Provided by: apt_0.7.25.3ubuntu7_i386 bug

NAME

       apt_preferences - APT 設定制御ファイル

明
       The APT preferences file /etc/apt/preferences and the fragment files in
       the /etc/apt/preferences.d/ folder can be used to control which
       versions of packages will be selected for installation.

       sources.list(5) ファイルに複数のディストリビューション (stable と
       testing など)
       が指定されていて、パッケージに対し複数のバージョンがインストールで-
       ることがあります。このと APT は、利用で-
       るバージョンごとに優先度を割り当てます。依存関係規則を条件として、apt-get
       は、最も高い優先度を持つバージョンをインストールするよう選択します。APT
       設定ファイルは、APT
       がデフォルトで割り当てた、パッケージのバージョンの優先度を上書-
       します。その結果インストールするものの選択を、ユーザが選択で-
       るようになります。

       sources.list(5)
       ファイルに複数の参照が書かれている場合、パッケージの同じバージョンのインスタンスが複数利用で-
       る可能世あります。この場合、apt-getsources.list(5)
       ファイルの初めの方に指定されているところからダウンロードします。APT
       設定ファイルはバージョンの選択にのみ影響し、インスタンスの選択には影響しません。

       Note that the files in the /etc/apt/preferences.d directory are parsed
       in alphanumeric ascending order and need to obey the following naming
       convention: The files have no or "pref" as filename extension and which
       only contain alphanumeric, hyphen (-), underscore (_) and period (.)
       characters - otherwise they will be silently ignored.

   APTて
       設定ファイルがなかったり、設定ファイルに特定のパッケージを割り当てるエントリがない場合、そのバージョンの優先度は、そのバージョンが属しているディストリビューションの優先度となります。デフォルトで他のディストリビューションより高い優先度を持つ、特定のディストリビューションを「ターゲットリリース」としておけます。後述する
       /etc/apt/preferences
       ファイルで設定した一般優先度よりもこれは優先されますが、pin
       止めしたパッケージには及ばないことに注意してください。例えば以下のようになります。

           apt-get install -t testing some-package

           APT::Default-Release "stable";

       ターゲットリリースが指定されると、APT
       は以下のアルゴリズムで、パッケージのバージョンの優先度を設定します。以下のように割り当てます。.PP
       priority 100
           (あるならば) 既にインストールされているバージョン。

       priority 500
           インストールされておらず、ターゲットリリースに含まれないバージョン。

       priority 990
           インストールされておらず、ターゲットリリースに含まれるバージョン。

       ターゲットリリースが指定されていなければ、APT
       は単純にインストールしているパッケージのバージョンには 100
       を、インストールしていないパッケージのバージョンには 500
       を割り当てます。

       APT
       は、インストールするパッケージのバージョンを決定するために、以下のルールを上から順番に適用します。

       o   邑なバージョンの優先度が 1000
           を越えない場合、決してダウングレードしません。(「ダウングレード」は、現在のパッケージのバージョンよりも、小さいバージョンのものをインストールします。APT
           のデフォルト優先度が 1000
           を越えないことに注意してください。そのような優先度は設定ファイルでのみ設定で-
           ます。また、パッケージのダウングレードは危険であることにも注意してください)

       o   最も高い優先度のバージョンをインストールします。

       o   同じ優先度のバージョンが複数存在する場合、最も新しいもの
           (最もバージョン番号が高いもの) をインストールします。

       o   優先度・バージョン番号が同じものが複数存在し、そのパッケージのメタデータが異なるか
           --reinstall
           オプションが与えられている場合、インストールされていないものをインストールします。

       よくある状況として、あるインストールされているパッケージのバージョン
       (優先度 100) が、sources.list(5) ファイルのリストから得られるバージョン
       (優先度 500 か 990)
       よりも新しくないということがあります。この場合、apt-get install
       some-packageapt-get upgrade を実行するとパッケージが更新されます。

       まれに、インストールされているパッケージのバージョンが、__apt-get install
       some-packageapt-get upgrade を実行しても、ダウングレードしません。

