of
       MERCHANTABILITY or FITNESS FOR  A  PARTICULAR  PURPOSE.   See  the  GNU
       General Public License for more details.
       You should have received a copy of the GNU General Public License along
       with this program (see the file COPYING); if not,  write  to  the  Free
       Software  Foundation,  Inc.,  59  Temple  Place - Suite 330, Boston, MA
       02111-1307, USA

è²å¼çŒã‚者
       Ken Beal (kbeal@amber.ssd.csd.harris.com),
       Rudolf Koenig (rfkoenig@immd4.informatik.uni-erlangen.de),
       Toerless Eckert (eckert@immd4.informatik.uni-erlangen.de),
       Wayne Davison (davison@borland.com),
       Patrick Wolfe (pat@kai.com, kailand!pat),
       Bart Schaefer (schaefer@cse.ogi.edu),
       Nathan Glasser (nathan@brokaw.lcs.mit.edu),
       Larry W. Virden (lvirden@cas.org),
       Howard Chu (hyc@hanauma.jpl.nasa.gov),
       Tim MacKenzie (tym@dibbler.cs.monash.edu.au),
       Markku Jarvinen (mta@{cc,cs,ee}.tut.fi),
       Marc Boucher (marc@CAM.ORG),
       Doug Siebert (dsiebert@isca.uiowa.edu),
       Ken Stillson (stillson@tsfsrv.mitre.org),
       Ian Frechett (frechett@spot.Colorado.EDU),
       Brian Koehmstedt (bpk@gnu.ai.mit.edu),
       Don Smith (djs6015@ultb.isc.rit.edu),
       Frank van der Linden (vdlinden@fwi.uva.nl),
       Martin Schweikert (schweik@cpp.ob.open.de),
       David Vrona (dave@sashimi.lcu.com),
       E. Tye McQueen (tye%spillman.UUCP@uunet.uu.net),
       Matthew Green (mrg@eterna.com.au),
       Christopher Williams (cgw@pobox.com),
       Matt Mosley (mattm@access.digex.net),
       Gregory Neil Shapiro (gshapiro@wpi.WPI.EDU),
       Johannes Zellner (johannes@zellner.org),
       Pablo Averbuj (pablo@averbuj.com).

ãƒå¼ãƒç’ã‚çŒãƒè…ン
       これはバージョン  4.0.2  である。これは  Wayne  Davison  による  2.3PR7
       カスタム版をマージしたものと、    Oliver   Laumann   のバージョン   2.0
       へのいくつかの改良とがもとになっている。                            2.x
       の番号が付いているバージョンはすべて Oliver Laumann の著作物である。

å…æ‰è¡æ–法
       screen  の最新の公式リリースは、gnudist.gnu.org,  nic.funet.fi その他の
       GNU 配布サイトから anonymous ftp で取得でい襦 screen  のホームサイトは
       ftp.uni-erlangen.de         のディレクトリ         pub/utilities/screen
       である。ここのサブディレクトリ             `private'             には、
       最新のベータテスト版が置かれる。開発に協力したい場合は、   気付いた点を
       screen@uni-erlangen.de に送ってほしい。

ãƒä¸ã‚°
       o  `dm'       (削除モード)と       `xs'       を正しく扱うことがでい覆
          (これらは無視される)。`xn' は magic-margin 指示子として扱われる。

       o  screen は 2 倍高や 2 倍幅の文字を扱うことがでい覆ぁ しかし、 vttest
          の失敗が許されるのはここだけである。

       o  異なる端末タイプから再アタッチを行ったとぁ     環曲竸     $TERMCAP
          を変更でい覆ぁ

       o  terminfo   ベースのシステムのサポートが非常に限られている。   機能を
          $TERMCAP に追加しても全く効果が現われないことがある。

       o  screen はハードウェアタブを利用していない。

       o  screen は所夕 root に  setuid  してインストールしなければならない。
          これは各ウィンドウに対する       tty       デバイスファイルの所夕圓
          正しく変更するためである。"/etc/utmp"                 ファイルに書-
          込みを行うためにも特殊な権限が必要である。

       o  screen     が     SIGKILL    で    kill    された時には、"/etc/utmp"
          のエントリが削除されない。 この場合、一部のプログラム ("w" や "rwho"
          等)
          は、実際にはログインしていないユーザをログイン中であると表示する。

       o  ユーザが使っている   tty   に   utmp   エントリが無いとぁ    screen
          はおかしな警告を出す。

       o  モデムラインのデバイスドライバが     HANGUP     シグナルを送るように
          設定されていないと、このラインがハングアップした時に          screen
          は自動的なデタッチ   (あるいは終了)   を行えないことがある。  screen
          セッションをデタッチするには コマンドラインオプション -D  または  -d
          を用いること。

       o  パスワードを設定しているとい任癲 コマンドラインオプション -D および
          -d によって、 パスワードを尋かれることなしにデタッチがでい討靴泙Α

       o  "breaktype"         と         "defbreaktype"         の両方ともが、
          全端末デバイスで用いられるブレークの生成方法を変更してしまう。
          前者はそのウィンドウの設定だけを変更すべい如
          後者は以降新規に生成されるウィンドウの設定だけを変更すべい任△襦

       o  マルチユーザセッションにアタッチしようとすると、        そのユーザの
          .screenrc                                   ファイルは評価されない。
          各ユーザの個人設定は、そのセッションがブートされるとい    .screenrc
          ファイルに書くか、あるいは手動で変更しなければならない。

       o  全機能を最大限に生かすためには、おかしな想像力が非常に様僂箸覆襦

       o  バグ報告、修正、改良、T  シャツ、お金、ビール、ピザ等は  screen@uni-
          erlangen.de まで送ってほしい。