Provided by: xmanpages-ja_4.1.0.20011224-6_all bug

X値
       このプログラムは                                                    Dvi
       ウィジェットを使用する。このウィジェットはコアリソース名に加えて以下の
       リソースを認識する:

       Specifies the width of the window.
               ウィンドウの幅を指定する。

       Specifies the height of the window.
               ウィンドウの高さを指定する。

       foreground (class Foreground)
               デフォルトの前景色を指定する。

       font (class Font)
               エラーメッセージに使うフォントを指定する。

       FontMap (class FontMap)
               ditroff                   のフォントを適切な                  X
               のフォントに対応させるため、この文字列リソースに
               は改行区切りの指定の集合を与える。それぞれの指定は      ditroff
               名、空白文   字、全てのサイズを列挙でい襪茲Δ謀切な場所に    *
               を含むXLFD     のパターン     からなる。デフォルトの    fontMap
               は以下である:

               R    -*-times-medium-r-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
               I    -*-times-medium-i-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
               B    -*-times-bold-r-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
               F    -*-times-bold-i-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
               BI   -*-times-bold-i-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
               C    -*-courier-medium-r-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
               CO   -*-courier-medium-o-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
               CB   -*-courier-bold-r-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
               CF   -*-courier-bold-o-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
               H    -*-helvetica-medium-r-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
               HO   -*-helvetica-medium-o-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
               HB   -*-helvetica-bold-r-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
               HF   -*-helvetica-bold-o-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
               N    -*-new century schoolbook-medium-r-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
               NI   -*-new century schoolbook-medium-i-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
               NB   -*-new century schoolbook-bold-r-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
               NF   -*-new century schoolbook-bold-i-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
               A    -*-charter-medium-r-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
               AI   -*-charter-medium-i-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
               AB   -*-charter-bold-r-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
               AF   -*-charter-bold-i-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
               S    -*-symbol-medium-r-normal--*-*-*-*-*-*-adobe-fontspecific\n\
               S2   -*-symbol-medium-r-normal--*-*-*-*-*-*-adobe-fontspecific\n

XDITVIEW DITROFF用
       適切な  fontMap  を指定すればスクリーン上での見え方をより正確にすること
       がでい襪、これを行わなくても       xditview      は任意の      ditroff
       の出力ファイルを使うことがでい襦
       スケーラブルフォントをサポートしている  X  サーバにおいては、要求された
       全てのフォントサイズは正確にスクリーンに反映される。スケーラブルフォン
       トをサポートしていない        X       サーバに対しては、       xditview
       は同じファミリから最も近いフォントを選ぶ。

目
       X(7), xrdb(1), ditroff(1), X Logical Font Description Conventions

源
       このプログラムの移植は suntroff に由来する xtroff に端を発する。

権
       Copyright ([, X Consortium
       権利と許諾に関する正式な声明については X(1) を参照すること。

者
       Keith Packard (MIT X Consortium)
       Richard L. Hyde (Purdue)
       David Slattengren (Berkeley)
       Malcom Slaney (Schlumberger Palo Alto Research)
       Mark Moraes (University of Toronto)