       時々、インストールしているパッケージのバージョンが、ターゲットリリースに属するバージョンよりも新しく、他のディストリビューションよりも古い場合があります。そのようなパッケージに対して
       apt-get install some-packageapt-get upgrade
       を実行すると、パッケージは更新されます。この場合、インストールされているバージョンよりも、少なくとも_APT果
       APT
       設定ファイルを使うと、システム管理者が優先度を割り当てられるようになります。ファイルは、空白行で区切られた、複数行からなるレコードで構成されています。レコードは特定形式か、汎用形式のどちらかの形式をとります。

       o   特定形式は、優先度 ("Pin-Priority")
           を、指定したパッケージの指定したバージョン (範囲)
           について割り当てます。例えば以下のレコードは、"5.8" で始まる perl
           パッケージを、高い優先度に設定します。

               Package: perl
               Pin: version 5.8*
               Pin-Priority: 1001

       o   汎用形式は、与えられたディストリビューションにある、すべてのパッケージ
           (Release ファイルに列挙したパッケージ)
           の優先度や、FQDNで指定した、特定のインターネットサイトから取得するパッケージの優先度を割り当てます。

           APT
           設定ファイルに書かれている汎用形式のエントリは、パッケージのグループについてのみ適用されます。例えば以下のレコードは、ローカルサイトにある全パッケージについて、高い優先度を割り当てます。

               Package: *
               Pin: origin ""
               Pin-Priority: 999

           注意: ここで使用しているァ璽錙璽匹 "origin" です。Release
           ファイルに指定されたような、ディストリビューションの Origin
           と混同しないようにしてください。Release ファイルにある "Origin:"
           タグは、インターネットアドレスではなく、"Debian" や "Ximian"
           といった作者やベンダ名です。

           以下のレコードは、アーカイブ名が "unstable"
           となっているディストリビューションに属するパッケージを、すべて低い優先度に割り当てます。

               Package: *
               Pin: release a=unstable
               Pin-Priority: 50

           以下のレコードは、コード名が "squeeze"
           となっているディストリビューションに属するパッケージを、すべて高い優先度に割り当てます。

               Package: *
               Pin: release n=squeeze
               Pin-Priority: 900

           以下のレコードは、アーカイブ名が "stable"
           で、リリースバージョン番号が "3.0"
           となっているリリースに属するパッケージを、すべて高い優先度に割り当てます。

               Package: *
               Pin: release a=stable, v=3.0
               Pin-Priority: 500

   APT法
       APT 設定ファイルで割り当てた優先度 (P)
       は、正負の整数でなくてはなりません。これは (おおざっぱにいうと)
       以下のように解釈されます。.PP P > 1000
           パッケージがダウングレードしても、このバージョンのパッケージをインストール

       990 < P <=1000
           インストールされているバージョンの方が新しいことを除-
           、ターゲットリリースに含まれなくても、このバージョンのパッケージをインストール

       500 < P <=990
           ターゲットリリースに属するバージョンがあったり、インストールされているバージョンの方が新しいのでなければ、このバージョンのパッケージをインストール

       100 < P <=500
           他のディストリビューションに属するバージョンがあったり、インストールされているバージョンの方が新しいのでなければ、このバージョンのパッケージをインストール

       0 < P <=100
           このパッケージがインストールされていない場合、このバージョンのパッケージをインストール

       P < 0
           このバージョンのインストール禁止

       特定形式のレコードが利用可能パッケージバージョンに一致した場合、最初のレコードが、パッケージバージョンの優先度を決定します。失敗して、汎用形式のレコードが利用可能パッケージバージョンに一致した場合、最初のレコードが、パッケージバージョンの優先度を決定します。

       例えば、APT
       設定ファイルの上の方に、以下のレコードが書かれていると仮定してください。

           Package: perl
           Pin: version 5.8*
           Pin-Priority: 1001

           Package: *
           Pin: origin ""
           Pin-Priority: 999

           Package: *
           Pin: release unstable
           Pin-Priority: 50

       すると、以下のように動作します。

       o   バージョン番号が "5.8" で始まっていれば、perl
           の最新の利用可能パッケージがインストールされます。バージョン 5.8*
           が利用可能で、バージョン 5.9* がインストールされている場合、perl
           はダウングレードされます。

       o   ローカルシステムで邑な、perl
           以外のどんなパッケージでも、他のバージョンより
           (たとえターゲットリリースに属していても) 優先度が高くなります。

       o   ローカルシステムにはなくても sources.list(5)
           に列挙されたサイトにあるバージョンで、unstable
           ディストリビューションに属しているパッケージは、インストールするよう選択され、既にインストールされているバージョンがない場合にのみインストールされます。

  定
       sources.list(5) ファイルに列挙した場所では、その場所で利用で-
       るパッケージを欺劼靴拭Packages ファイルや Release
       ファイルを提供します。

       Packages ファイルは通常 .../dists/dist-name/component/arch
       ディレクトリにあります。例えば、.../dists/stable/main/binary-i386/Packages
       です。これは、ディレクトリにある利用可能パッケージごとに、複数行のレコードからで-
       ています。APT 優先度の設定は、レコードごとに以下の 2 行だけです。.PP
       Package: 行
           パッケージ名

       Version: 行
           その名前のパッケージのバージョン番号

       The Release file is normally found in the directory
       .../dists/dist-name: for example, .../dists/stable/Release, or
       .../dists/woody/Release. It consists of a single multi-line record
       which applies to all of the packages in the directory tree below its
       parent. Unlike the Packages file, nearly all of the lines in a Release
       file are relevant for setting APT priorities:

       Archive: 行や Suite: 行
           names the archive to which all the packages in the directory tree
           belong. For example, the line "Archive: stable" or "Suite: stable"
           specifies that all of the packages in the directory tree below the
           parent of the Release file are in a stable archive. Specifying this
           value in the APT preferences file would require the line:

               Pin: release a=stable

       Codename: 行
           names the codename to which all the packages in the directory tree
           belong. For example, the line "Codename: squeeze" specifies that
           all of the packages in the directory tree below the parent of the
           Release file belong to a version named squeeze. Specifying this
           value in the APT preferences file would require the line:

               Pin: release n=squeeze

       Version: 行
           リリースバージョン名です。例えば、このツリーのパッケージが、GNU/Linux
           リリースバージョン 3.0 に属するとします。通常 testing
           ディストリビューションや unstable
           ディストリビューションには、まだリリースされていないので、バージョン番号が付-
           ません。APT
           設定ファイルでこれを指定するには、以下の行のいずれかが必要になります。

               Pin: release v=3.0
               Pin: release a=stable, v=3.0
               Pin: release 3.0

       Component: 行
           Release
           ファイルの、ディレクトリツリーにあるパッケージのライセンスコンポーネント名です。例えば、"Component:
           main" という行は、このディレクトリ以下の全ファイルが、main
           コンポーネント (Debian
           フリーソフトウェアガイドラインの元でライセンスされている)
           であることを表します。APT
           設定ファイルでこのコンポーネントを指定するには、以下の行が必要になります。

               Pin: release c=main

       Origin: 行
           Release
           ファイルのディレクトリツリーにあるパッケージの提供者名です。ほとんど共通で、Debian
           です。APT
           設定ファイルでこの提供者を指定するには、以下の行が必要になります。

               Pin: release o=Debian

       Label: 行
           Release
           ファイルのディレクトリツリーにあるパッケージのラベル名です。ほとんど共通で
           Debian です。APT
           設定ファイルでこのラベルを指定するには、以下の行が必要になります。

               Pin: release l=Debian

       sources.list(5) ファイルに列挙された場所から取得した Packages
       ファイルや Release ファイルはすべて、/var/lib/apt/lists
       ディレクトリや、apt.conf ファイルの Dir::State::Lists
       変数で指定した場所に取得されます。例えば、debian.lcs.mit.edu_debian_dists_unstable_contrib_binary-i386_Release
       ファイルは、debian.lcs.mit.edu から取得した、unstable
       ディストリビューションで、contrib コンポーネントな、binary-i386 アー-
       テクチャ用の Release ファイルを含んでいます。

   APT行
       APT 設定ファイルのレコードごとに、任意で Explanation:
       で始まる行を持てます。これは、コメント用の場所を確保します。

       The Pin-Priority: line in each APT preferences record is optional. If
       omitted, APT assigns a priority of 1 less than the last value specified
       on a line beginning with Pin-Priority: release ....

ル
  跡
       The following APT preferences file will cause APT to assign a priority
       higher than the default (500) to all package versions belonging to a
       stable distribution and a prohibitively low priority to package
       versions belonging to other Debian distributions.

           Explanation: Uninstall or do not install any Debian-originated
           Explanation: package versions other than those in the stable distro
           Package: *
           Pin: release a=stable
           Pin-Priority: 900

           Package: *
           Pin: release o=Debian
           Pin-Priority: -10

       With a suitable sources.list(5) file and the above preferences file,
       any of the following commands will cause APT to upgrade to the latest
       stable version(s).

           apt-get install package-name
           apt-get upgrade
           apt-get dist-upgrade

       The following command will cause APT to upgrade the specified package
       to the latest version from the testing distribution; the package will
       not be upgraded again unless this command is given again.

           apt-get install package/testing

  跡
       The following APT preferences file will cause APT to assign a high
       priority to package versions from the testing distribution, a lower
       priority to package versions from the unstable distribution, and a
       prohibitively low priority to package versions from other Debian
       distributions.

           Package: *
           Pin: release a=testing
           Pin-Priority: 900

           Package: *
           Pin: release a=unstable
           Pin-Priority: 800

           Package: *
           Pin: release o=Debian
           Pin-Priority: -10

       With a suitable sources.list(5) file and the above preferences file,
       any of the following commands will cause APT to upgrade to the latest
       testing version(s).

           apt-get install package-name
           apt-get upgrade
           apt-get dist-upgrade

       The following command will cause APT to upgrade the specified package
       to the latest version from the unstable distribution. Thereafter,
       apt-get upgrade will upgrade the package to the most recent testing
       version if that is more recent than the installed version, otherwise,
       to the most recent unstable version if that is more recent than the
       installed version.

           apt-get install package/unstable

   Tracking the evolution of a codename release
       The following APT preferences file will cause APT to assign a priority
       higher than the default (500) to all package versions belonging to a
       specified codename of a distribution and a prohibitively low priority
       to package versions belonging to other Debian distributions, codenames
       and archives. Note that with this APT preference APT will follow the
       migration of a release from the archive testing to stable and later
       oldstable. If you want to follow for example the progress in testing
       notwithstanding the codename changes you should use the example
       configurations above.

           Explanation: Uninstall or do not install any Debian-originated package versions
           Explanation: other than those in the distribution codenamed with squeeze or sid
           Package: *
           Pin: release n=squeeze
           Pin-Priority: 900

           Explanation: Debian unstable is always codenamed with sid
           Package: *
           Pin: release a=sid
           Pin-Priority: 800

           Package: *
           Pin: release o=Debian
           Pin-Priority: -10

       With a suitable sources.list(5) file and the above preferences file,
       any of the following commands will cause APT to upgrade to the latest
       version(s) in the release codenamed with squeeze.

           apt-get install package-name
           apt-get upgrade
           apt-get dist-upgrade

       The following command will cause APT to upgrade the specified package
       to the latest version from the sid distribution. Thereafter, apt-get
       upgrade will upgrade the package to the most recent squeeze version if
       that is more recent than the installed version, otherwise, to the most
       recent sid version if that is more recent than the installed version.

           apt-get install package/sid

ル
       /etc/apt/preferences
           Version preferences file. This is where you would specify
           "pinning", i.e. a preference to get certain packages from a
           separate source or from a different version of a distribution.
           Configuration Item: Dir::Etc::Preferences.

       /etc/apt/preferences.d/
           File fragments for the version preferences. Configuration Item:
           Dir::Etc::PreferencesParts.

目
       apt-get(8) apt-cache(8) apt.conf(5) sources.list(5)

グ
       APT[1] をご覧ください。 APT のバグを報告する場合は、
       /usr/share/doc/debian/bug-reporting.txt や reportbug(1)
       コマンドをご覧ください。

者
       倉澤 望 nabetaro@debian.or.jp (2003-2006,2009), Debian JP Documentation
       ML debian-doc@debian.or.jp

       Note that this translated document may contain untranslated parts. This
       is done on purpose, to avoid losing content when the translation is
       lagging behind the original content.

AUTHOR

       APT team

NOTES

        1. APT バグページ
           http://bugs.debian.org/src:apt